空気が張り詰めている職場ってあんまりいいことないです

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
職場の雰囲気というのは仕事を長く続ける上で大事な要素の一つですが、やたらと緊張感があって空気が張り詰めており、ピリピリした雰囲気を感じている人って多いんじゃないでしょうか?
 
よくバカ経営者ほど「職場がピリピリすることでプラスになる」ということを言ってる人間を見ますが、ぶっちゃけ私自身の経験としてこんなものは嘘だと思いますし、ぴりつめた雰囲気が苦手だと感じるならとっととそんな職場はやめてしまったほうがいいと断言できます
 
 
今回は雰囲気がピリピリする職場はどうして働く価値がないのかということについて記事を書いていこうかと!

緊張感とはストレスであり、一時的なブーストを常にやっている証拠

ピリピリした空気を持つということは緊張感があるということであり、緊張感とはストレスのことです
 
本来大昔に人間が狩猟民族だった時に外敵から身を守るために危機を察知したり一時的に力をいつもより出せる状態にするというのがストレスを受けることなんです
 
 
そういう意味ではストレスを受けるということそのものは決して悪いことではないのですが、あれはあくまで一時的な能力のブーストであり、常にやるもんじゃないのです
 
例えるなら短距離走の全力ペースは短い距離だからこそ出せるものであり、長距離走のペースでやれば確実に体を壊します
 
 
それと同じ状態であり、ピリピリした空気を常に受けるということは、常に強いストレスを受け続けるということであり、短距離走のペースで終わりなく走れと言われているのです
 
 
間違いなくそのような環境に居続ければ、先に清新のほうがへばってしまいますし、そのへばって緊張感が切れた瞬間にミスしてピリピリした空気の爆弾を一触即発してしまい、一気に悪化してしまうのです

 

緊張感なんかなくても成長はする

よくバカ経営者の言い分として「緊張感があることで成長ができる」ということを主張する奴が多いですが、私の実体験から言わせれば緊張感なんかなくても人は成長できます
 
 
むしろ緊張感を受けてストレスを感じる状況というのは、ある意味では緊急事態であり新しいことをやってる余裕なんかまずありません
 
逆にストレスがない状態で余計な負荷をかけさせないときのほうが物事って覚えやすいですし、延び延びと動けて成長につながりやすいです
 
 
これのいい例として
 
「言われたことは一度で覚えろ!」
 
 
というので、これも一度しか教えてもらえないというプレッシャーを与えて気を引き締めるという狙いがあってやっていますが実際のところは完全に逆効果です
 
余計な緊張感があると失敗したときのダメージが大きいので動けなくなってしまうので結局何もできなくなって成長しないということになりかねません
 
 
更にもう一つ付け足せばこのような職場で成長なんかしても見返りがないことが多いので、それも相まってどんどん自分から動かない人間を作ることになるのです
 

必要な人員配置を行わずに余裕がない証拠

職場がピリピリしていた時にありがちだったのが、会社が適切な人件費を出さないので人が流出し、補充もなく常にぎりぎりの状態で回しているということが多かったです
 
それに伴い1ミスも許されない状態になり、異常なほど緊張感が高まってしまってどうしようもない状況に陥っていました
 
 
会社側はそういった状態に目を背け、ギリギリ回っている状態を「緊張感がある」という曲解して好意的に見てしまうのです
 
会社側からすれば人件費は抑えて成果が出せるならそれに越したことはないですからね
 
 
なので緊張感というのは本当に職場が崩壊寸前であり、さらにそれに対して全く手を打たれないという軽く積んでいる状態であるといっても過言ではないのです
 
そのような意味からも将来性がある会社とは全く言えないのです 

 

終わりに・ピリピリした空気の会社はとっとと辞めてしまったほうがいい

そういうわけでピリピリした会社というのは自分自身が我慢し続ける価値なんか一切ありません
 
ただ単におかしい状態を都合よく言い換えて現実逃避しているだけの言い分なので、かなり危ない状態の会社といってもいいでしょう
 
 
それに自分自身がそういう職場にいても疲弊するだけで何もいいことはありませんし、ぎりぎりの会社だからこそ給料なんかも低い傾向にあります
 
自分自身が務めるメリットは全くなく、百害あって一利なしの職場なのでとっととやめてしまってまともな職場を探したほうがいいでしょう
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
ホワイト企業であれば無駄な緊張感でピリピリした空気を作らないようにしていることが多く、ピリピリがいいとかいうのは経営者がバカな証拠です
 
そんな無能が経営している会社はブラック企業になっている可能性が非常に高いので、そういったゴミ環境を抜け出すためにも上記を利用してみてはどうでしょうか?
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事