一見いい制度に見えるのですが・・・?

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
この記事を読んでいる人の中には皆勤手当てというものを知っていたり貰っていたりする人ってぽつぽついるんじゃないかなと感じます
 
私自身も過去にこの制度がある会社に面接して内定をもらったことがあるのですが、どの会社も例外なくブラック企業だと外から見てわかるものばかりであり、この制度がある会社はかなり警戒したほうがいいと思っています
 
 
一見すると「毎日出社すればお給料増えるのに何で?」って思う人が多いかもしれませんが、こういうことを出す会社というのは様々な裏があるのです
 
今回は私が見てきた会社のことを元に、皆勤手当てがある会社はどうして警戒すべきなのかということについて記事を書いていこうかと!

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

人手が足りない環境であること

まず間違いなく言えることですが、こんな皆勤手当てなんてのをつける会社は確実に人手が足りていません
 
一言で言ってしまえば離職率が高くてブラック企業だからこそ人が足りないのです
 
 
それに伴い
 
・目先の小銭で釣って継続させる
 
・今いる人間を休ませないようにして徹底的に労働力を絞る
 
 
という二つの問題点が見えてくるのです
 
 
皆勤手当てなんてせいぜい5000~1万円程度ということが多いですけど、その程度のお金で釣られてしまって辞めさせないようにしているのです
 
更に言えば皆勤手当てが出る職場というのは「皆勤手当てをもらってラッキー」ではなく「皆勤手当てをもらってやっとトントン」という感じで、十分な給料に上乗せされるのではなく、元の給料を削って皆勤したら全額払うというケースの会社も多いです
 
 
実際に私が内定をもらった会社でも皆勤して総支給16万という会社でしたし、もらったとしても高いとは口が裂けても言えない環境でした
 
下記にある要素から人手不足になるのはある意味では当然であると言えるのです

 

有給休暇などを抑止するのに使っている

皆勤手当てについて有給休暇を取ることで権利が消失するという会社は本当に多いです
 
中には有給休暇は出勤と同様とみなして権利を継続させる会社もあるみたいですが、私が見てきた会社は権利消失のほうが多かったです
 
 
労働基準法的には第136条には「有休を使った人には賃金の減額など不当な扱いはしてはいけない」という表記があるのですが、裁判ではこれを努力目標だとバッサリ切り捨てているので手当てが消失することはなんら違法ではありません
 
それに基本給を削るということであれば大問題になるのですが、手当てを無くすというのはグレーですがかなりいろいろな企業がやっていることです
 
 
それに伴い有給休暇を使わせないという傾向の会社が非常に多く、上記に書いた人手不足の件と合わせると、本当に一人でも欠けたら限界を超えるというギリギリで回している状況だったりするのです
 
そして「皆勤しなければ給料は全額渡さない」と脅されているようなものであり、事実上の有給禁止の軟禁状態であるということです

手当で貰う会社はデメリットが大きい

それと基本給ではなく手当で給料をもらうということは実は意外とデメリットが多いです
 
「え?給料がもらえるなら何でもいいのでは?」と思う人が多いかもしれませんが、基本的に手当てで渡すというのは企業側にしかメリットがありません
 
 
まず基本給ではないので残業や休日といった割り増しで払うべきものに上乗せされないというのが問題です
 
私の経験上、手当てが多くつく会社というのは、人手が足りないからこそ長時間労働が多くなり、一見すると給料が多く感じますが労働時間から見て全然伸びない会社というのが多いです
 
 

手当がやたらと多い会社は人件費を抑えて逃がさない罠だと断言する!

 
関連過去記事 
 

そういった割り増しでは計上されないくせに、税金など引かれる方向にはしっかりと補正がかかりますし、上記にも書きましたが基本給と違って手当というのは払わないための理由なんかいくらでも作って廃止するということがやりやすいのです
 
 
よってそういった手当てというのは、むしろあることを喜ぶのではなく警戒するべき点であるということなんですよね 
 
 

終わりに・目先の小銭で大局を見失うな!

はっきり言って皆勤手当てでもらえる給料なんてのは、高校生の小遣い程度の低い額です
 
その程度の額でほかのデメリットに気が付かなかったり見ないようにして我慢しているのは、目先の小銭を拾いに行って大金の入った大袋を落とすのと同じ行為です
 
 
上記に書いたように、皆勤手当てというのは様々なクソ要素を隠すための仕組みでしかなく、そもそも普通に考えれば皆勤なんてのが学生でもないのにあるのがおかしいことです
 
辛かったり用事があれば容赦なく休むべきですし、そういったことを許さない環境であるということの裏返しでもあるので、はっきり言ってブラック企業に等しいと言えますので就業を避けるべき環境なんです
 

 
ブラック企業から逃れるための就労支援「ウズキャリ」の各種サービスを紹介する! 
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
そもそも給料を多く出すことを魅力にしたいなら最初から基本給に組み込めって話ですし、ホワイト企業では手当を廃止して基本給を上乗せするところが増えています
 
そういった意味でも手当で喜ぶ時代は終わりだといえますし、正当に人員配置をして給料を出す会社を目指すためにもぜひ上記をご活用くださいませ! 
 

ブラック企業を徹底排除した転職サービス・ウズキャリ各種!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 
 

・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です

一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!

IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
 
 

・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら! 

詳細はこちらにて!取材をしてきました!

おすすめの記事