もしこれが普通と思ってるならかなり洗脳されてます

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
就職している人で常に毎日残業が1時間程度あることが当たり前って職場にいる人って多いと思います
 
中には残業1時間程度は定時と同じという意味不明な理論を出すバカもいるくらいです
 
そうした環境にもやもやとしたものを抱えながら仕事をしている人って多いと思います
 
 
結論から言ってしまうと残業が毎日1時間でもある職場というのは異常であり、慣れてはいけないことです
 
というか10分だろうが4時間だろうが毎日残業があるということを疑うべきだと断言できます
 
 
今回は毎日1時間残業を行う職場はどうしてクソゴミなのかということについて記事を書いていこうかと! 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

毎日1時間残業は月20時間で休みが月1日なくなるのと同じ

まず一日1時間という目先だけの数字で見ると大したことはないように思いますが、これをもっと範囲を拡大していくとわかりやすいです
 
完全週休二日だとしても月に20時間の残業ということになり、月の休みがほぼ1日無くなっているのと同じことなんですよね
 
年に換算したら大体10日は休みが無くなってるのと同じことです

 
まさに塵も積もれば山となるって言葉通り、一日だけなら我慢できても、それがずーっと続くということは意外と損が大きくなります
 
休み換算であれば年間休日が120日だったとしても、実際の休みは110日を下回る状態になってるといっても過言ではないのです

 

毎日慣れさせられると帰りづらくなる

これは私が今までいた職場で経験したことなんですが、1時間の残業というのはぱっと見れば多くないので、なぁなぁでやらされることは非常に多いです
 
 
1時間くらい残業はいいでしょ?
 ↓
1時間程度も残業できない奴は協調性がない
 ↓
みんなに合わせて残業しない奴はクソ
 
 
といういつの間にか被害者と加害者がすり替わるクソ理論が成り立ってしまっているのです
 
なのでそういった職場では早く帰りづらい雰囲気というのがあり、これがエスカレートしていくとだんだん1時間どころの残業じゃなくなるのです
 
 
やはりおかしいことや理不尽なことというのはどんなに些細なことでも許してはいけないと強く断言できます
 
そこを口実にどんどん悪化していくので、毎日1時間程度とか思ってはいけないのです
 

残業があること前提での給料に高いところは存在しない

そして毎日1時間程度なら残業代がおいしいとほざく人間をよく見ますが、ぶっちゃけ残業前提の職場で給料が高いところって存在しません
 
残業代ってのは基本給で決まるものであり、極端なことを言ってしまえば基本給がゼロなら残業代もゼロといえるように、小さければ小さいほど割り増しされる分は少ないです
 
 
そして残業前提の会社って、残業しないとやっていけないような給料設定をしているところが多く、残業代をもらって割り増しというよりは、残業をもらって初めてとんとんって設定の職場は非常に多いです
 
 
さらに常に残業をしているということは、それだけ人が足りていない証拠なのと、過剰に働かせることで疲れをとれない環境なので、より稼ぎにくくしていることで利益率はそんなに良くないのです
 
残業させるということは明日やれば別に払わなくていい人件費を余分にだしているということでもあり、しなくていい無駄が多い傾向が強いです
 

毎日1時間残業というのはある意味では中途半端に一番辛い

私自身がかつて毎日残業をやってた時に感じたことですが、ある意味では一番しんどく感じます
 
 
本来であればあっちゃいけないことですが毎日4時間近く残業をすると、ランナーズハイというか脳がバグって来るのでつらいながらもどうにかなるというモードに入ってしまいます
 
もちろんこれは完全に体が死んできますし、確実に体を壊す状態なので絶対になってはいけない状態ではありますが・・・
 

 
それに比べて中途半端な残業時間というのは、体が非常に疲れるのに、ランナーズハイ状態にもならないので一番しんどさを感じます
 
例えるなら眠気はあるのに体が覚醒して寝れないという状態の気持ち悪さに近いものがありますね
 
 
なので実際の疲労はともかく、一番しんどさを感じるのってこの状態の労働時間じゃないかなと感じますし、実際にそういう疲労を感じるということはそれだけ疲れるということです
 
本来であれば回復に回す時間を労働しているのだから、余計に疲れを感じるのは当然のことですね 

終わりに・残業の目標値はゼロが当たり前だと断言する!

では残業時間は何時間がいいのか?ということを言われそうですが、当然ながらないことが当たり前なのです
 
緊急事態は仕方ないとしても、いつも常に残業があるってことが会社や上司に問題があるという証拠であり、そんなくそごみ連中のしりぬぐいをする必要はありません
 
 
一日1時間というと小さい問題のように感じますが、実際はその裏にたくさんの問題を抱えている職場であることが多いです
 
ホワイト企業ってのは残業がないことが当たり前であり、毎日あるということはグレーといえますし、グレーというのは真っ白ではないからブラック企業と同じことです
 
 
よってそういう職場は働く価値がない環境だといえるので、とっととまともな職場を探すべきだと断言できます
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 
ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!
 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
今のご時世は残業前提のブラック企業が多いですが、中にはまともな職場も存在しています
 
そんなまともな会社を探すなら、そういった職場のみ集めて紹介しているサービスを使ったほうが手っ取り早く探せるので是非どうぞ! 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事