こういう言葉を使う職場にまともなところは一つもない件

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
私自身はどちらかといえば協調性なんかはあまりないほうでして、仕事をしていた時にやたらと
 
 
「職場の和を乱すな!」
 
 
という言葉で怒られたことが多々あります
 

といってもやってたこととしては自分がやるべきことをやってた上で残業をしてても自分の仕事が終わればさっさと帰ろうとしたり、不平を押し付けられたら文句を言ったりと至極まっとうなものばかりでした
 

この言葉って一見すると協調性を重んじるようないい言葉っぽく聞こえるのですが、実際はこの言葉が出てくる職場は例外なく辞めるべきクソゴミみたいな環境であると強く断言します
 
今回は、もしこの言葉を職場で言われたら、どうして絶対にやめるべきなのかということを記事にしていこうかと!

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!
・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では15000以上の求人があって最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 

・キャリアスタート

求人企業への取材を行い、ブラック企業を判別して除外しているエージェントです
元がブラック企業だった会社を指導してホワイト化させることで定着率を上げるという取り組みをやっておられます
転職支援会社300社の中から上位10位を5年連続取得で内定率8割近くの高水準!
関東が強めなのでそちら方面の方はぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

職場の和とは押し付けるやつが好む空間の事

こういうクソ上司が決まって言う言葉に「職場の和」というものがありますが、意味は何となく分かるけど明確に言葉にはできないという人は多いんじゃないでしょうか?
 
多分世間一般的な意味では「職場内で荒波を立てずに相互協力しあいましょう」みたいないい感じっぽい意味で受け取ってるという人が大半だと思います
 
 
しかしこの言葉を言われて感じたことですが、この和という中身の正体ですが、強いる人間が好む空間ということであり、決して上記のような言葉の意味ではありません
 
 
私自身がよく見てきた上司の傾向として、このような「和」という言葉を使う人間にはかなり不平不満がたまっている人間が多く、冷遇されている人間が優遇されている人間に対して不満をぶつけたときにこの言葉で鎮圧しようとしてくることが多いのです
 
例え話ですが日本の税金ってかなり不平で搾取する仕組みが確立されているといっても過言ではありませんが、搾取される側は文句を言うけど、搾取する側からは不満の声は上がらないのと一緒で、搾取されている側が立ち上がろうとしたときに搾取する側が抑え込む大義名分を使って抑え込むという場面とよく似ているのです
 
 
それに当てはめると、職場の和というものを押し付ける権力の強い側の人間が、自分にとって都合のいい状態を維持できなくなるから、それっぽいもっともに聞こえる言葉を使ってくるのです
 
実際にこの言葉を言われる職場にちゃんとした本来の意味での和なんてものは存在せず、異常なまでの不平不満がたまっているのを無理矢理臭いものに蓋をしているだけだということが断言できます

 

直接命令はしないけど同調圧力で苦痛を強いてくる

そしてこの手の職場に本当にあることなんですが、直説明すると問題があるようなことを、同調圧力によって強いてくるという傾向がものすごく強いです
 
特に賃金を払わずに残業や定時前出社や休日出勤なんかを暗黙の了解で押し付けられることが本当に多いです
 

これも直接は命令しないけど「みんながやってるからやったほうがいい」という方向で、自分もやらないとまずいという風に思わせてくるのです
 
しかも後から事が発覚してもめたとしても「直接は命令していない。自主的にみんな勝手にやっただけ」といた感じでとぼけたり言い逃れする口実を作ってしまうので追い詰めるときに面倒しかありません
 
 
完全に本当はやってはいけないことということを自覚しながらも、それを問題なくやらせるという方向に頭を使っているので根っこから腐っていると言えます 

周囲も戦う相手を間違ってしまうように洗脳されている

そして周囲の人間を見ても本来であれば不利や不利益を強いてくる会社や上司と戦うべきなんですが、その矛先が別の方向に向いてしまっています
 
自分よりも立場が弱い同僚だったり、不平不満から逃れようとする人にだったり・・・といった感じで戦うべき相手を完全に間違えているのです
 
 
 
これに関しては上司や会社からうまく誘導されて洗脳されてしまっているバカという点と、不満をためつつも本来戦う相手にはへこへこして自分が憂さ晴らしできそうな相手にのみ強く出るというクズの要素が合わさっているからです
 
なのでそういった職場にいる人間って大体がゴミみたいな連中ばかりであり、まともな人間はとっとと見切りをつけてやめてしまっているのです
 
そのような職場ではお互いに不満をためてしまっていつ爆発してもおかしくないような一触即発状態になっています
 
 
会社や上司側は、そういった状況であるということを認識しつつも、特に対処はしないけど封じ込めたいということからやたらと「和」という言葉を使うのです
 

終わりに・長居をすれば確実に損をする環境だと断言する!

そういったわけで和というのを押し付けられる職場は長居をすれば確実に損をします
 
これって裏を返せば「みんなのためにお前が我慢しろ」って言われているのと同じことで、自分自身が損をすることはもちろんのこと、拡大解釈すれば周囲のために食い物にされているようなものだと言えます
 
 
はっきり言って協調性や同調圧力を強いるという時点で何か不利や不平や不満を押し付けられるということであり、そうじゃなければ我慢せずにみんな普通にしています
 
そしてこのような職場はこれらによって不満を無理矢理押し込めるようなブラック企業である可能性が非常に高いのでさっさとやめるべき職場の特徴だと断言できます
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
職場の和なんてもっともらしい言葉を使うところは、大体は職場のごみっぷりを自覚しつつも直そうともしない会社ばかりであり、とっとと見切りをつけるべき底辺です
 
そんなブラック企業に長くいても損しかしませんし、それならもっといい職場に移ったほうが時間と金が有意義に増えるので、そういった企業を探すためにもぜひ上記を使ってみてはどうでしょうか? 
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジCCNAコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
最短1か月で資格取得可能で、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 
全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
詳しくはこちらで取材した内容を書いています!
 
 
 

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!
・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では15000以上の求人があって最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 

・キャリアスタート

求人企業への取材を行い、ブラック企業を判別して除外しているエージェントです
元がブラック企業だった会社を指導してホワイト化させることで定着率を上げるという取り組みをやっておられます
転職支援会社300社の中から上位10位を5年連続取得で内定率8割近くの高水準!
関東が強めなのでそちら方面の方はぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

おすすめの記事