こういう会社で頑張るだけバカを見る!

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
私自身過去に仕事をしていた時に、とあるときに仕事がとても多く入ってきて会社での仕事が忙しくなる時期がありました
 
その結果として売り上げや利益が大きく増えた時がありまして、社内では喜びの声が上がってるのにも関わらず私自身は全く嬉しいとも何とも思わなかったです
 
 
経営者から見れば確かに喜ばしいことかもしれませんが、労働者側も喜んでいるのを見ていると全然共感が持てませんでした
 
私がかつていた会社はどれだけ利益や売り上げを増やしても決して給料が増えない会社であり、そういう会社だからこそ冷めて物事を見ていましたし、今から思っても間違ってなかったなと確信しています
 
 
今回はどれだけ売り上げや利益を増やしても給料が上がらない会社はとっとと辞めてしまったほうがいいということについて記事を書いていこうかと!

利益がないのに仕事がしんどくなるだけ

もし仕事を頑張ることで給料などで見返りがあるならたくさん仕事をこなすメリットってのはあると思いますし、そういう環境であればどんどん頑張るのも悪くないんじゃないかなと思います
 
しかしこういう見返りがない職場で仕事を頑張ったところで、給料は増えずに仕事量だけ増えることになり、結果的に労働の価値が下がるのと同じことです
 
本来であれば頑張った分だけ給料が増えるべきなのですが、逆であれば頑張らないほうが得であるということですし、ちょっとでも頭のいい人間はそういうことに気が付いてしまって手を抜くようになります
 
 
よく経営者が
 
 
「売り上げや利益が上がったことはいいことなのになんでお前は喜ばないんだ?」
 
 
ということを言われた経験がありますが、自分が損している状況を喜べる人間ってのはそういません
 
確かに経営者側から見れば利益や売り上げが上がることは好ましいのですが、労働者に還元するという姿勢がない経営者は確実に労働者とは目線が違う生き物なので素でどんどん搾取してきます

 
やはり労働者は労働者目線で物事を考えるべきですし、違う目線の人間の意見というのは全く中身がないものです 

気が付いた頭のいい奴からやめていく職場であること

そうして頑張っても利益が増えるどころか仕事量だけが増える環境であれば、頭の回転の速い奴はそういった環境に長居をすると損をしていくだけということに真っ先に気が付きます
 
更に言うと頭の回転がいいやつって基本的に仕事ができる人間が多く、主力となる人間からどんどん抜けていくということになっているのです
 
 
 
その結果として組織がどんどん弱体化していき、最初のほうは人件費が削減できたと喜んでいたバカ経営者も、後からまともな人員がいなくなったということに気が付き、そうして利益と人手の両方の不足からブラック企業になってギリギリ生きてるゾンビになってしまっているということはよくある話です
 
 
頭のいい人間は真っ先に自分の利益を計算しますし、それが減っていく環境であれば抜けるのは当然ですしね

残るのは労働者なのに経営者目線になってる頭の悪いバカばかり

そして見返りがないのにも関わらず売り上げや利益増加を喜べる人間というのは、よく飼いならされた社畜ばかりであり、労働者であるのにも関わらず経営者目線になっている頭の悪いバカしか残りません
 
別に経営者目線そのものは悪いことじゃないのですが、置かれた立場と自分の利益がどうすれば最大になるかという目線がずれているという点については間違いなく頭の地力がないバカだと断言していいです
 
やはり労働者であれば経営者目線ではなく労働者目線で利益を考えるべきなのに、それをせずに経営者目線になって自分から損してくれる存在って経営者から見ればありがたい存在を通り越して搾取しやすいバカ扱いだと感じます
 
 
そうした人間は同じ労働者同士で損や理不尽を押し付けあったり、自分から損をしていくような連中ばかりであり、また地頭がすごく悪いので仕事が出来ないような人間が多く、それに伴い仕事がしんどくて楽になることがなく、また効率よく仕事をするのではなく苦労すればいいということを脳死で思っている人間が多いので苦労が非常に多くて利益が少なくなります
 
 
そういった環境から余計にまともな人間が辞めていき、最後まで残るのはどうしようもないバカの巣窟になってしまい、それに巻き込まれたところで自分への利益というのは一切ありません
 
目先の金銭面のメリットがないところは長期的に見ても利益がないのです

終わりに・頑張っても見返りがない職場は今すぐやめたほうがいい

そういうわけで頑張って売り上げや利益を増やしても労働者に還元されない職場は自分視点で見て損しかしない職場の特徴であり、とっととやめてしまったほうがいいのです
 
更にそういう会社ほど「信賞必罰」って言葉をやたらと使いますが、実際には信賞部分がなくて、何かと理由をつけて必罰部分ばかりある職場なのでメリットが本当にありません
 
 
頑張れば頑張るほど損しかしない会社は本当に長居する必要がない害悪のブラック企業であり、とっとと辞めるべき環境と断言できます
 
よってそんな環境はとっととやめてもっと報われる環境に行くべきです
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
ホワイト企業のほうが頑張った時の見返りがあり、そういうところで働いたほうが絶対に長い目で見て得です
 
よって頑張る価値のないクズ企業で働く労力と時間があるならまともな会社を探して環境を変えたほうがいいので、そういった環境に移るためにもぜひ上記を活用してみてはどうでしょうか?
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事