ぶっちゃけミスを隠したくなるような職場って働く価値がない!

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
誰しも仕事でミスすることってあると思うんですが、その時の対応って大きく分けて
 
 
・正直にその場で上司に報告する
 
・ミスを隠そうとする
 
 
という2択のどちらかじゃないかなと感じます
 
私自身も最初のころは正直にミスしたと思った瞬間に上司に報告したりしていたのですが、だんだんとミスを隠したくなってきて最後まで出さないようになってきました
 
 
私のように仕事でミスを正直に報告したくないって感じる人って多いんじゃないかなと思いますし、もし正直に報告したくないって感じる仕事は職場に問題があるケースが多いです
 
自分自身はミスしたという負い目を感じて自責してしまうでしょうけど、ぶっちゃけこういう職場ってのは確実に離れたほうがいい職場の特徴であると強く断言できます 
 
 
今回はどうしてミスを隠したくなるような職場はとっととやめるべきなのかということについて実体験から分かったことを記事にしていこうかと思います!

ミスを報告すると怒られてしまう環境であること

まず第一に、ミスを報告すると怒鳴られて徹底的に怒られるような環境であることが多いです
 
これに関しては「自分がミスしたのだから仕方ない」と思うかもしれませんが、案外そういうところのミスというのは誘発されているのです
 
 
確かにミスをしたというのは自分ですが、それに関して責める会社というのは、正直な人間の芽を潰すことになり、報告しても怒られると思ってしまうとミスを隠したくなるものです
 
そういった状況では報告しても助けてもらえないと感じるようになり、労働者の会社への信用がどんどんなくなってしまうのです
 
 
こういう会社ほど最初に「ミスしたときにちゃんと報告すれば怒らない」などと言いながら実際に報告を行うと親の仇のように責められてしまうので報告する気が失せてしまうのです
 
更にミスを隠そうとして発覚した時には「ミスを隠したことを怒っているんだ!」なんか言われますが結局同じことです 
 

どうせミスをしたときに報告をしても怒られると感じた時には、人はわざわざ自分から怒られる行動をとることがなくなります
 
 

 

ミスを隠しきれたほうがメリットが大きい

そうしてミスを報告してもしなくても怒られるということであれば、ミスを隠したほうが怒られずに済むというメリットがあり、それならどうせ積んでいるなら可能性のあるほうに賭けるということになってしまいます
 
もしミスを隠しきれたら怒られずに済みますし、仮にバレたところでどっちにしろ怒られるだけなので、ミスを隠すというのはハイリスク・ハイリターンでもあり、報告して絶対怒られるよりはリターンが上だと言えます
 
 
仮にミスを正直に報告することで怒られずに済み、すぐにミスに対してリカバリをしてもらえるような環境であれば報告をすぐにしたほうがいいので出てくるのですが、上記に書いたように怒られるだけで一方的に嫌な思いをするだけであるなら隠しきれるというワンチャンスに賭けたくなるのも無理はないでしょう
 
 
結局こういう職場はパワハラ傾向が非常に強く、何をやっても怒られる環境であり、それなら目を付けられないようにするというのが最善策という恐怖政治におびえながら仕事をする環境になってしまっているのです

ミスを許さない環境になり行動がとれずに衰退していく

更にこういう職場はミスを鬼の首を取ったかの如く責めることで「絶対に失敗が許されない環境だ」ということをどんどん刷り込まれていき、最終的に労働者が「自分から動くのは損」と考えてしまうようになります
 
その結果として自分から動く人間は育たなくなり、誰もが失敗を恐れて動かなくなるんですよ
 
仮に結果を出したところで何か利益があるわけでもなく、失敗したら損しかないとなれば私だって出来るだけ動かないようにするようにしますからね
 
 
世間での伸びる会社の傾向を見ると、失敗をしても許してもらえたり上司からフォローしてもらえるという心理的安心感から大胆な行動が出来て、それが利益につながるということが多いのですが、それと真逆のことをやっているのです
 
事実、ミスを隠したくなるような職場ってみみっちいことばかりやっていて、利益や事業が小さいようなカス底辺と言っても全く問題がないような職場ばかりで、その多くがどんどん衰退していました
 

 
はっきり言って会社や上司が腐っていて保身に走っているからこそ、組織が衰弱していって最後は倒産するようなところばかりなのです
 

 

ミスが取り返しのつかない状態になるまでわからない爆弾に変貌する

そうして一番危険なのは、仮にミスをその場では隠していたとしても最後の最後で取り返しのつかない状態になってから初めて発覚するという爆弾を抱え込む可能性がある職場であるということです
 
初期段階ならパパっと直せるものでも、後からでは取り返しがつかなくて下手すればそのミスだけで会社が消し飛ぶなんてことも十分にあり得るのです
 
 
そういうミスが発覚した時に「何でもっと早く報告しなかった!!」といって責め立てられたりしますが、ぶっちゃけ報告しても責め立てられるなら報告しないほうがましと思われている会社に問題があるのです
 
 
私自身が居た会社でも、いつも一挙一挙の行動にケチをつけてミスがあれば重箱の隅をつつくような会社にいましたが、そういう会社でミスがあったときに怒られることを恐れて最後まで隠していたところ、最後の最後で発覚して経営が怪しくなるほどの大打撃に発展したことがあります
 
 
そういった爆弾を抱え込んで倒産などに巻き込まれるリスクというのははっきり言って非常にバカバカしいものだとは思いますが、そういうことをやっている会社が悪いのです
 
常にパワハラ傾向の環境に晒され、最後は倒産の巻き添えを食うリスクを考えたら長期的にも短期的にも在籍する価値がある会社とは言えないでしょう

終わりに・ミスを隠したくなるのは職場に問題があると断言する!

そういうわけで仕事のミスを隠したくなるのは自分のせいではなく会社がパワハラ傾向にある問題のある会社だと断言できます
 
なので常日頃からプレッシャーを与え続けられ、ミスを誘発され、それを責める口実にしてサンドバックにされているからこそ会社に恐怖を覚えて信頼を感じなくなるのでそういった問題が発生するのです
 
 
ミスをしたという負い目から自分を責めてしまいがちですが、実際のところは環境が悪いと強く断言できますし、とっとと辞めたほうがいいブラック企業であることが大半です
 
もしミスを報告しても問題ない会社であればいの一番に報告を自発的に行えるはずですし、ミスを責めるという愚行をやって報告が上がらなくしてるアホ会社はとっとと辞めてしまったほうがいいでしょう
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
ホワイト企業として伸びる会社の特徴として、ミスは改善の宝庫ということで挙がってきたことを責めるどころか逆に褒めるくらいの会社が多いです
 
ミスを隠したくなる会社ははっきり言って職場が悪いと断言できるので、そんなゴミのような職場はとっとと捨ててまともな職場へ行くためにこういうのを利用しては如何でしょうか
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事