あんなのを扱う底辺の仕事には就きたくないなと

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
時々死亡事故が起こる中で特に目立つのが粉砕機を扱う仕事ですが、つい先日
 

31日午後、三重県伊賀市の廃棄物処理工場で、作業中の男性が破砕機に巻き込まれ死亡しました。

警察によりますと、31日午後4時ごろ、伊賀市伊勢路の産業廃棄物処理工場「日本資環・三重総合中間処理施設」で、「破砕機に挟まれた人がいる」と会社関係者から110番通報がありました。

現場では、廃棄物を処理する破砕機に作業員の前田利明さん(67)が巻き込まれていて、前田さんは、現場で死亡が確認されました。

警察が、当時の経緯や工場の安全管理に問題がなかったかなど、調べを進めています。

廃棄物処理工場で作業中の男性、巻き込まれ死亡 三重・伊賀市
 
と、痛ましい死亡事故がありました
 
 
私も粉砕機って生で見たことあるんですが、あれは本当に怖いし近寄りたくないなって感じます
 
惨たらしい死に方をしたくなければあんなものを扱う仕事は避けるべきだなって感じました
 
 
世の中に必要な仕事だとか言うやつも出てきますが、ぶっちゃけ自分以外の人間がやればいいと思っていますし、やりたい奴とか、やらないといけない奴がやればいいだけの話です
 
ぶっちゃけあんな底辺職は付きたくないなって本当に心の底から感じますし、工場なんかもいた経験があるので絶対に避けるべきだと感じました
 
 
今回は粉砕機を扱う職場はどうして危険なのかということを記事にしていこうかと!

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

巻き込まれても人間の力では止められない

まず粉砕機などといった大型の機械の最大の問題は、何かの拍子に巻き込まれたとしても人力で止めることは不可能です
 
そもそも人間の力ではどうしようもできないものをするようにしている機械なので、人力では止まりません
 
そういう機械って緊急停止スイッチがあったりしますが、ぶっちゃけ止まるまでのタイムラグもありますし、気が付いたら死んでいたということのほうが大きいです
 
 
私が工場や粉砕機などといった大型機械を扱う仕事が大嫌いな理由として、気が付いてから自分の力ではどうしようもできないということです
 
これがもっと小型の機械とか、人力でも余裕で脱出できるようなものであればそこまでけなしたりはしないのですが、こういった事は死ぬ可能性が非常に跳ね上がります
 
 
生活を豊かにするという生きるために仕事をしているのに、逆に死ぬ可能性を大きく跳ね上げる仕事をしてたら本末転倒もいいところなんですよね

 

仮に死なずに止まったとしても破砕箇所は再生不能

そして粉砕機の恐ろしいところは、仮に巻き込まれて早い段階で何か止めることができたとしても、巻き込まれた体の部分は再生は絶望的です
 
粉砕というからにはぐちゃぐちゃにするということですし、可能性は低いですが切断とか原型をとどめているものであれば接続とか引っ付くかもしれないのですが、それもないです
 
しかもこれは状況がよくての過程であり、むしろ生きてる可能性は非常に低くなるのです
 
 
体の一部がなくなるということは、今後の人生にも大きな影響が出ますし、つぶされた体の部分によってはいっそのこと死んだほうがましだったということも珍しくありません
 
下手をすれば死ぬよりもつらいことになる可能性があるというのは、上記にも書いた仕事をする意味からも大きく外れてしまうのです
 

薄給激務で底辺DQNのたまり場なのでいたずらで殺される可能性がある

そして粉砕機を扱うような仕事というのは、確実にDQNが多く、自分が気を付けていてもそいつらに殺される可能性が高いです
 
DQNって想像力が働かないので、大ごとになるといういたずらでも平気でやってきますし、実際に毎年そういった奴に殺される事故は絶えません
 
DQNからすれば「軽い遊びのつもりだった」とか動機ばかりですし、そんなもので殺される可能性があるとかリスクデカすぎます
 
 
更にそういった職場にDQNが集まる理由として、そういった底辺職は仕事も危険ですが、それと同じくらい給料が安く、人が集まらないので激務になる職場が多いです
 
給料も多くて総支給で20万程度のものが多く、お世辞にも高いとは口が裂けても言えない職場ばかりです
 
まともな人間は底辺環境に危機感を感じて一目散に逃げますし、まともな職場に行くことができない問題ばかり抱えたDQNだけが結果的に残るということです
 
 
また、DQNの巣窟って大概は上も同じレベルの人間で、程度が低いことも多く、なんというか同じような人種がどんどん引かれあっていくのです
 
何か問題があっても知らんぷりされたり、悪事に加担していたりとろくでもない連中が底辺には集まるんですよね
 
 
私自身もDQNが集まる底辺の巣窟で働いていた時期がありましたが、一歩間違えたら大けがではすまないような工具を、いきなり至近距離で起動させて驚かすという遊びをやってゲラゲラ笑ってるようなことをやられました
 
そういった連中っていたずらも度が過ぎていることが多いですし、目の前に死ぬ可能性があるようなものが動いていたら、それに向かって背中から押されるということも普通にあり得ます
 
 
はっきり言って危険やDQNがうじゃうじゃある環境って働く価値やメリットがないということが断言できます
 

終わりに・粉砕機を扱う職場は避けるべき底辺だと確信をもって断言する!

そういうわけで粉砕機を使う職場は避けるべき底辺だということが断言できます
 
世の中には必要な仕事なのかもしれませんが、少なくとも自分がやる必要性はありませんし、そんなものはやらないといけない連中が勝手にやればいいだけの話です
 
 
危険がでかすぎるのに、それに見合うリターンは全くないですし、そもそもリターンがあったとしても死ねばそれで終わりの中で、目の前に死があって隣り合わせのような職は選ぶ必要がありません
 
それどころかそういう底辺はほかに行き場所がない連中の受け皿になっているので、そういった仕事はよっぽどの理由がなければ選んじゃいけないのです
 
 
更に言うと、そういった環境は完全にDQNのたまり場で、治外法権とかしてる無法地帯になってることも多いので、ブラック企業とかそういう次元を越した環境だったりするので、絶対に避けるべきです
 

 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
私自身もいろいろな職場を見てきましたが、危険作業がある職場というのは命が軽く、人間があふれている日本ではそんな職でも就かないといけない人間のせいで薄給激務のブラック企業ばかりです
 
なのでそういった底辺職はやりたい奴が勝手にやればいいだけの話ですし、自分自身はもっと安全で給料が多くもらえるまともな職場を探して環境を変えるべきなので、そうするためにもぜひどうぞ! 

ホワイト企業へ転職あっせん付き・ウズウズカレッジCCNAコース

未経験でも最短1か月から最長3か月でCCNAの資格取得が可能で、受講後はホワイト企業への転職斡旋付きの全国どこでも利用できるオンラインスクールです
 
就職・転職をしなくてもフリーランスとしてのスキルを身に着けブラック企業から逃れるための足掛かりに! 

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能(24回で月6875円)
 
 
当ブログよりご利用の方限定で
 
・2週間のコース無料体験実施中
・講師とのMTGは2回受講可能
・体験期間中、学習カリキュラム受け放題
・体験期間中、講師との連絡し放題
・無料体験期間で終了しても就業サポートの無料利用可能
 
と、無料で試せるので、まずは触りだけでも利用してみてはいかがでしょうか?
 

 

おすすめの記事