こういう職場にまともなところは一つもない

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事で唯一といっていいのが昼ご飯を食べるということですが、この時間を一人でいられるかどうかというのはかなり重要な要素です
 
職場によっては一人で食べることが許されず、半ば強制的に職場の人と一緒に食べなければいけないというところもあり、それで苦痛を感じている人は多いんじゃないでしょうか?
 
 
結論から言ってしまうと、昼ご飯を一人で食べれないことに苦痛を感じる職場はとっとと辞めるべきカス職場であり、本当にやめてしまったほうがいいのです
 
私自身もかつてはそういう職場にいてストレスを毎日ため続けていました
 
 
今回は一人で昼ご飯が食べられないことが嫌だと感じる職場はやめるべきだということについて記事を書いていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

自分の時間を確保できないので休めない

まず周囲の人とランチをとる必要がある職場は自分の時間が確保できません
 
どうでもいい話に付き合わないといけなかったり、昼寝ができなかったりと休んだ気になりません
 
そうすることで本来は休憩時間のはずがいらない消耗をすることで全然休憩にならず、午後からの作業効率が落ちてしまいます
 
 
私自身も昼は寝たいと思う人間で、これらを邪魔されることで午後から本当に眠気しかなく、それに伴ってミスが増えて怒られて・・・なんてことがありました
 
延長にはそのせいで評価が下がってしまうということもありますし、それで余計にストレスをためるということになりかねません 
 
 
昼休みという仕事から解放された時間は自分の時間が確保できることが当然であり、それらが認められない職場というのはこうしたデメリットが大きいです
 

 

職場の人間が自分とは合わずに苦痛を感じている

昼休みに職場の人と過ごすのが苦痛と感じる理由に、職場の人間とは波長が合わないというものがあります
 
そもそも本当に仲が良ければ一緒に食べることに苦痛を感じませんし、それほど理解あるなら一人になりたいときにはなることができます
 
 
なので合わない人間とかかわることを強制させられているからこそ一緒に食べることに苦痛を感じているということが言えます
 
あとは現在は仲が良くても、一緒に食べることが苦痛に感じる間柄というのは、後々自分の敵になることが多く、そうした「こいつにはかかわるな」ということを本能で悟ってなんとなく薄々だけど警戒心を出しているというのが苦痛として表れているのです
 
 
私自身も昼飯を一緒に食べるのが嫌だった間柄の人間とは例外なく後から揉めていましたし、あれは今から思えば早く縁を切れという合図だったなと感じますね

休憩時間なのに仕事の話をされてうっとうしい

職場の人間同士が集まると、だいたい共通の話題というのは仕事しかありません
 
これが趣味などが同じで仕事の話をそっちのけで話すとかであれば、そもそも苦痛を感じることはあんまりありません
 
 
仕事から解放されるべき時間なのに仕事から全然解放されていないと感じると、これはこれでかなり苦痛を感じる原因になってしまいます
 
 
職場の人間とかかわっていると、どうしても最終的な共通の話題が仕事になってしまいますし、かといってこれを無視するわけにもいかないということで行くも引くも修羅場になってしまうのです
 
仕事の話をし続けて休憩時間を無駄にするか、さっさと一人になって協調性がないと後ろ指をさされて村八分になるかのどっちかなんですよね
 

集団行動や職場の和というクソワードで同調圧力を押し付けてくる

そうした状況で一人になろうとすると
 
 
・あいつは協調性がない
 
・職場にいるからには集団行動が基本だ
 
・自分勝手にふるまって職場の輪を乱すやつ
 
 
という感じで言われることが多いです
 
しかし実際にはこういう集団を望む人間ってあんまりいませんし、仕事から解放された時間くらいはかかわりたくないと思ってる人が多いはずです
 

 
けれども実際にはこうしたレッテルを張って相互監視することで、お互いが不利益を押し付けあう形になり、みんなで不幸になるべきという考え方になってしまっています
 
こういった職場は本来なら断れるようなことでも同調圧力で押しつけてくるので、自分にとって不利益や理不尽を押し付けられてしまいますし、断れば集団でたたいてくるという傾向がものすごく強いのです
 

終わりに・過度な集団行動を強いる職場は辞めるべきだ!

そういうわけで昼休みに一人でご飯が食べられなくて、それが苦痛に感じる職場は本当にやめたほうがいいのです
 
過度な集団行動を強いる職場って大体ブラック企業が法律ガン無視の理不尽ルールを押し付けるためにしかやっていませんし、長居をすればするほどストレスが溜まるだけで損しかしないのです
 
 
それに苦痛を感じるということは、うまく言葉にはできないけど利益よりも不利益が上回っていると判断できている証拠であり、そういった意味でもとっととやめるべき環境であると強く断言します
 
何度も言いますがそうしたことで個人を縛る職場はブラック企業ばかりなので働く価値はないのです
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
ホワイト企業というのは基本的に昼休みに自由があるので仲のいい人と食べたり一人になることが認められている以前に自由にできます
 
そもそも拘束してない時間も自由を奪ってくる職場はまともではないので、そういった意味でもまともな職場を探すべきだと断言できますね

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事