ブラック企業と発達障害は水と油どころじゃない

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
私自身が発達障害の傾向があり、その中でブラック企業をいくつも転々として感じたことですが、発達障害とブラック企業というのは相性が極端に悪すぎるので絶対に逃げたほうがいいと感じます
 
ブラック企業に関しては定型発達者でも逃げるべきではあるんですが、発達障害の場合は頭に「特に」とか「絶対」とかつけるくらいであり、本当に今すぐにでも逃げたほうがいいです
 
 
私自身も当事者になって感じたことですが、仕事が辛いって感じるのは絶対に自分のせいではなく環境が悪く、その環境を変えたほうが絶対にいいということです
 
 
今回は当事者視点からブラック企業と発達障害の相性の悪さについて記事を書いていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

ブラック企業は仕事に人を合わせる

まずブラック企業に入って感じたことですが、ブラック企業というのは仕事に人を合わせることしかしないので本人の適性や希望というのには一切聞く耳を持ちません
 
そして本人に適性がないのに無理に仕事をやらせて失敗を誘発し「こいつ使えない」なんて人を貶したりするのです
 
 
これは私の持論ですが、どんな人間にも得手不得手というのは絶対に存在し、発達障碍者というのはその差が特に極端なだけであり、確かに向いていないものへの適性は壊滅的でありますが、逆を言えば向いていることに関しては凡人は絶対に太刀打ちできないものがあります
 
もしまともな会社であればそういう人材に対して、向いている仕事を振り分けることで能力を最大限に引き出そうとするのですが、ブラック企業は逆に苦手なことに関して
 
 
「苦手なことこそ積極的に自分から取り組むべきだ!」
 
 
などという意味不明な理論で、本人にとって適性がないのでしんどいだけで消耗し、会社から見て成果が出せないようなことをやらせるバカ企業が本当に多いです
 
そんなバカなことをやってるからしんどくて利益の出せない会社で、人件費が確保できずに人が集まらずに一人当たりの負担が大きくなるのです

 

怒鳴ったり圧力をかけることで能力を大幅に下げてくる

そして上記のように適正がないことをやらせてミスを誘発といっても過言ではないことをやっておき、ミスをしたということを利用して怒鳴り散らすバカがブラック企業には多いです
 
 
私自身が発達障害の傾向があるので強く感じることなんですが、発達障害というのは周囲からの邪魔がなく自分の得意なことをしている分には一級品の戦闘力を持っている人が多いですが、外部からの邪魔や刺激というのに極端に弱く、少しでも妨害があると歯車が全部狂ったかのように能力がガタ落ちします
 
そしてそんながた落ちした状態から無理に立て直そうとしても、かごに入れたリンゴがこぼれたかの如く、一つをどうにかしようとして全部がダメになるということはよくある話です
 
 
他にもブラック企業にありがちな長時間労働による疲弊というものとても大きく、得意分野であれば朝から晩までできるほどの集中力がありますが、逆に苦手なこととなると10分持つかどうかという極端な消耗っぷりをする中で、苦手なことを定時を超えてやらしていれば確実に消耗し、ミスを誘発するようなもんです 

 
それによって余計にミスが増えて更に怒られてプレッシャーをかけられて、またミスを誘発して・・・ということをやっているうちにどんどん職場で「こいつは使えないやつ」とレッテルを張られてしまい、それによって自信を喪失して本当に使い物にならなくなってしまうということが多いのです
 
 

発達障害者に対して全くの理解がない

それらの理由からブラック企業というのは基本的に精神論とかが大好きで、気合さえあれば風邪にもひかないし仕事はどんな状況でもこなせるし不可能を可能にすることができると妄信しているバカは本当に多いです
 
よって本人の適性や環境を整えるといったことは全く関心がなく、仕事ができない人間へにはすべて「甘えるな」という一言で封殺するのです
 
 
こういった職場は絶対に発達障害どころか人への配慮などは一切なく、嫌ならやめろと言わんばかりの態度でいることが多いです
 
 
ホワイト企業であればむしろ発達障碍者の能力の高さに注目をして、逆に能力を最大限生かせる環境を作るくらいですからね
 
 
 
そしてこれは私が見てきたから断言できる持論なんですが、発達障害者をうまく使いこなせないような職場というのは、例外なく定型発達者を使うのも下手です
 
はっきり言って「お前は仕事ができない」なんて言ってくる奴ほど人を使いこなせず責任を棚に上げるゴミが本当に多いのです 

終わりに・ぶっちゃけ発達障害に限らずブラック企業は辞めたほうがいい

実際のところブラック企業に関しては発達障害だろうが定型発達だろうがどっちにしろやめたほうがいいのは確かです
 
その中でも発達障害は受ける影響が非常に大きすぎるというだけなんですよね
 
 
発達障害で仕事が辛いと感じるのは間違いなく本人のせいではなく環境のせいであり、はっきり言って能力を引き出せない奴らのほうが使えないゴミです
 
特にブラック企業というのは人をつぶすような真似をして残った奴を使ってやるという態度の会社が多く、働くメリットもないし相性も極悪だと断言していいです
 
 
よって発達障害者ほどまともな企業を探すべきですし、むしろ発達障害に理解がない会社はとっとと辞めて環境を変えるべきです
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
ホワイト企業のほうが人への適正を配慮して上手に配置することで能力を最大限に発揮させて利益を上げている会社が多いです
 
なので発達障害者は特にですが、定型発達者もみんなブラック企業は捨ててまともな環境へ移るべきなのでこういうのを利用してみてはどうでしょうか? 
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事