0

資格なんてぶっちゃけただの紙切れよね

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
資格を取ると就職に有利だということで、資格をたくさん欲しがる人って多いんじゃないでしょうか?
 
私自身も資格は履歴書に書ききれないくらいたくさん持っていますが、はっきり言って役に立つと思えるようなものは運転免許以外存在しませんでした
 
 
よく「就職のために資格を取る!」という行動を行っている人を見かけますが、ぶっちゃけ就職目的であれば無駄だと断言していいです
 
確かに資格があることで就職は有利になるという説もありますが、それはあくまで「元から持っていてゼロよりはいい」程度のものであって、新しくとるほどのものではありません
 
 
私自身が数々の資格を持っていて、それで就職関連で苦労したことがあるので、今回は実体験を元に資格なんぞ役に立たない紙切れだということを記事にしていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

資格よりも実務経験や若さ

まず就職目的で資格を取る人の間違ったイメージとして
 
 
・資格さえあれば問答無用で就職できる
 
・関係ない業種でも資格はたくさんあると頑張ったと認めてもらえる
 
 
という2大間違った認識を持つ人は多いです
 
 
まず前者は、資格なんかあったとしても経験や実務がないと全く意味がありませんし、むしろ資格なしの実務経験ありのほうが優遇されるくらいです
 
私自身が調理師持っていますが、あれはあくまで基礎知識があるって証拠であって、あの資格を持ってても料理がまずいやつなんかごまんといますからね
 
 
そして後者に関しては、むしろ関係ない業種の資格を持っているほうが「一貫性がない根無し草」とみなされてしまって逆に就職率が落ちるということまであり得ます
 
他にも極端な例えですが、将棋でめちゃくちゃ強い羽生善治が問答無用で野球のメジャーリーグの4番バッターに選抜されるか?といったらそんなことは天地がひっくり返っても絶対にないことです
 
 
よってこれらの理由で就職のために資格を取るという行動は無意味であると断言ができますし、むしろまっさらで経験がない状態に実務を詰めたほうが戦力になりやすい傾向から、資格の有無よりも若さの方が有効です
 
そしてその若さという最大の武器が一番強いのは本当に今現在であると断言ができます

 

無職の間に取れる資格を取ると底辺まっしぐら

就職のためにとる資格というと無職の間でも取りやすい資格になりますが、一例をあげると
 
 
・電気工事士2種
 
・危険物乙4種
 
・フォークリフト運転技能講習
 
・ヘルパー2級
 
・簿記2級
 
 
多分こんなところが多いんじゃないかなと
 
 
しかしこれらのように無職の間でも取りやすいものというのは、それだけ労働市場で持ってる人が多く、それが就職で優位になるということはまずありえません
 
私自身も就職目的でフォークリフトの資格を取りに行ってから転職活動をしたことがありますが、人数過剰で別の仕事なら・・・って言われていましたので優位性は全く感じません
 
 
さらにこれらの資格が必要とされている職は、大体が底辺職と呼ばれるようなものばかりで、就職したとしても生活保護のほうがマシと言えるような仕事と呼べないようなモノばかりです
 
大体は手取り15万程で、間違いなく20万を超えるということはありえないでしょう
 

手取り15万円しかない仕事は生活保護未満の底辺以下と断言する!
 
関連記事
 
 
取りやすい資格を取っても就職での優位性はないどころか、底辺職に突き落とされて這い上がれなくなると思うと無いほうがマシといっても過言ではありません 

やりたい仕事があって「免許」なら別

ただ資格関連が全く無駄とは断言できない理由に、何かやりたい仕事があったとして、それをやるのに必須な免許があるというのであれば別なんです
 
資格と免許の大きな違いってのは、資格はなくても仕事に従事出来るものが多いですが、免許はなければ明確にしてはいけないと決められているものが多いのが特徴です
 
 
よってやりたいことが免許が必要であれば、それを取得するのは無駄ではなく、むしろやりたいことのために必要だといえるのです
 
資格はあってもなくても特に問題ない紙きれですが、免許は必須であることが多いですから
 
単純にわかりやすい身近な例で言えば車の運転とかがそうです
 
 
ただ免許の場合は実務経験が無ければ取れないものが多く、免許持ちの下で〇年働いて受験資格を得るというものが多いので、そういう意味でも免許取得のためにもとっとと就職活動を行って実務経験あったほうがいいと断言ができるのです
 

終わりに・就職がゴールで資格を取るのは無駄だと断言する!

そういうわけで就職目的で、そこがゴールとしているのであれば、そんな資格取得の勉強は無駄なんです
 
就職してからも後から必要になってから取得すればいいだけの話で、その時は会社が費用とかも出してくれることが多いので、そういう意味でも金を稼ぐために受験料やテキストで金を浪費するというのが無駄なんです
 
 
そんな役にも立たない紙切れを必死こいて取りに行くくらいであれば、先に就職活動を行って未経験でも若さを利用したほうがいいと断言できますし、資格よりも強い若さという武器は今この瞬間が一番強いです
 
役立たずの紙切れなんぞのために最大の武器を鈍らせるのはもったいないですし、就職目的であれば転職活動を行ったほうが有意義であると断言できます
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
資格取得がゴールなら別にそれでもかまわないと思うんですが、最終目標が別にあるなら遠回りするよりも最短でまっすぐに近道をしたほうが合理的であると断言できます
 
そして就職するためのサービスがある時代なので尚更そうなんですよね
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事