貧困ビジネスやってるところって働く側から見ていいことないなって感じる件

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
世の中には生活保護受給者を相手に商売をするという団体もそこそこあり、そうした社会的弱者を食い物にしている職場ってのが存在します
 
私自身も介護施設にいたときに、入居者の中には身寄りがなくて生活保護の人間がいたということもあり、意図的かどうかはわかりませんが、少なくともそういった貧困ビジネスに関わっていた時期がありました
 
 
結論から言うと、生活保護相手に商売をやってる職場ってのは大体ろくでもないゴミみたいなブラック企業しかありませんし、働く価値がある職場ってのは存在しないと断言していいです
 
弱者を食い物にするとかそういった綺麗ごとじゃなく、働いていても実入りが少なくて、時間を無駄に浪費しているだけなんですよね
 
 
今回は貧困ビジネスで生活保護者相手に商売をやってる職場はどうしてやめるべきかということについて記事を書いていこうかと!

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

お金のないやつを相手にしているから当然利益が少ない

これは利益を出す仕組みを考えてみると自然とそうなってしまうのですが、お金のない相手からお金をむしり取るというのは不可能なことであり「無い袖は振れぬ」ということわざもしっかりあるくらいです
 
生活保護者ってのは貧困層にいる人間なので、当然お金を持っておらず、月に貰えるお金も状況に応じて15万前後あればいいほうじゃないかなと感じます
 
 
そして生活保護者を相手にするということは、生活保護で支給される金額以上のものは絶対に取れないということですし、そこから組織の運営費を差っ引くと末端に行きわたるお金は生活保護未満になるということです
 
私自身が施設で働いていた時に、保護対象が月17万貰っているということを聞いたときに、自分は総支給14万で働いており、そこから税金などを引かれた時の額は悲惨なものです
 
 
生活保護者を相手にするということは、当然生活保護者未満の給料しか出ないということが確定しているのです
 

今後は生活保護費用は下がるので給料が増えることがない

現段階でも生活保護は貰いすぎという声を多く聞くことが多いのですが、そういったことや日本の財源なんかを見ると生活保護費の今後は下がる一方であり、絶対に上がることはありません
 
私が見てきたリアルタイムでも上がったことは一度もなく、とにかく下がるということしかなかったです
 
 
それに伴い、生活保護者を相手にするということは、持ってるお金が減るので当然とれる金額も減るということで、続けていたとしても利益は上がるどころか下がる一方でしかないのです
 
現に私がいた職場でも、今後一切の昇給が無しとボーナスが大幅カットということがあり、それに伴い私自身も辞めた経験があり、続けていても下がり続ける斜陽な状態で続ける理由というのはありません
 
 
給料が下がっていくだけという状態であれば、続けていくのははっきり言って時間の無駄でしかないということなのです

何か問題がある人間の比率が多いので相手をするメリットがない

生活保護の対象の人間とかかわって感じたことですが、けた違いに何か問題がある人間というのは多いです
 
暴れすぎて問題があったりというのは日常茶飯事で、そうした問題があるから孤立して支援を受けられないということになってる人が多かったです
 
全員が全員とまでは言わないですが、貧困層になればなるほどそうした人間が増えていく傾向があるというのは間違いないと肌で感じましたね
 
 
金持ちに比較的まともな人間が多く、貧困になれば異常だと思える人間が増えるのって、因果関係がどっちが先かわかりませんが、衣食住足りて礼節を知るってことわざもあるようにちゃんと根拠があるのです
 
コンビニで薄利多売のバイトするとDQN客を見かけたり、高級旅館ではまともな人が多いという、やっぱり人が集まるところにはそれ相応のものがあるなと感じます
 
 
生活保護の人間を相手にするということは、それだけ質が低い人間相手にストレスをためながら接しなくてはならないということが多くあり、そうした連中にかかわって我慢してもプラスになることって何もありません
 
しかもそういった人間に危害を加えられたからと言って反撃を行うと、なぜかこっちが悪者扱いで犯罪者になる可能性まであるので、完全に触らぬ神に祟りなしの状態なんです 
 

これがストレスに見合うものがあるのなら我慢してもいいのかもしれませんが、ストレスが溜まるような職場ほど稼ぎも少ないというゴミにゴミを足したような状況になっているのです

 

終わりに・貧困相手に商売をやっても利益は得にくい!

そういうわけで生活保護相手に貧困ビジネスをやっているところは、やっていてもストレスが溜まるだけで利益もほとんどありません
 
やはり商売をするなら金がある人間相手にやるべきだと言えますし、それと真逆のことをやっていたら当然利益が少なくなります
 
 
利益が少ないということは組織を運営するために極限まで人件費も削られてしまうので、生活保護相手に商売をするということは、当然それ以上は取れないので自分自身が生活保護未満になるということです
 
はっきり言ってそれならやらないほうが良いと言えますし、生活保護未満の底辺ということは、底辺を通り越して地中になってるので、地面に埋まるくらいならやらないほうがマシですし、そんな職場であれば辞めるべきブラック企業になっているのはほぼ確実です

 
ブラック企業から逃れるための就労支援「ウズキャリ」の各種サービスを紹介する! 
 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
大体のまともな職場というのは、金を持っている相手にそれ相応のビジネスをやることで成立しているところがほとんどです
 
やはり金のない連中相手に商売をやっても仕方がないですし、そんな足元を見たことをやってる職場を抜けてまともな職場を探すためにもぜひどうぞ!

ブラック企業を徹底排除した転職サービス・ウズキャリ各種!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 
 

・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です

一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!

IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
 
 

・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら! 

詳細はこちらにて!取材をしてきました!

おすすめの記事