仕事が飽きたと感じるときは普通にやめるべき理由だ!

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事内容が飽きたということで辞めるべきかどうかという論を昔から見ますが、その中の大半意見にあるのが
 
 
・仕事に徹底的にのめりこんでいないから飽きるんだ
 
・仕事が飽きたとか贅沢を言うな
 
・そんなことをいうやつは甘えで社会人失格
 
 
という意見をよく見かけますが、ぶっちゃけ中身が無い薄っぺらい意見しかないな・・・というのが本音です
 
 
結論から言ってしまうと仕事が飽きたというのは十分に辞める理由や転職理由になると思っていますし、ぶっちゃけ辞める理由なんてなくていいくらいです
 
そして飽きたと感じる職場にいることって結構害があり、私自身もそう思いながら少し続けた結果として、早くやめればよかったなというのが本音です
 
 
今回は仕事に飽きたと感じるときは十分に辞める理由になることを書いていこうかと!

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

飽きた仕事を徹底的にやったところで次は嫌になるだけ

私自身がかつてライン工をやってた時には、ぶっちゃけ1週間もしないうちに同じことの繰り返しで飽きていました
 
仕事が飽きたことに関して
 
 
「お前は飽きるほどやっていない」
 
「飽きるというやつは仕事に真剣に取り組んでいない」
 
「もっと突堤的にやれば仕事は楽しくなる」
 
 
と言ってくるバカ上司をかつて何人も見ましたが、その通りにやって事態が好転したことは一度もありません
 
 
例えるならクソゲーって感じたものを辞めずに徹底的にやりこんだとして、それが楽しさになる可能性ってほぼ間違いなくありません
 
むしろ飽きた状態で無理して続けても、逆に完全に見たくもないレベルでの嫌悪感に変わるということは珍しくないのです
 
 
飽きるというのは嫌に変わる入口みたいなもので、いやなものは続けていてもメリットはなく、かなり早い段階で今の仕事を続けるべきではないと判断できている証拠なのです

仕事に飽きたということはその職場で得るものはもう無いといえる証拠

更に仕事で飽きたということは、もうその職場で得るようなものは何もないということです
 
  
私の時はライン工で、本当に単純作業の同じことの繰り返しで、せいぜい何か変化があったとしても細部がうんたらかんたら・・・って感じで、間違いなくその職場を離れたら二度と使うことはないと感じる知識です
 
現に、私が飽きたと感じる職場での知識と技能というのは、今日に至るまで一度も使う機会がありませんでしたし、そんな時間があるならもっと別のことを仕入れておけばよかったと後悔しているくらいです
 
 
その得るものというのは、お金だったり知識だったり経験だったり人脈だったり・・・といった自分の人生でプラスになるものが何かあれば飽きるということはないのですが、それが十分満たされたか、今後二度と使うことはないと思えるような余分だったりするかで、その職場で得るものはないのです
 
それらを総合的に判断して飽きたと感じているのです 
 

実際は飽きたというよりも他の面の害が上回り始めている

そしてこれは私の持論なんですが、実際のところ仕事が飽きたというのは、得られるものよりも害のほうが上回り始めているということです
 
 
先ほど上記に書いた嫌への変化の入り口という点が正にそうで、仕事がいやと感じるのは確実にメリットよりもデメリットが上回っていると判断できている証拠です
 
仮にどんなつまらない仕事でも時給1億円とかもらえるなら大体の人はニコニコ顔で続けようとしますし、口が裂けても飽きたとか言わない人が大半です
 
 
現在の置かれている待遇や将来性や技能経験といったものと、今の職場環境や人間関係を比較し、それがプラスからゼロに変化したところじゃないかと感じます
 
なので続ければプラスからゼロ、ゼロからマイナスといった方向に変化していくことになり、それであれば早々に見切りをつけたほうがいいと断言ができるのです
 

終わりに・そもそも辞める理由は何でもいい

そして仕事が飽きたことが辞める理由として正しいか正しくないかという議論を行う前に、やめる理由なんてそもそもなくてもいいんですよ
 
ただ何となくでやめたとしても全く問題がないですし、それに理由がないってのも本来の問題をうまく言葉にできないだけだったりしますからね
 
 
そういった意味では飽きたというのはその職場で得るメリットからデメリットのほうが大きくなってきているタイミングであり、辞めるタイミングとしてはベストといっても過言ではありません
 
これ以上その職場で得るものがなく、続けてもデメリットしかないと分かったなら早々に離れるべきだと断言できます
 

 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
次に働く場所もまともなところがいいのは間違いないことですし、そういうまともなホワイト企業を探すのであればこういったサービスを利用してみてはどうでしょうか? 

ホワイト企業へ転職あっせん付き・ウズウズカレッジCCNAコース

未経験でも最短1か月から最長3か月でCCNAの資格取得が可能で、受講後はホワイト企業への転職斡旋付きの全国どこでも利用できるオンラインスクールです
 
就職・転職をしなくてもフリーランスとしてのスキルを身に着けブラック企業から逃れるための足掛かりに! 

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能(24回で月6875円)
 
 
当ブログよりご利用の方限定で
 
・2週間のコース無料体験実施中
・講師とのMTGは2回受講可能
・体験期間中、学習カリキュラム受け放題
・体験期間中、講師との連絡し放題
・無料体験期間で終了しても就業サポートの無料利用可能
 
と、無料で試せるので、まずは触りだけでも利用してみてはいかがでしょうか?
 

 

おすすめの記事