帰れないなら金は請求するべき!

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事で自分がミスしてしまったときに残業する必要がある時って存在しますが、その時に残業代を請求しようとすると
 
 
「お前、自分がやらかしたことで余計に残業代を請求するっておかしくないか?」
 

 
といった感じで上司から咎められてしまって泣く泣く無償でサビ残してしまったという人って結構多いんじゃないでしょうか?
 
 
結論を言ってしまうと、はっきり言ってそんな意見は徹底的に無視して、業務命令で残業しなければならないのなら残業代は容赦なく堂々と請求するべきです
 
ぶっちゃけそうやって渋ってくる会社にはろくな会社がないので場合によってはとっととやめてしまったほうがいい会社の特徴であると強く断言できます
 
 
今回は自分のミスで残業をしなければならない時でも残業代は請求するべきだということについて記事を書いていこうかと!
 

ミスで無償残業が許されるなら、利益が出たときに臨時ボーナスを出すべき

確かに自分のミスで残業をして割増賃金をもらうというのはおかしいという意見もわからなくもないです
 
しかしそれって逆を言えば想定されている利益よりも多く上げた場合には問答無用で臨時ボーナスを常に出すということをしなければ不公平でありますが、残業代を渋る会社って絶対にそういうことはしませんし、そういう時は「給料は決まっている」と絶対に言ってきます
 
 
なのでこういう理由で残業代を渋ってくる会社ってのは結局自分たちに都合のいいようにコロコロ言い分を変えるだけで中身は一貫していません
 
例えるなら権利は主張して義務は押し付けてくるだけのフェミニストのクソ集団と何も変わらないのです
 
 
会社が時給で人を雇うということは、人を拘束した時間を使って利益を出すのは会社の責任であり、また通常は人が一定のミスをすることを想定しておく必要があります
 
だからこそ経営者は利益がうまく出せたときは従業員からピンハネするので会って、責任は押し付けるけど利益は取るということは筋が全く通ってません
 
 
一見すると正論に見えるのですが、実は前提条件がおかしい暴論でしかないのです 
 
 
ブラック企業の正論っぽい言葉は全て暴論!前提条件が間違ってる!
 
過去関連記事
 
 
そもそも残業というのは命令があって時間外に拘束されることであって、自分がミスしてリカバリしろって命令されてるなら立派な業務命令です
 
もし無償であるということであれば仕事でないので完全に放棄してかまわないということになりますし、命令があれば残業代を請求するというのは労基法にも記述されていることです

 

反省文や始末書などを書かせる時間も当然残業代を請求するべき

そして何かあったときに反省文などを書かされることってブラック企業にはありがちで、これも残業代を請求するべき案件です
 
よく「自分が反省しているから自発的に提出するんだろ?」みたいなことを命令しておいて言ってくることが多いのですが、反省の強要ってのはできませんし、裏では「うるせぇバカ死ね!」くらいにしか思ってないので全く意味がないのです
 
 
となると反省文や始末書というのは
 
 
・何かあった事例を記録しておいて次への対策を行うためにする
 
・やらかした記録をつけておいて人事の査定や懲戒などの参考資料に使う
 
 
というどちらかの意味合いになることが多く、これらも十分業務命令として言える案件です
 
 
しかしそもそもが反省文や始末書を書かせる職場そのものがかなりの底辺ブラック企業であり、別の意味で辞めるべき会社の特徴とも言えますが・・・
 

仕事のミスで反省文を書かせる職場はブラック企業だと断言する! 
 
始末書を書かせる職場はやめるべきブラック企業の証と断言する!  
 

過去関連記事

査定が下がるという意見もあるが、残業代を渋る会社には査定はない

そして自分のミスで残業代を請求することは法律上は認められているが、査定なんかに影響があるからやめておいたほうがいいという意見をよく見かけます
 
しかし私自身がいろいろな会社を見て感じたことですが、そうやって不当に残業代を抑制しようとするところは人件費をいかに抑えるかということしか頭になく、査定というのは機能していません
 
 
上記に書いたように利益を出しても給料は増えませんが、逆を言えば何かをやらかしたところで下げるものが最初から何もないので人事評価が下がろうが関係のない会社が多いのです
 
 
 
ちょっと意味合いは違いますが
 
 
残業すると評価と査定が下がるような職場は辞めるべきだと断言する!
 

この過去記事なんかで結局は最後はなんだかんだ釣り合いをとってくるので頑張ろうが頑張るまいが給料は一定なのです
 
であれば無いような査定というものは気にしなくていいですし、それなら目先の確実に獲得できる残業代を得たほうが結果的に自分の利益になるのです
 

同僚から疎まれる場合は同僚が全員社畜になっている

こういう自分のミスで残業して残業代を請求して給料を増やすということをやっていると同僚から「ずるい」という感じで疎まれることがあります
 
ぶっちゃけ私自身は「ずるいとか思うくらいならお前らもやればいいのに」としか思わなかったですし、仮に同僚がずるいことをやっていたら自分に危害があること以外は真似しようと思うくらいです
 
 
結局こういう連中は骨の髄まで会社に飼いならされており、労働者であるのにも関わらず経営者目線になっていて自分自身の利益を考えることができないバカであると強く断言します
 
そんな連中とつるんでいたとしても自分も損させられる側に落とされるだけで何もメリットがないのです
 
 
そういう意味でもこういったことを批判してくる同僚がいる環境というのは、真っ先に逃げたほうがいい底辺の巣窟であると強く断言できますし、そういうのから逃げないと自分が損させられるだけなのです
 
 
そんな簡単なこともわからないバカだから会社から社畜として飼いならされてしまっているので、そういった連中の意見はガン無視でいいのです

終わりに・拘束された時間分はきっちり請求すべき!出来ないなら辞めるべき!

そういうわけで拘束されているからには自分のミスだろうがしっかりと残業代を請求するべきですし、当然の権利です
 
しかし世の中にはこういうことで渋って不当に出そうとしない会社がかなり多く存在しており、そういう会社は例外なく自分自身に不利益を押し付けてくるだけのブラック企業でしかありません
 
 
こういった会社では間違ったことが正論として曲がり通っているので、長居をしてても自分自身が損させられるだけで何もいいことがないのです
 
またそうやって人件費をケチる会社だからこそ給料も低い傾向にあり、自分自身の利益がないのでとっととやめるべきブラック企業であると強く断言できます
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
そもそもホワイト企業であれば残業代はすべてきっちり出すことが当たり前であり、そんな当たり前をやらない会社は働く価値がない底辺のゴミです
 
だからこそまともな環境に移るべきですし、そういった会社を探すためにもぜひ上記を活用してみてはどうでしょうか?
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事