昔は夜勤もやってましたが二度とするかって感じましたね

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
様々な会社や職場を見ていると、割と夜勤がある仕事って見かけることが多く、私自身も過去にやっていました
 
そんな夜勤について嫌だという意見を多く見かけますし、ぶっちゃけ夜勤がある業種ってどれも底辺の仕事ばかりで本当に自分はやる価値はないような仕事しかないなって感じます
 
 
他人が好き好んでやるのなら止めはしないし否定もしませんが、少なくとも自分が少しでも嫌だと感じる状況であれば本当にとっととやめたほうがいい職場だと断言できます
 
 
今回は夜勤がある仕事はどうして底辺だと断言できるのかということについて記事を書いていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

収入が250万~300万付近までは簡単に行くがそこを超えることはない

私自身がかつて夜勤をやっていた時に、確かにぱっと見の月収は多く見えましたが、年収換算してみると250万から300万円ほどで実はそんなに多くなかったです
 
実際、この数値は高いと言えるどころかワープア底辺と同じくらいであり、場合によっては生活保護のほうがまだマシといえる程度の給料です
 
 
確かに年収200万程度の壁であれば容易に突破はしやすいんですが、驚くほど300万円の壁が厚く、ほぼ超えることは難しいです
 
 
理由として夜勤の仕事というのは夜勤手当や交代勤務手当といったものがつくのでぱっと見の給料というのは多く感じます
 
しかし手当というのは残業や休日出勤やボーナスといった基本給に掛け算をして算出するものの数値には入らないので給料が本当に伸び悩みます
 
労働時間や勤務日数の割には給料が出ないなと感じるのはこういうからくりがあるのです
 

 
手当がやたらと多い会社は人件費を抑えて逃がさない罠だと断言する!
 
過去関連記事

 
夜勤がある職場というのはこの傾向が非常に強く、高いどころかむしろ安い給料でこき使われているということになるのです 

夜勤をやることで体へのダメージは凄まじいものになる

私自身が夜勤をやっていた時に感じたことですが、夜勤というのは体への負担が非常に大きく、続けると確実に死を意識することになります
 
睡眠時間が確実に不規則になり、まともに寝ることができないので疲れも取れず、仮に危険作業をやってるときに眠気に襲われたら最悪死ぬので取り返しがつかなくなります
 
通勤途中なんかでも車の運転なんかしていて居眠り運転を起こして事故とかになると死ぬだけでなく最悪人を殺してしまうということにもなりかねません
 
 
他にも睡眠が不規則になることで心臓がいつもと明らかに違う動きをしていたり、脳へのダメージが蓄積されて精神疾患やボケに繋がることもあり、予想以上にダメージが大きいです
 
 
こういったリスクを考慮すると先ほど書いた年収300万も行かないような状況で働く価値はなく、むしろお金には代えられないといってもいいほどの重大な問題です
 
だからこそ低賃金と心身へのダメージを考慮すると一切やる価値はないと断言ができます
 

人に使われる仕事だから待遇が悪く好き放題やられる

そして夜勤というのはどうして過酷なのに給料が多くない底辺のワープアに陥るのかというと、人に使われる仕事だから足元を見られるのです
 
この夜勤って強いる側に好き好んで人が寝るような時間帯まで起きて働いている人間って誰もいませんし、搾取する側はきっちりと寝ているのです
 
 
夜勤の仕事で人を動かす仕事って確実に存在しませんし、そのどれもが自分が現場の末端で手を動かす必要がある仕事ばかりなのです
 
はっきり言って替えはいくらでもいるから嫌ならやめろと足元を見られているからこそ、低賃金で過酷な労働を行わなければなりません
 
 
また上記に書いたパッと見の給料の多さで釣れて、年収や心身へのダメージといった広い視野で物事を考えられないバカを集められるからそういった意味でも待遇なんかも上げなくてもある程度落ちぶれた人が集まるのでどうにかなってしまうんです
 
これらの理由から夜勤の仕事というのは例外なくどれもが底辺になってしまうのはそういうことなんです

終わりに・夜勤が少しでも嫌だと感じるならとっととやめたほうがいい

もし自分が好き好んで夜勤をやっているなら私は止めないですし全然問題ないと思います
 
しかし本当に少しでも何かしらの不満があっていやだと感じるのであれば、それはもうとっととやめないと取り返しがつかないことになる可能性があります
 
 
はっきり言って夜勤なんてのは自分が過酷な環境で薄給で他人に使われる環境であり、まったく割に合わない職場しかないと断言できます
 
よって夜勤が嫌だと思うならその職場にいる限りは逃れることができないので、とっとと環境を変わらないと夜勤からは脱出できません
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
そもそも夜勤なんてある時点で人の健康よりも仕事優先って感じの会社が多く、はっきり言ってブラック企業しかないといえます
 
人間は夜寝るようにできていますし、その当たり前ができないのは底辺で人扱いされていない証拠なので、最低未満の環境からはとっとと抜け出すべきなので上記を活用してみてはどうでしょうか?
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事