実は全然高くないしそれ以下は働く価値はない

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
給料は貰えるならできるだけ多いほうがいいという人がほとんどですし、ではいったい幾らもらえば最低限いいのかということは時々話題になります
 
最初に結論を言ってしまえば時給1200円は正社員やバイトやパートなどの非正規を問わずの最低ラインであり、これを下回る職場はすべてブラック企業であり、はっきり言って働く価値はないと強く断言します
 
 
この数字を見ると「それって高くない?」って感じる人も中にはいますが、はっきり言ってそういうことを思う時点でかなり毒されていると言えます
 
確かに世間的な募集で見ると若干高めとは思いますが、それでも人を雇う以上はこの数字以下しか出せないところでは働かないほうがマシでしょう
 
 
今回は自給換算で最低限1200円という数字の根拠などについて記事を書いていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

フルタイムで1か月働いて20万1600円の計算

ぱっと見では時給1200円というと高いイメージがありますが、これをフルタイムで働いたと仮定し、月給換算してみると
 
 
時給1200円 × 一日8時間 × 完全週休二日で1か月21日 = 20万1600円
 
 
という計算になりますし、何ならこれでも総支給であって税金や保険なんか引かれたら17~18万程度になるのでかなり低いです
 
数字のマジックで年収300万と聞けばワープアに聞こえますし、時給1200円って言われたら多いと思うけど実際には二つは同じ意味ということに気が付かないんじゃないかなと感じます
 
イメージ的には前者は自給換算800円くらいで後者は年収換算600万くらいに感じちゃうのかな・・・と見てて思いますね
 
 
こうした具体的な数値で見ると、決して高い数字ではなく、むしろ最低水準といっても過言ではないくらい低いと言えます
 
時給1200円が高いと言ってる人は大局的な視点で見るということをせず、ただ何となく4桁を超えた時給を見てそう感じている人が多いのです

 

20万円は一人が最低限まともな生活をするのに必要な金額

そして20万円という数字についてですが、仮に東京で一人暮らしをしたとして家賃を始めたとした電気や水道や通信といった固定費に、食費なんかを足して娯楽を行えば大体ギリギリくらいであり、はっきり言って人として生きるのに最低限度であるといえます
 
総支給で20万であれば引かれた数値で生活するだけで消えていき、手取り換算であればちょっと余裕がある程度でしょう
 
 
しかし生活するのに問題はなくても完全に安全係数はゼロであり、突然の病気で通院や入院が必要になったときは一切の余裕がありませんし、ほかの出費にしてもそうです
 
まず大きな買い物や固定費がかかるものなどは全く導入できないといっても過言ではなく、むしろ人として生きてるだけといっても過言ではないのです
 
 
更に生きるだけであれば生活保護のほうが医療費なども無償なことを考慮すると同じが、生活保護のほうがマシといってもいいのです
 
働く以上は、必要最小限と言われている生活保護を上回る暮らしをするべきだと感じますし、時給1200円というのは生活保護以下で人として雇う価値はない家畜以下のゴミ同然な扱いを受けているといっても過言ではありません
  

それ以下の給料しか出せないところは利益を出せないか不当に絞っている

中には時給1200円という数値が高くて、その分の人件費が捻出できないという会社も存在します
 
けれどもそういう職場って全然同情の余地はなく、事業として成り立っていないのでとっとと畳んだほうがいいと言えます
 
やはり人を雇うという以上は、人が問題なく生活できる給料を渡すべきであって、その基準が上記に書いたものであり、それを超えないところははっきり言って仕事じゃないんです
 
 
利益が出せないから給料が払えないという会社は、だから低賃金で雇うということはせず、むしろ人を雇う資格がない底辺であるということを自覚したほうがいいのです
 
 
また、会社そのものは儲けが出ているのにも関わらず、その分を人件費として還元しようとしない会社は不当に利益を絞って搾取している存在であり、これは別の意味でとっとと会社をたためと言いたくなる根っこが腐った存在であると強く言えます
 
自分の出した利益をピンハネされるのは職場という組織にいる以上は仕方のないことですが、それでもハネられる率が異常で働けば損し続ける環境であると強く断言できます
  

終わりに・時給1200円は決して高くなく最低の金額だ!

そういうわけで時給1200円という数字については、決して高くないどころか最低限の数値であり、この程度も出せない職は働く価値はないです
 
正社員はもちろんのこと、パートやアルバイトであっても都合のいい時間を社会保障も薄く使っているので、最低限それくらい出すべきだと言えます
 
 
正規・非正規問わず、時給1200円も出せないところはすべて求人を出す資格がないゴミのようなブラック企業であると言えるので、決して自分を安売りすることなく、それ以上の給料を出している職場で働くべきであると言えますね
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
そもそも1200円という最低限で募集しているところは例外なくブラック企業ですし、仕事がきついからこそ効率が悪い働き方で利益が出せないのです
 
ホワイト企業であれば効率よく働くからこそ利益が出せて楽な職場も多いので、求人を探すのであればこういうのを利用してまともな職場を探すべきだと断言できます 
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事