ぶっちゃけ転職するなら異業種を目指したほうがいい

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
今いる会社が劣悪なブラック企業で辞めたいけど、次の職場は今までと同じ業種にするべきか、それとも何か違うことをやるべきかということを悩む人って多いと思います
 
大体の人は今までの経験を生かすために、前職と同じようなものを選ぶことが多いんじゃないかなと思います
 
 
私自身は異業種も同業種転職も両方経験があるのですが、確実に転職を行うのであれば異業種を目指すべきだと強く感じました
 
本当に同じ業界に何かしらの思い入れがあって「絶対これじゃないと嫌!」みたいな鋼の意思があるなら止めはしませんが、少なくとも迷う程度であれば絶対に異業種のほうがいいです
 
 
今回は転職を行うのに同業種が異業種で迷ったときは、どうして異業種を選ぶべきかということについて記事を書いていこうかと!

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!
・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では15000以上の求人があって最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 

・キャリアスタート

求人企業への取材を行い、ブラック企業を判別して除外しているエージェントです
元がブラック企業だった会社を指導してホワイト化させることで定着率を上げるという取り組みをやっておられます
転職支援会社300社の中から上位10位を5年連続取得で内定率8割近くの高水準!
関東が強めなのでそちら方面の方はぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

同じ業界であれば環境や待遇は似たようなもの

私自身が同じ業界での転職をしたことがあるので断言できるのですが、同じ業界というのは大体どこも似たようなことをやっているので状況も似たり寄ったりです
 
よっぽど何か他と差別化できるような画期的なものがあれば話は別ですが、そういう場合はむしろ前職の経験も役に立つことはあんまりないので異業種転職とさほど変わりません
 
 
同じ業界ってのは利益や仕事の総量が全体で決まっており、それが会社規模によって受けれる具合が違いますが、結局のところは一人当たりの利益というのはドングリの背比べです
 
同業種転職では利益もさほど変わらず、採算がとれる人件費のラインというのは決まっているので、どこも多少の差はあっても劇的には変化するということはありません
 
 
また、同業種というのは不思議と似たような気質の人間が集まることが多く、例えば誰もやりたがらないような底辺の仕事ってのは他の社会に受け皿がないような、元犯罪者みたいな人間が数多く存在していたこともありました
 
特定の誰かとだけ仲が悪いみたいな感じであれば救いようがあるのですが、性質的に嫌いな人間という傾向であれば環境を変えないとどうしようもありません
 
 
例えるなら自分がオタク傾向でアニメとかサブカル大好きだったりすると、高確率でDQNと呼ばれるような連中とはソリが合わないということが多いですし、転職を考えるということは人間関係か給料面か仕事内容という3つの要素が大きいですし、その3つが似たような傾向であれば再び遅かれ早かれやめることになるのです

 

会社が違えば同業種でも1からスタート

私自身が同業種での転職を経験したから言えることなんですが、仕事内容ってのは同業種でも職場が違えば新しいことを覚えなおす必要があるので、結局1からスタートすることに代わりません
 
1からスタートするのであれば同業種だろうが異業種だろうが同じことであり、それなら前職を辞めたのであれば同じ業界は避けるべきです
 
 
むしろ生半可に経験があることで、全員スタートラインは同じという見方はされず「経験者なのにこんなこともできないの?」というプラス要素ではなくマイナス要素で評価されやすい傾向があります
 
そして日本の職場というのは基本的に加算ではなく減点方式であり、マイナスされる要素しかないというのは明確なデメリットです
 

むしろ前職の経験が邪魔して新しいことが入らない

さらに言えば前職の経験がなまじあることで、新しい職場では全く違うということを「前職ではこうだった」という先入観から新しいことを素直に受け止められないということが多発します
 
 
私がかつて会社にいたときに、比較的仲の良かった上司から「下手な経験があるくらいなら何も知らない真っさらなほうがまし」ということを話していたのを聞きましたが、確かに変に中途半端なスキルがあるくらいならないほうがマシです
 
さらに言えば前職をやめるということはその程度しか身についていないということもあり、ないほうがいいスキルであれば切り捨てたほうがいいということも言えます
 
 
更には経験者なのに物覚えが悪いということで、最初は無駄に期待値が高かったのに、いざ何かしらの要素で一つでも躓くことによって一気にマイナス要素になり、一度でも使えない人間扱いされることで一気に職場内の人間関係が冷えます
 
体感では前職以上に夏から冬になる速度は速いなと感じましたね
 
 
それならばいっそのこと、異業種で入って「ぼくなにもわかりません」くらいでいたほうが「できなくても初めてだからしゃーない」と猶予も出来やすいです
 

終わりに・同業種か異業種かで迷ったのなら確実に異業種のほうがいいと断言する!

そういうわけで転職をしたいと感じた時に、同業種か異業種かということで悩むのであれば確実に異業種のほうがいいです
 
冒頭にも書いた通り、明確に「同業種がいい!」と断言できるのであれば確実にそっちのほうがいいのですが、そうでない場合というのは
 
 
・同業種には今まで働いてきた業種のクソさ加減がわかるので避けたい気持ち
 
・異業種には経験がないので未知の世界であり、もしかしたら地雷を踏むかもしれないという気持ち
 
 
という要素で迷っていると言えますし、その場合ってのは前者は確実に100%地雷を踏みぬき、後者は地雷を踏む確率は半々というところです
 
確率論から見ても確実に積んでいる前者よりも、まだワンチャンスある後者のほうがいいと断言できますね
 
 
よってブラック企業から脱出したくて次の職に迷っているのであれば異業種を目指すべきであると言えます
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
こういったサービスであれば、幅広いジャンルから異業種を選ぶということもしやすいです
 
更にはブラック企業を避けるという点でも、前業のいやな部分から抜け出すという意味でも使えるので試してみてはどうでしょうか?
 

  
他にもブラック企業を辞めたいけど辞められない時には、申し込んで明日から会社と顔を合わすことなく辞められる
 
辞められないブラック企業には退職代行「辞めるんです」を使うべき!
 
業界最安値の退職代行も紹介しておりますので合わせてどうぞ!

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!
・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では15000以上の求人があって最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 

・キャリアスタート

求人企業への取材を行い、ブラック企業を判別して除外しているエージェントです
元がブラック企業だった会社を指導してホワイト化させることで定着率を上げるという取り組みをやっておられます
転職支援会社300社の中から上位10位を5年連続取得で内定率8割近くの高水準!
関東が強めなのでそちら方面の方はぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事