こういう職場で働くメリットって完全にデメリットが上回ってると断言していい

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
勤務形態というのは様々なものが世の中にはありますが、その中でも時々目にすることが多い「三勤一休」という3日働いて1日休みというものがあります
 
結論から言ってしまうと、こういう職場にはまともなところは一つもなく、ぶっちゃけ働く価値がない職場であると確信をもって強く断言できますし、大半はブラック企業しかありません
 
 
一見すると3日行って1日休みなら5勤2休よりも体が楽だと思う人は多いのですが、実際にやってみたところクソであると言い切れます
 
今回は3勤1休の仕事はどうしてやる価値がないのかということを実体験から分かったことを記事にしていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

思ってたよりも体がきついし回復が全然しない

まず3勤1休というのは思ってたよりも疲れが取れずに全然回復しません
 
 
その理由としては3勤務に対して1休みという休みの比率が0.33倍なので5勤務2休みの0.4倍と比べても低いことは明らかです
 
更には寝たり準備などの前後の時間を含めると実際に休みとして使える時間はもっと下がるといっても過言ではありません
 
1日休みであれば寝る時間と起床時間にも気を使わないといけませんし、これが2連休であれば間の時間もフルに活用できますしね
 
 
となれば実際に使える時間がとても少ないので、大体は体の疲れをとるために寝ることになることが多いのですが、そういう状態では何も自分にとって楽しみになるものができませんので、体がよくても精神がすり減っていくので疲れの感じ方が加速してきます
 
かといってここで無理をして遊んだところで今度は体がすさまじく疲れてしまうのでどっちにしてもじり貧で積んでしまうということなのです
 
 
そうした理由から3勤1休の職場は相当きついと言えます 

実際は年間休日が少ないケースがほとんど

そして3勤1休というのはなんか休みが少なく感じることが多いのですが、それは実際には間違いではなく、本当に年間休日が少ないです
 
 
仮に全部3勤1休だったとしても、年間休日は91日ですし、3勤1休と2勤1休でも105日あるかどうかです
 
この数値は法で決まている105日を下回る数値であり、しかもここから休みが増えるということはほぼ考えられず。それどころか逆に減る可能性のほうが高いです
 
 
理由としては365日回さないといけない職場であり、人が足りないからこそそういった変則的な配置でごまかしているので、そこから突発的なトラブルや繁忙期に入ればただでさえ少ない休みがなくなってしまうということになります
 
私がいたところでも後出しで理由を作って4勤1休や5勤1休になることは多々ありましたし。一度でもそれを許してしまうとあとはなし崩し的に悪条件を押し付けられたままということになりかねません
 
  
更にはそういった職場の傾向として有給取得なんかも阻害されることが多いので、本当に休みが少ないと心の底から強く実感しました

こき使われる底辺のゴミ職なので給料が安い

そして3勤1休の職場は例外なく給料が悪い職場しかなく、手取りで20万を超えるのもかなり難しい職場ばかりであり、そんなところで働くくらいなら生活保護のほうがずっといい暮らしができることのほうが多いのです
 
 
理由としては卵が先か鶏が先かという問題になるのですが、人が集まらないからこそ組織として大きなことができずに利益がみみっちくなり、そのせいで給料が下がり、勤務内容と待遇が割に合わないと感じてやめる人が多くなり、そして組織が弱体化し・・・ということになるのです
 
しかも人が抜ける環境ってのは、行動力があったり次に行けるような優秀な人から見切りをつけるので、残るのはゴミカスみたいな程度の低い人間が残って稼げなくなるというのもクソ職場化する要因と断言できます
 
 
そして3勤1休みたいな仕事というのは、どの職場も現場仕事であることが多く、自動化などもできないので末端でこき使われるだけの存在なので、そういった点でも楽できなくて給料が安いゴミ職場なんですよね

終わりに・3勤1休の仕事は避けるべき底辺であると断言する!

そういうわけで3勤1休の仕事というのは働く価値がないゴミカス底辺のクソ職場であると心の底から断言できます
 
一言で言ってしまえばまともじゃないブラック企業で人間が働く価値はないのです
 
 
平日に休みがあることをメリットに挙げる人はいますが、ぶっちゃけそのメリットを消して有り余るくらいのデメリットしかなく、そもそも平日に一日ぽっと休みがあったところで人とも休みを合わせにくいですし、何もできないということのほうが大きいです
 
休みが純粋に少なく給料も悪い、さらにはそんなカス底辺にしかしがみつけないゴミ連中のせいで人間関係も悪いことも多いのでなんのメリットもありません
 
 
だからこそそんな職場にいるくらいならとっととまともな職場を探したほうがいいと断言できますね
  

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
平日に休めるかどうかというのも、ホワイト企業であれば有休をとれることが当たり前で、案外そういう職場のほうが必要な平日の休みがとりやすいです
 
となればホワイト企業のほうがメリットが大きく、そういう職場を探して就いたほうがいいので、そういう職場を探すためにもぜひどうぞ!

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事