こういう会社は本当に今すぐにでも辞めるべき底辺のゴミカス環境の肥溜めですね

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
  
最近はコロナウイルスによる経済の影響も強く出てきており、中にはコロナの影響で解雇になるという人もどんどん増えてきているなと肌で感じます
 
この中でコロナの影響で売り上げが落ちて解雇せざる負えないって職場は100歩譲ってしゃーないといえるかもしれませんが、中には
 
 
「コロナにかかっただけで解雇」
 
 
という超絶理不尽な職場ってのもかなり存在しています
 
 
結論から言ってしまうとそんなゴミカス会社はコロナ解雇されるまでもなく自分から辞めたほうがいいクソみたいなブラック企業であると確信をもって断言できます
 
はっきり言ってこんなことをやってる職場ってバカすぎるし働く価値もないゴミだなっていっつも感じます
 
 
もし会社がコロナにかかっただけでクビって職場であれば、コロナにかかる前に辞めるべきだということについて記事を書いていこうかと!

 

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

強すぎる罰は逆効果にしかならない

まずコロナにかかったら解雇って言ってる狙いというのは、表向きは従業員がコロナを持ち込んで職場内で爆発感染したら職場が止まるのでかからないようにしろ。という意味合いが強いと思います
 
インフルエンザにかかったら出勤停止ってのもそれと同じようなものですしね
 
そして解雇されるというのは会社で働くうえで最も重いペナルティとして考えられていることなので、それになりたくなかったら気をつけろってことなんじゃないかなと
 
 
しかし実際には強すぎる罰というのは、そういった抑止力ではなく、逆効果になることしかありません
 
ちょっと前に書いた記事ですが
 
 
遅刻の罰が厳しすぎる会社は働く価値がない職場と断言する! 
 
 
この記事で例えると、強すぎる罰というのは受けるメリットが全くなく、ある一線まで来ると隠したほうが得だと感じるようになってきます
 
どうせ死ぬんだったらワンチャン可能性のあるほうにかけるというのは人間であれば誰しも思うことであり、この場合も解雇になるくらいなら隠し通せたほうがいいと思ってしまうんですよね
 
 
なので検査や診断なんかを受けず、実際にはコロナにかかっていても診断されなければかかってるとは言えないという理論で、隠れ感染源になってしまい、その結果として職場が崩壊するという原因になってしまうのです
 
 
そういったことになるとわかっていない時点で経営者とかトップの考え方が浅はかで、本当に人を使う資格があるのが疑問しか感じないバカだということです 

コロナ感染のリスクはもはや回避は不可能になりつつある

これがもし初期段階であれば気を付けようってのもわからなくもありません
 
しかし現在は毎日加速度的にコロナ感染が増えてきていますし、もはやかかるのも時間の問題じゃないかなと思えてきます
  
はっきりいえばもう感染は回避不可能といっても過言ではないのです
 
 
これが100歩譲って自分が職場でやらかしたミスで経営存続不可になったということであれば解雇も仕方ないのかなと思わなくもありません
 
しかし今のコロナはもうそこらへんにふよふよ浮いてるようなもので、いつかかってもおかしくないのです
 
もしかかりたくなければ誰とも一切かかわらず、一人で家で引きこもってパソコンかプレステするくらいしかないのです
 
 
コロナにかかったらクビなんて言われている底辺なんてのは、むしろ人と第一線で積極的にかかわらざる負えない現場仕事ばかりでしょうし、自殺を試みながら生きろとかいうわけが分からない状態なんです
 
コロナにかかったらクビとかいうなら、職場には出勤させないような仕組みじゃないといけないのに、言ってることがおかしいんですよね

こういった理不尽を言ってくる職場は例外なく待遇が悪いゴミ

そしてコロナにかかっただけで解雇というのは労基法上どうなのかということを調べてみると、やっぱり余裕で不当解雇で違反なんですよね
 
 
調べてみると解雇のためには
 
 
1、人員削減の必要性があること
 
2、解雇を回避するための努力をしていること
 
3、解雇される人の選別や選定が合理的なものか
 
4、事前に解雇される人の説明をちゃんとやってるかどうか
 
 
って要素を満たさないといけませんし、コロナにかかっただけで解雇ってのはこの中の基準でどれも満たしてないです
 
削減の必要性もないですし、解雇回避どころか積極的に取り組んでいますし、コロナにかかったら解雇とか合理性どころか理不尽の極みですし、その説明も納得できるものではないでしょう
 
 
それどころか、国の補助などでコロナにかかった人を休業させたら給料の60%を出すようにとお金をくれて解雇をしないようにって配慮を行っているのにも関わらず、完全にこれらの逆行しています
 
  
こういった違法行為を行う時点でブラック企業だと断言できますし、そういった職場は最低賃金で人をこき使ったり、無償で働かせるといったことや、異常な勤務時間といったことなど労働者に不利なことをどんどんやってくる職場です
 
ブラック企業はゴキブリ同様に、一つ違反をしてしまえばあとは100やろうが一緒という感じで開き直っていますし、労基法を守るって観点があれば1つでもしないのが当たり前なんです
 

終わりに・こんなカス底辺はコロナにかかる前に辞めるべきだ!

そういうわけでコロナにかかったら解雇という職場は、はっきり言って働く価値が何もない底辺のゴミカスであると心の底から強く断言できます
 
むしろコロナ感染を待たずに、自分からさっさとやめてしまったほうがいいくらいのクソ環境であると言えますね
 
 
はっきり言って働く場としては最低以下であり、もはや人間ですらない家畜以下といわれていることと何ら変わりませんし、人としての生活をするなら避けるべき会社の特徴なんです
 
そのように労働者を大事にしない職場は、労働者から愛想を尽かされますし、いざって時には支えることもなく一気に崩壊するでしょうし、長期的に見ても損しかないのです
 
 
ブラック企業の中でも特に底辺だと言えるので、そういった職場は早い段階でやめてまともな職場を探したほうがいいです
 

 
ブラック企業から逃れるための就労支援「ウズキャリ」の各種サービスを紹介する! 
 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
そういったごみ職場にしがみついているうちに、今もこうして優良求人はどんどんどられていっていますし、時間が経過すればするほど、失業者にあふれたり自分自身の年齢というハンデを負って不利になってきます
 
だからこそ働く価値のないカス底辺で時間を浪費している暇があるなら、とっとと新しい環境を探すために時間を使うべきなので、こういったのを利用してみてはどうでしょうか?

ブラック企業を徹底排除した転職サービス・ウズキャリ各種!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 
 

・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です

一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!

IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
 
 

・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら! 

詳細はこちらにて!取材をしてきました!

おすすめの記事