土曜日出勤ありの職場にまともなところはないと断言する!

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事をしていたり求人票を見ていると
 
 
「土曜日出勤あり」
 
 
というのを見かけたり当事者になったりすることって時々あると思いますし、せっかくの休みだと思った日が仕事でつぶされるというのは精神的にかなり来るものがあります
 
私自身も過去にそういう経験をしましたし、最初のころは「社会ってこんなもんか」って思っていましたがはっきり言って全く普通じゃないですし、絶対に流してはいけません
 
 
結論を言ってしまうと土曜日出勤ありって会社は例外なく今すぐにでも辞めるべきゴミのようなブラック企業しかなく、当たり前だと受け入れずにとっととやめるべきだと断言します
 
今回は私の経験談をもとに土曜日出勤ありの会社はどうしてごみなのかということについて記事を書いていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

平均よりも休みが少なく労基法違反に接触する

日本の労基法での最低限の休みというのは105日であり、これって一年のうちに土曜日と日曜が完全に休みであることに加えてどこかでもう一日休みでないといけません
 
さらに土曜日出勤しなければならない会社というのは人手不足か仕事が過剰にあるかのどちらかで、完全に職場がこなせる仕事量を上回っており、休みが減ることはあっても増えることは絶対にありません
 
 
仮に「月に1度土曜日出勤あり」とか書かれていたら全部ないと思っても決して大げさではないくらいです
 
 
ただでさえ少ない休みが削られるとなると、労基法違反の最低ラインである105日を簡単に割ることが多く、ブラック企業は体感で面接で表示されている休みが20~50%減らされると思うと土曜日は出勤禁止くらい言ってくれないと信用できないくらいです
 

 

土曜日出勤ありでもなしでもさほど給料が変わらないので休みがあったほうが得

そして私自身が似たような業界を転々としたときに、似たような仕事であるのにも関わらず土曜日出勤ありの会社もなしの会社も給料に大きな差はないです
 
これがやることが同じであれば売り上げも似たようなものであり、差別化するなら支出を抑える側だったり仕事の効率を上げる方向でしか利益率を上げることができないからです
 
 
そうなると土曜日出勤ありの会社はなしの会社に比べて効率面で劣ることが多く、それを勤務日数でカバーしなければならなく、その結果として出勤日数が違うのに給料は同業と変わらないことになります
 
同業者が休みの中、自分は働かされているのにもかかわらず、リターンが同じとなったら働くだけ損をした気分になりますし、給料が同じくらいなら休みが多いほうが利益率は上です
 
 
土曜日出勤の会社はそれだけ利益率が悪く無駄が多かったり、待遇や環境が悪いから人が集まらないので利益が出せないという傾向が強いのです
 
土曜日に出勤しなければならないという事実もクソですが、それに至る背景のほうがクソだと言えます

純粋に体力や精神面でしんどく、プライベートが削られる

そして勤務日数が多いということはそれだけ体力や精神面を削られることになるので純粋にしんどいです
 
本来なら休んで回復に回すべき時間を働くとなれば疲れの増え方は2乗になるといっても過言ではないのです
 
 
そうして純粋に削られた時間と、消耗しすぎた体力で身動きが取れず、プライベートの行動に大きく制限がかかり、活動することもできません
 
 
また世間は土曜日休みというのは一般的なものであり、友人などと休みを合わせることができなくなるというのも大きな痛手です
 

シフト勤務ならそもそも仕事内容が底辺

こうなると土曜日休みじゃない仕事は悪だということを断言できるのですが、そうなるとシフト勤務によって休みがばらばらの会社はどうなるの?って話になってきます
 
結論を言ってしまうと、シフトの場合はそもそもシフト勤務の仕事が既に底辺であり、別の意味でとっとと抜け出すべき環境なのです
 
 
食べ物に例えるなら旨いマズイ以前の問題に腐ってて食い物じゃないって考え方がしっくりくるかなと
 
 
そもそもシフト勤務は人手不足をどうにかごまかすためだったり、人のための仕事ではなく仕事のために人が使われているような底辺環境であり、シフト勤務の仕事に給料と休みが多いものは存在しませんし、どれも平均を余裕で下回るものばかりです
 
私自身もかつてシフト勤務の仕事を過去に何度もやりましたが、どれも例外なく底辺職ばかりであり、また職場側も「嫌ならやめろ」という態度でいることが多く、実際にそういう底辺でしか働けないような質の悪い人間が集まります
 
そんな人らでも出来る・・・というかせざる負えない仕事ばかりであり、そういった意味でシフトの場合はそもそもが働く価値はないのです
 
 
シフト勤務の仕事は就職を避けるべき底辺であると断言する!
 
過去関連記事
 

終わりに・土曜日出勤ありは当たり前ではなく異常なこと

そういうわけで土曜日に出勤がある職場は決して当たり前ではなく異常なことです
 
少しくらいなどと思わずに一日でもあるほうがおかしいと言えますし、決して我慢なんかしてはいけません
 
 
また私自身が数々の職場を経験して感じたことですが、土曜日出勤しなければならない会社は休日面でなく待遇面や人間関係も悪い傾向にあり、職場のごみっぷりとそれらのクソ要素は比例するように感じます
 
利益が少ない効率の悪いことをしているから休日が減らされ、それに伴い人件費に回す余裕がないのでまともな人間が辞めていき、残るのはゴミみたいな人種なので人間関係が悪くなるという理になかった負の無限ループが発生しているのです
 
 
よって土曜に出勤がある会社は働く価値のない底辺であると強く断言できるので、とっととそんなブラック環境は抜け出してまともな職場を探すべきです 
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
ホワイト企業であれば土日祝休みは標準であり、むしろそれらは当たり前のことであり決して贅沢でもないのです
 
よってそんな当たり前すらない会社はゴミだと断言できるので、土曜出勤ありの会社にいるならまともな職場に移るためにもぜひ上記を活用してみてはどうでしょうか?
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事