こういうことが出来ない会社は辞めたほうがいい

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
最近は徐々に広まりつつあり、コロナ騒動で一気に導入する会社が増えたオンライン上での面接ですが、いまだに実装していない会社も数多くあります
 
結論から言うと、今のご時世にオンライン面接をやってない会社ってのは入る価値がない会社であり、時代遅れの今後は淘汰されるだけの存在です
 
もうちょっと突っ込んで言えばブラック企業の可能性が非常に高くなります
 
 
今回は今の時代でオンライン面接に対応していない会社はどうして今後は滅びるだけのブラック企業なのかということについて記事を書いていこうかと!

ブラック企業から安全迅速に辞める退職代行
退職代行の中で最安値の27000円で追加料金一切無しで完全成功報酬型の後払いOKが強み!
 
24時間365日利用可能で申し込んだら今すぐ会社に行かなくてOK!
 
辞めさせてくれなかったり、辞めるのに身の危険を感じるブラック企業から安全迅速に辞めるために是非!
 
こちらで詳細を書いています! 

 

直接面談は履歴書の手書き並みに根拠がない

よく直接面接を好む会社ほど「直接会うことで人柄がわかる!」みたいなことを言ってることって多いと思います
 
しかし実際には直接会おうがネット上だろうがそんなものはわからないというのが正しいです
 
どうせわからないのであれば効率的な方法をやればいいと断言できますね
 
 
この「直接会えばー」みたいなことってのは、履歴書の手書きと同レベルで何にも根拠がなく、むしろ訳が分からないものを崇拝しているバカをこっちから選別するという意味合いが強いです
 
「履歴書も手書きで気持ちがわかる!」とかいって実際は「めんどくせー」としか思わないようなことを勘違いして受け取ったり、そんなマイナスな気持ちを持ってるとわかって採用するならバカだといえるようなもので、何にもわからないのと同じことなんですよね 
 
 
逆に直接面接にこだわって、オンライン面接することを否定するような会社はこっちからお断りしてやる!ってくらいで丁度いいのです

 

最新設備への投資を怠っているので利益が低い

そしてオンライン面接をするためにはパソコンやウェブカメラやソフトなどを導入する必要があります
 
といっても大きな工場を建てるほどの設備は必要なく、最悪5万もあれば面談環境が整うほどのもので、割と会社がやる設備投資としては小規模なものじゃないかなと思えます
 
 
しかしそれすらしないということは、そうした設備投資ができないほど経済的に困窮しているか、新しい技術なんかが入ってきても使う知識がないという低レベルかの要因があることが多いです
 
もうちょっと延長にはそうした便利で最新の技術を取り入れることをしないので利益が低くなるという傾向がありますね
 
 
実際に私が行ってた会社でも新しい技術を毛嫌いしたり導入できなかった会社ってのは、本当に利益率が低かったですし、むしろ苦労すればするほど汗水垂らしたお金は美しいとか言ってるバカが多かったです
 
経済的に困窮しているなら給料がちゃんと出るか怪しいですし、技術を導入しないということは今後必須になるIT技術の導入をしないことで衰退していくということになりかねません 

非効率なことばかりやって利益率を落としてブラック企業になる

そうして非効率なことばかりやって効率が上がらないことで利益を落とすということは、そんなごみ組織を維持するために従業員へしわ寄せがいくことが多いです
 
これも履歴書の件と同様に非効率なことをやって利益を落とすということ、無駄な苦労を強いて経営者が満足しているという二つのバカ要素の複合でこうなってしまっているのです
 
 
更にこうしたブラック企業は人がどんどんやめていきますし、非効率なことをやってるバカ企業は入社の段階でもある程度はわかる時代になってきたので人材確保もできないので組織が大きくなるどころか衰退していくのです
 
そして弱った企業を維持するために余計にブラックになって・・・という感じで悪循環になっており、はっきり言えば潰れるまでのカウントダウンが始まっているといっても過言ではありません
 
 
新しいことに適応できなかった時点で淘汰されるべき存在になってしまったので、そのまま滅びるだけの価値のない職場だということです
 

終わりに・便利で効率がいいものを導入できない会社は滅びるだけ!

そういうわけで便利で効率がいいものを導入できない会社には近寄ってはいけませんし、そんなところにいても無駄な苦労をするだけで実入りは全くありません
 
はっきり言って今後はオンライン面接もできないような程度の低い職場は入る価値もないゴミだということです
 
 
ホワイト企業の最低条件としても今後はそういったことに対応しているかどうかという点は見極めるための要素として徐々に浸透しつつあります
 
新しいものをいち早く取り入れ、環境や時代の変化についていけるような会社を探したほうがいいと断言しますね
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
まともなホワイト企業はいち早くこういったものを取り入れていることが多いですし、やはりそれだけ楽して効率よくやることを理解している会社が多いです
 
現段階ではオンライン面接をやってるだけでブラック企業かそうでないかの見分けのために大きなアドバンテージがあるので、そういったことをやってるホワイト企業を目指すべきでしょう

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高いプログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 

 
・第二新卒エージェントneo
一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では15000以上の求人があって最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

おすすめの記事