一度下がった給料の会社で働くのは本当に無駄!

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事をしていると給料が下がるということを経験したことがある人はそこそこいるんじゃないでしょうか?
 
私自身もかつて仕事をしていた時に何度か給料ダウンの場面に遭遇し、私自身は速攻やめようと思っていましたが周囲からは
 
 
「給料が下がったくらいでやめるのは不義理」
 
「今の職場で頑張ればまた上がってくる」
 
「下がった時こそやる気を出すべきだ」
 
 
といったことを周囲から言われてしぶしぶ少しの間だけ残ったことがありますが、ぶっちゃけ自分の判断のほうが正しかったなと確信しております
 
 
給料が一度でも下がった会社で働くのは本当に無駄であり、一秒でも早くやめるべき会社の特徴であると強く断言できるので、今回はそのような記事を書いていこうかと!

業績が悪化し始めて会社の終わりの始まりであること

まず会社の給料が下がるということは、基本的には業績悪化によるものが多く、従業員の給料を削るという段階はその中でも特に重たいものだと言えます
 
一度落ちた業績というのはなかなか立て直せるものではなく、そのまま潰れてしまうということも決して珍しくなく、実際に私がいたとことでも給料が下がってからしばらくして倒産した会社がいくつか存在します
 
 
業績が悪化の原因はいろいろとありますが、会社というのは規模を拡大していかなくては現状の待遇を維持し続けるのが難しく、その拡大が止まると今度は反転して縮小に向かうので、終わりの始まりであることが多いのです
 
 
そのような状況で頑張ったとしても給料が増えるどころかいざとなったら真っ先に労働者が切られることになりますし、義理とか以前にどうしようもありません
 
会社なんて営利団体ですし創業者の身内でもない限りは使い捨てされるのがオチなのです
 
 
そんな将来性のないところで頑張るだけ無駄だということが断言できます 

給料は下がる方向には早いけど上がる方向には非常に遅い

私自身いろいろな会社を見てきましたが、会社の給料というのは下がる方向には本当に早いのですが、上がる方向に関しては本当に遅いです
 
下げは最新鋭の戦闘機並み、上げる方向にはナマケモノの移動と同じくらいといっても過言ではありません
 
 
様々な経営者を見てきましたが、下げる方向には下げるのを正当化する理由を探してでも下げてきますが、逆に上げる方向には上げない理由を捏造してでも阻止しようとする会社が多いです
 
会社から見れば支出を抑えたいのはわからない話でもないですし、人件費というのは直接利益に直結しているのが見えづらいものでもありますので削りたくなるし上げたくもないのでしょう
 
 
特に一度下げ始めた会社では今後上がる可能性なんて全くないといっても過言ではないですし、むしろ現状すら維持できるかどうか怪しいといったところです
 
そんな状態では給料なんか上がるはずがありませんし、頑張ったとしても報われる可能性はないのです

 

我慢し続けると「この程度でも働くやつ」と見られてしまう

そうした給料が低い状態でも頑張ったとして、経営者が思うことって「下がった給料をいち早く上げないと申し訳ない」ではなく
 
 
「こんな下がったこの程度の給料でも働くありがたいバカなんだなw」
 
 
としか思われませんので、低い給料で我慢し続けても上がることがないのです
 
何かしら文句や反発があって具合がまずいと思わせない限りは上げる理由も特にないですし、下がった状態でも我慢をするということは他に行くところがないということから足元を見られてしまうことになりやすいのです
 
 
私だって仮に経営者になって給料を下げても人が辞めないし文句も反発もないとなければ別に給料を上げようなんて思いませんし、この程度で使えるなら上げなくていいという思考になってしまいますからね

仕事は増えるのに負担は重くなってうまみがない

給料が下がった環境でも我慢していたとしても、行動力があったりデキる人間は給料が下がった状態に見切りをつけてやめてしまいます
 
しかしそれでも日々の業務が下がるわけでもなく、むしろ業績悪化を食い止めるために普段以上に働く必要があり、人員低下と業務量増加のダブルコンボで一人当たりの負担が大きくなります
 
 
負担が増えたのなら給料増加を求めるのが筋ではありますが、下がった状態ではない袖も振れないのでどうしようもありません
 
 
そうなると労働から見た利益効率が下がってしまうことになり、頑張っているのに給料が下がるというおかしな現象になり、損し続けることになるのです
 
対処法としては自分もとっとと見切りをつけてやめる側の人間になることなんです
 

終わりに・労働者は気軽に職場を変えられるのが強みだ!

そういうわけで今いる職場で給料が下がったらとっととやめたほうがいい会社の特徴であり、我慢しても何一ついいことはありません
 
 
これが経営者とかであれば自分の会社なので逃げることもできませんが、労働者の強みはそういった責任もありませんし、自分の労働力を自分が納得した待遇で雇ってくれるところに行くだけなのです
 
会社に義理とか恩とか言い出すやつもいますが、ぶっちゃけ良くしてくれるところは給料なんか絶対に何があっても下げませんし、そもそも会社が悪化してきたら容赦なく切るのは向こうです
 
 
よって給料が下がったらとっとと見切りをつけて捨てるべき環境であり、頑張る価値のないところで消耗する必要はありません
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
世の中の会社なんて星の数ほどありますし、たまたま一つダメになりそうになっているだけですし、まともな勝ち馬に乗り換えるのは当然のことです
 
そもそも給料を削ってやる気をそぐような会社はかなりのバカ会社でありますし、そういった会社はブラック企業になっていることも多いのでそんな会社は切り捨ててまともな会社へ行くためにもぜひ上記を使ってみてはどうでしょうか?
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事