実際に自分でやってみましたがこれはガチ

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
新卒で入った会社がブラック企業で辞めたいけどすぐにやめると次に転職ができるかどうか不安ということから動けない人って多いんじゃないでしょうか?
 
実際に世の中の意見を聞くと最低でも1年は我慢しろとか理想は3年だとか長期間つとめないといけないみたいな意見を数多く見かけますし、逆に短期間の転職は好ましくないという意見が多いです
 
 
私自身はかつて新卒で入った会社をたった2か月で辞めましたが、ぶっちゃけそのあとの転職活動ってさほど大きな影響はなかったですし、何なら自分にとって有利だと思えたくらいでした
 
結論を言ってしまうと転職はやると決めたら年単位の我慢どころか秒単位で見切りをつけて次へ動いたほうがメリットが絶大です
 
 
今回は私の経験談を元に、新卒でも1年未満でやめて転職してもいいのかということについて記事を書いていこうかと! 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

やめても仕方ないと思われるように前職のことは正直に言えば問題ない

私自身が新卒で入ったにも関わらず2か月でやめた会社についてですが、安全装置をわざわざ外したプレス機で作業をしていた先輩が指をつぶすという大けがをしてしまい、それが怖くなってやめました
 

板金加工業は危険!!新卒で入って殺されかけた話!
  
この時の話はこちら
 
 
今でこそ笑い話の種にしていますし、私が面接を受けた時の鉄板トークにしているくらいで、ほぼ毎回この時の話をしています
 
確かに短期間でやめると「どうしてやめたんですか?」ということを聞かれることが多いですが、そこに自分がやましい理由がなければ堂々と前職のことを説明していいと思います
 
 
実際に私が最初の会社の悲惨な状況を伝えても顔が引きつってドン引きして「それは仕方ない・・・」という態度になることが多く、少なくとも短期間でやめたことがマイナスととらえられることはありません
 
面接官や経営者が今のご時世でブラック企業の悲惨な状況というのを理解していない会社であればこっちからお断りするべきだと言えますしね
 
 
たまにそれでも
 
「それでも会社をどうにかしようと思わなかったの?」
 
「我慢して状況を改善しようと思わなかったの?」
 
「会社がブラックだからってこの先どこもやっていけないよ?」
 
 
みたいな上から目線で見当違いのアドバイス(笑)をしてくるところはどれも似たようなブラック企業であり、内定が出ても蹴るべきだと断言できるような会社ばかりなので逆に落としてくれたほうがいいくらいです
 
短期間でやめることで「すぐやめそう」って思われることで落とすような会社って、一見すると受かりにくくなってマイナスのように感じますが、裏を返せばそれだけ従業員を魅力で引き留めることができずに我慢を強いる会社ということの証明であり、入る必要のないブラック企業から落としてもらえることになるので、選別が楽になるくらいです 
 

 

転職市場の最強武器は年齢という若さであること

私自身が転職を繰り返して感じたことですが、転職市場において最大の武器は学歴でもなければ資格でもスキルでもなく若さだと感じました
 
 
ぶっちゃけ学歴なんぞあっても学校さえ出てしまえば何の役にも立ちませんし、前職の経歴やスキルなんて同じ業界でも別の会社であれば全く別物になるので役に立ちません
 
資格なんかも難関資格以外はだれでも金さえ出して時間をつぶせば取れるものは独自性もないので、その他大勢のモブくらいに思われて差別化もできないので意味がないのです
 
 
そうなると一番重要な要素というのは若さであり、若い人であれば脳も柔軟性があって新しいことを取り入れやすいと思われており、前歴とかもなくてまっさらなほうが新しいことが入るくらいです
 
実際に私自身が転職を経験したときに、明らかに5の倍数の節目で相手の反応が違っており、それだけ若さという要素は転職市場で重要視されやすいです
 
 
はっきり言って若さの前には前歴を短期間でやめたとか些細な問題でしかありません
 
ぶっちゃけ新卒で入った会社を1か月でやめた18歳と、長年勤めていた会社を辞めてから転職を開始する50代とでは圧倒的に前者が有利です
 
 
そうなると若さという限りある資源を最大限に生かすためには見切りをつけた会社で一秒でも長くいるのが資源の浪費ということになるのです

そもそも1年とか3年とかに労働者視点で全く根拠がない

そしてそもそもの話なんですが会社は最低でも1年や3年我慢しろといった言葉についてですが、そのどれもに特に根拠はありません
 
いやな仕事は1年続ければもっと嫌になりますし、嫌々やったことは何年たっても技術になりませんしね
 
 
結局のところはこれは雇った会社が次に行かれると新卒採用にかかった費用が無駄になるということだったり、3年以内にないに辞められると離職率の関係で会社の経歴に傷つくといったものばかりです
 
 
はっきり言って労働者視点の意見ってほとんどありませんし、何なら辞めたいのを我慢して精神疾患や肉体的にがたが来てしまったほうが次に支障が出ますし、それなら無駄なダメージを受けないようにしたり上記に書いた若さを生かすという意味でも早ければ早いほうがいいのです

終わりに・ブラック企業ということに関心がない経営者をふるいにかけたほうがいい

というわけで実際に新卒で入った会社を1年未満どころか2か月でやめた人間の意見ですが、ぶっちゃけ短期間で転職というのはしても問題ないです
 
 
仮に転職回数を気にするところは1日でも10年でも一回は一回と数えるところが多いですし、そんなことを気にする会社はむしろ避けたほうがいい会社の特徴です
 
それなら早めに見切りをつけて行動するということが大事ですし、ブラック企業なんかは一秒でも早く辞めないといけないと強く断言できますので年単位も我慢しなくていいです
 
 
転職をしたいと感じるのは今いる会社は割に合わないということと、今の環境から抜けるべきだという判断ができている証拠なんでわかりきった無駄を行い続け鵜よりもとっとと動いたほうがいいと断言できます
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
次の会社を探すなら辞めたくならないようなホワイト企業を目指したほうがいいといえますし、そういう企業を探すなら最初から選別を行って紹介してくれるサービスを利用したほうがいいです
 
これらの利用も20~30代向けなんで、利用するのにも若さが武器になりますし、手遅れにマルマエにこういったものを駆使してまともな職場を目指してみてはどうでしょうか? 
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事