せっかくテレワークできるようになったのに解除される職場は働く価値がないです

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
コロナや緊急事態宣言によってテレワークの導入があった会社はそこそこあったと思いますが、中にはせっかくテレワークにすることができたのに解除されてしまったという職場もあると思います
 
結論から言ってしまうと、テレワークを導入したのに解除するような職場というのは、どういう理由であっても今のご時世では働く価値がないと断言できます
 
 
むしろ導入したのだからその有用性に気が付いて維持するような会社でなければいけないと強く断言できます
 
テレワークを断念するのにいくつか理由があると思いますが、どういう理由であっても働く価値がない職場ということだけは共通しています
 
 
今回はテレワークが解除されてしまった職場はどうして働く価値がないのかということについて記事を書いていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

現場に出なければならないような仕事だから

まず一番ありがちな内容として、現場に出ていかないと成立しないような仕事をしているということです
 
テレワークもたまたま一部分だけ出来ることを家でやれってことで一時的な処置だったので、落ち着いたら出て来いって職場は多いと思います
 
 
これはもう現場に出る仕事というのが、末端の尖兵だということであり、立場から見て働く価値がないのです
 
ある程度落ち着いたとはいえ、未だに出勤リスクがあることには変わりがないですし、現場に出させられるということは「コロナにかかってどうなろうが知ったこっちゃない」って言われているのと同じことです
 
 
そして現場での末端ということは、一番きつい立場を受けつつも、報酬はそれに反比例するかの如くとても低いですし、従業員の命を屁とも思っていない会社であれば猶更です
 
今のご時世で出勤しなければならない仕事で給料が高い仕事ってほとんどないと断言できるほどであり、スズメの涙でリスクに晒されているのです
 

会社も今のご時世であれば業務効率化などを図り、その一環としてテレワークの採用するくらいでいいと思うのですが、業務効率化を考えるよりも、末端を使いつぶせばいいという考えの会社だということの証明なのです 

テレワークの有用性が理解できないような会社

もう一つあるのが、テレワークにしたものの、その有用性が理解できなかったり活用できなかったりする会社です
 
上記に比べれば幾分マシだと言えるのですが、上記が悪質な加害者だとすると、こっちは自頭が悪いアホといったところなので、どっちに転んでもろくでもないことだけは確かです
 
 
テレワークをすることによって通勤時間の削減や、オフィスなどの環境維持費の削減や、従業員の負担が大幅に減って効率化などなど、働く人間にとってはありがたいことが多いのです
 
それを行うことで従業員の負担を減らしつつ効率化も出来るので願ったり叶ったりの仕組みですし、テレワークが嫌って声はほとんど聞いたことがないくらいです
 
 
しかしそれでも「思ったよりも業務効率が落ちた」という会社があり、結果が伴わないから戻したという会社も数多くあるんです
 
ただそれは仕事の仕組みが悪いだけであり、テレワークのせいじゃないといつも見ていて感じましたし、会社のやり方に問題があるケースのほうが多いくらいなのです
 
 
「テレワークにすることで仕事をさぼる人間が出た」って理由で解除になることも多いのですが、ぶっちゃけ会社に行ってやってる仕事なんてのは、こなせばこなすほど報酬は据え置きでどんどん仕事を押し付けられるだけであり、短時間でできる仕事を時間をかけてやってただけなので、テレワークで余計な監視がない分をぱぱっとやって余暇という報酬を手にすることができるから自主的に効率化しただけだったりするのです
 
 
そうしたことも分からずにテレワークを戻すというのは、自頭が悪い馬鹿が会社をやってるなと感じますね

精神論で苦痛を受けることが仕事だと思ってるバカ会社

もうこれはクズ中のクズであり、上記二つがかすんで見えるほどの悪意がある会社の特徴です
 
 
仕事に関して楽することや効率化することを悪とみなし、ただひたすらに苦痛を受けて苦労をすることを美徳だとするバカ会社がテレワークの禁止とかやってきたりします
 
残念ながらこんなホームラン級の超が付くほどのバカ会社というのは、日本には数多く存在しており、そうした連中が運営している会社は例外なくブラック企業だと断言できます
 
 
なので自宅での仕事で通勤という苦行がなくなったことを「それはいけない!」などと意味不明な思い込みでわざわざしなくていい苦労をさせる会社というのは残念ながらあってしまうのです
 
 
ただこうした会社はそもそも最初の時点でテレワークなど絶対にやらせない会社なので、テレワークを解除するような会社の中では非常にレアケースです
 
しかしレアケースでも存在はするというのが狂ってるなと感じますね

終わりに・どういう理由でもテレワークできないような会社は辞めるべきだ!

そういうわけでせっかくテレワーク化したのに戻ってしまうような会社というのは、会社や仕事に問題があるケースが多く、今のご時世で働き続ける価値はないでしょう
 
基本的にテレワークというのはやれば高確率で業務効率化するものばかりであり、それができない会社というのは効率化とは無縁な苦労するだけで報酬が低いゴミ会社ばかりなんです
 
 
働く人間はもっと負担を減らして楽をし、最小労力で最大成果を出すようにしたほうがいいのに、それとは無縁の会社にいてもしんどいだけです
 
そしてテレワークが出来ない環境というのは、高確率でブラック企業の可能性もあり、そういう理由でもテレワーク解除になった会社は働く価値がないのでとっとと辞めてよりよい環境を目指したほうがいいのです

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
今のご時世であればこうしたサービスを使ってネットをうまく活用しているかどうかということも調べられますし、そういうことができない会社はどんどん取り残されて淘汰されるだけです
 
目先の負担や待遇のこともですが、将来性をこっちから図るという意味でも非常に有効な手段といえるので、働く価値がある環境を探すためにもぜひどうぞ!

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事