ぶっちゃけこういうプレッシャーかけてくる奴らって例外なくバカばかり

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事をやる上でミスというのは無くしたいものの一つですが、それを過剰に警戒して「ミスを絶対にするなよ!」って圧力をかけてくるバカ上司ってのは世の中にかなりいます
 
私自身がこういうやつらを何人も見てきたので断言できることですが、このような上司というのは例外なくバカな無能ばかりであり、上司としての素質を持ってない奴らが多く、そんな連中の下で仕事をしてもしんどいだけでいいことはありません
 
 
更にはこういうゴミのせいで自分自身がつぶされることが多く、手遅れになる前にそんな連中が居る会社はとっとと縁を断ってしまったほうがいいのです
 
今回は「ミスするな!」と圧力をかけてくるゴミがいる職場はどうしてやめるべきかということについて記事を書いていこうかと!

ミスするな!と圧力をかけられると失敗するように人間はできている

まず人間の脳の不思議な点ですが、ミスをするなと圧力をかけられてしまうと、ダチョウ倶楽部のコントのように逆に失敗してしまうことが多いです
 
もちろん私もそういった圧力をかけられ、常にミスを連発するくらいのポンコツになっていましたが、今から思うと圧力をかけてきた人間が100%悪いです
 
 
ミスをしてはいけないと自分を追い込むことでストレスが溜まって本来の動きが出来ず失敗し、それを補おうとして余計に失敗するという感じで一度転がるとどんどん取り返しのつかないことになります
 
逆に「失敗はいくらでもしていい」ということを言われて安心感がある職場ほど失敗は少なかったですし、プレッシャーというのはかけたところで何もいいことはありません
 
 
私自身の経験ですが、ミスというのはミスを意識してしまうからそこに引っ張られてしまう感じで、ミスをなくすことよりも上手くやることを意識する方向にもっていくとやりやすいです
 
車の運転に例えると、まっすぐ走らないといけないと思って手前だけ見ていると蛇行運転になりますが、遠くの目標を見て運転すればおのずとまっすぐ走れるようになる現象と同じことなんです
 
 
そう考えると「ミスをするな」ってのは「ミスをしろ」って言われているようなものであり、対策としてはそういった抽象的なことではなく、具体的に何をすればいいのかということを言うべきなんですよね
 

ミスを過剰に許さなく、それによって異常に怒られる環境であること

ミスが誘発される職場の特徴として、やたらとミスを異常に敵視して、それをしてしまうことで怒られたり怒鳴られたりすることで安心感がなかったり恐怖がある職場が多いです
 
確かにミスというのはないことには越したことがないのですが、そうやって過剰に怒鳴りつけたところで、体が恐怖でこわばって余計にミスを誘発するだけでしかないのです
 
 
それで余計に「ミスするなといっただろう!」という感じで言っても聞かないやつみたいなことを口実に余計に怒られる要因になってしまって・・・という負の無限ループに陥ります
 
 
間違いなくこういった環境はミスを許さないという意識が問題であり、そもそもミスは起こるものでありどのように対策をするかって考えてる職場ほど安心感がありミスが少ないのです
 
上記にも書きましたがミスをなくそうとするのはミスを誘発することと同じことです
 
 
 
中には1ミスで文字通り命取りになるような職場も存在し、そういったところでは過剰にミスを警戒するのもわからない話でもありません
 
しかしそういった職場は仕事そのものが過酷な底辺であり、命がけの仕事なのに割に合わない会社が多いので別の意味でとっととやめたほうがいいのです
 
 
「きつい、汚い、危険な」3Kは給料安くて就職する価値なし底辺職だ!
  
過去関連記事
 

ミスを誘発されたのにも関わらず、ミスした負い目から自分を責めてしまう

上記のように言われていたのにも関わらずミスをしてしまったという負い目から自分を責めてしまいがちになってしまい、それに伴い自信を無くしてしまうというのはよくある話です
 
確実に悪いのは会社や上司のせいであるのにも関わらず、実際にミスしたのは自分だということから反論できないということが多いです
 
 
例えるなら道端で足払いをかけられてすっころんだにも関わらず、足をよけなかった自分が悪いって言ってるのと同じことです
 
そういう風に考えるとどう考えてもおかしいのは転ばしてきたほうですし、会社にたとえるならミスを誘発した側です
 
 
バカ上司は自分がミスを誘発していることに気が付かないか、もしくはわかっててパワハラを仕掛けるためにわざとやっているか、どちらにせよかかわる価値がないゴミだということだけは間違いなく断言できます

終わりに・こういう馬鹿がいる会社はとっとと辞めてしまったほうがいい

そういうわけで「ミスするな!」という圧力をかけてくる連中は例外なくバカな上に、全員がパワハラ傾向にあるといっても過言ではありません
 
そのような連中のいるところで仕事をしてもわざと失敗させられ責任を押し付けられてサンドバックにされて最後は病むだけです
 
 
また、そういった無能がいる会社は労働者を最大限生かすことができないので利益率も低い傾向にあり、それに伴い給料も低いことが大半です
 
そういった精神面や報酬面の両方で居るうまみは全くなく、むしろ長居すれば損するだけのブラック企業の可能性が非常に高いので、とっとと辞めるべき底辺であると強く断言できます
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
ホワイト企業の人間はこのあたりのこともよくわかっていて、ミスに対して柔軟かつ安心感のある対策をとっているからこそ利益が出せる会社が多いです
 
しなくていい苦労を避けることは楽するだけでなく利益の取得にもつながるので、ゴミ底辺をやめてまともな会社へ行くためにも上記を活用してみてはどうでしょうか?
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事