こういう職場は本当に危険です

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
タイトルにもある通り、会社の面接に行って最後に自伝を渡されるという職場は世の中に少なからず存在します
 
中身を見ると自分がいかに苦労したかとかそういったことをずーっと書いてて気持ち悪いんですよね
  

もちろん私自身も何度か遭遇しましたし、傾向としてはベンチャー企業や中小企業など会社規模が小さければ小さいほどそういった傾向がものすごく強いです
 
 
結論を言ってしまうと、自分の自伝とか読むように渡される職場って本当に危険なブラック企業ばかりであり、私自身もそういった職場に入ってえらいめにあいました
 
今回は社長や経営者から自伝を渡されるような職場は絶対にやめたほうがいいということを記事にしようかと!

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

自分の苦労を相手にも押し付ける傾向がものすごく強い

まず冒頭にも書きました通り、自伝というのは自分の苦労話とかそういうのが「これでもか!」といっぱいつまった本が多いです
 
私自身も何人の経営者から自伝を渡されましたが、基本的に例外は一切ありませんし、ぶっちゃけあまり読んでもためにならないという意見です
 
 
確かに経営者ってのはある程度の苦労はするもんでしょうし大変だとは思いますが、かといってそんなものは赤の他人が知る必要もありません
 
むしろ経営の裏話とかおいしい話とかやらかした面白失敗談とかであれば見たいとは思いますけどね
 
 
 
そしてそんな「ぼくはとってもくろうしてるんだ!」みたいな事をアピールする経営者というのは、私の知る限りではたったの一人も例外なく自分の苦労を相手に押し付けようとする傾向がものすごく強いです
 
経営者そのものは苦労したかもしれませんが、それは会社を立ち上げて利益の大半を吸い上げるというメリットがあってやってることであり、下っ端から見ればメリットもないのに経営者と同等かそれ以上の苦労を押し付けられてたまるもんかって話です
 
 
さらに突っ込んでいうと、こういう職場というのは例外なく給料が低く、経営者も苦労したからという謎の理論で正当化されるケースが無茶苦茶多いです

 

周囲もカリスマ(笑)に騙されてラリっている

そして自伝を出すような奴というのは大体傍目で見てて「あ、こいつ関わっちゃいけないやつだ」ってのが何となく雰囲気で察せます
 
しかし中にはそんなのをお構いなしに、経営者のカリスマ(笑)というものにあてられてしまってラリってるバカがかなり多い職場です
 
というよりはまともな感性を持った人間は一目散に逃げて、そういうのに弱い洗脳しやすいバカだけが残ったという感じでしょう
 
 
先ほどの話に戻ると、自伝を出してくるような経営者の職場は苦労を過度に押し付け、仕事内容もそうですが同時に給料も低く抑えられていますし、なんなら残業代が出ないという違法レベルの物事も普通にやってます
 
そういった状況でも「困難な状況でこそ精神は磨かれる」とか謎理論を出して正当化し、バカがそんな話を聞いて何の疑問を持たずに洗脳されて従事しちゃっているのです
 

そんなおかしい職場の中で、会社がおかしいだとと言って立ち上がれば本来であれば周囲も同意して戦うべきはずなんですが、確実に足手まといになってきて邪魔されます
 
そのようなことをしているからこそ会社の自浄作用が全くなく、ブラック企業の中でもそれらを特に煮詰めたヘドロのような状態になってしまっているのです 

自伝を出した時点でかなり落ち目の会社が大半である

これはいろんな会社を見て後から感じたことですが、自伝を出している会社はそこがピークや落ち目であることが多かったです
 
入ってしまえばあとは落ちる一方だということなんですよね
 
 
自伝を出すということはそれなりに地位や成功がなければできないことではありますが、逆を言えば現時点で向上意欲がもうないことの裏返しでもあります
 
自分の会社がまだまだだとか思っていたらそんな自伝なんて出す暇はないでしょうし、自伝を出すことでの小銭稼ぎなんかよりも本業に力を入れていたほうが儲かっていればそんなことをする必要もありません
 
 
悪い言い方をすると、最後のすかしっぺという感じで小銭回収を行っていることが大半であり、実際に私がいた会社も自伝を渡された会社は私が辞めてから経営が一気に落ちて倒産したり風前の灯だったりしています
 
落ち目になっているからこそ会社を維持するために洗脳できたバカを最後まで搾取し、ぎりぎり生きてるというブラック企業になってしまっている会社は本当に多かったです 
 

よってそんな会社に在籍してもゴミのしりぬぐいをさせられてしまうだけで自分には何のメリットもないのです
 

終わりに・自伝を渡されたら要注意!絶対に逃げるべきブラック企業の特徴だ!

また自伝を渡すということはそれだけ社長の「おれはすごいぞ」アピールがひどい会社というわけで、そういった会社は例外なくブラック企業になっています
 
世の中のまともな会社の社長ってこういったこととは本当に無縁であり、むしろいつでも会社をつぶしかねない無能だと思い込んで慎重に行動しているくらいのほうが優秀な人が多いです
 
 
無能な人ほど大きく見せたがるという傾向がありますが、自伝を書くなんて行動はまさにその行動の極致といっても過言ではなく、入る価値がないゴミのような会社であると強く断言しますし、もっとまともな職場を探したほうがいいです
 

 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
  
そもそも自伝なんか渡されても働く側からすれば給料と休みさえしっかりあればいいので、どうでもいい価値観を押し付けて洗脳してこようとする会社がまともなわけがありません
 
まともな会社はそんな無駄行為をそもそもしないので、より良い会社を探すためにも自伝なんか渡されないような会社を目指したほうがいいでしょう 

ホワイト企業へ転職あっせん付き・ウズウズカレッジCCNAコース

未経験でも最短1か月から最長3か月でCCNAの資格取得が可能で、受講後はホワイト企業への転職斡旋付きの全国どこでも利用できるオンラインスクールです
 
就職・転職をしなくてもフリーランスとしてのスキルを身に着けブラック企業から逃れるための足掛かりに! 

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能(24回で月6875円)
 
 
当ブログよりご利用の方限定で
 
・2週間のコース無料体験実施中
・講師とのMTGは2回受講可能
・体験期間中、学習カリキュラム受け放題
・体験期間中、講師との連絡し放題
・無料体験期間で終了しても就業サポートの無料利用可能
 
と、無料で試せるので、まずは触りだけでも利用してみてはいかがでしょうか?
 

 

おすすめの記事