こういうことを言ってる会社は高確率で地雷です

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
面接なんかでどういう人材像を求めているか聞くと、高確率で返ってくる回答の一つに
 
 
「今いる人間ではできないようなことに挑戦して新しい風を会社に入れてほしい」
 
 
ということを言われることってかなり多いですし、私自身も過去に何度も言われました
 
 
ぶっちゃけこれって面接で求職者が何もないときに使う潤滑油くらいの言葉であり、こういった言葉が出てくる会社は落ちていくだけの就職する価値のないカスみたいな会社が多いです
 
私自身もこういうことを言われたことがある職場に行ったことがありますが、ものの見事に地雷しかなかったですからね
 
 
今回はこういう「新しい風」というのを求職者に期待する企業はどうして就職価値がないのかということについて私自身が実体験から感じたことを記事にしていこうかと!

裏を返せば「今いる人間は改善改革ができない無能です」って言ってるようなもの

この外部からの人間に改善改革を期待しているってことは、裏を返せば今いる人間は新しいことができない無能ですって言ってるようなものです
 
これについては後述で詳しく書きますが、実際これは当たっており、現状は何かいけないとは思いつつも何も打つ手がないといった感じで落ち目の会社がものすごく多く、落ち目だということはそれだけ利益率が悪く待遇や給料面も期待できず、薄給激務に陥っている可能性が非常に高いです
 
 
そういった状況から能力のある人間は嫌気が出たり、見切りをつけて逃げ出したりしていることが多く、残っている人間はどうしようもない老害ばかりで、本当に時代に取り残されるしかないなと強く感じます
 
 
落ちていくだけの会社って維持するだけで精いっぱいであり、そういう会社はブラック企業になって従業員を絞りつくさないと生き残れないようなゾンビになっており、近寄るだけで自分が吸われてしまうので働く価値がないのです

 

こういう職場で提案をしても「前例がない」と却下されるだけ

私自身が過去に「新しい風を吹かせてほしい」と言われた会社に就職したときに、社会人経験が少ない新人でも明らかにおかしいとわかるようなことが多々ありました
 
それらに対して何かしらの意見をしても
 
 
「そういったことは前例がないからできない」
 
「今までそのやり方でやってきたのだから問題がない」
 
 
といった形で頭ごなしに否定されてしまいます
 
 
これが先に書いた「自分たちでは改善改革ができない無能」にあたる部分であり、そういった何も変わらない状態に優秀な人が辞めていってしまっていることが多いのです
 
 
結局は新しい風とか言いながらも、新しいことをやろうとしても頭ごなしに前例がないと言ってやらずに腐っていくだけであり、言ってることとやってることが本当に真逆なんです
 
そもそもちゃんと言って改善される職場であれば、元からいた優秀な人がとっくの昔に改善を提案して行っているはずですからね

そもそも入ってすぐの人間にそんなことをする裁量は与えられない

そしてこれはどんな会社に入っても感じたことですが、基本的に入ってすぐの人間というのは事実上の人権がなく、完全に職場内での身分は最底辺です
 
そんな人間に何かをやる裁量は与えられておらず、意見をすれば生意気だといわれるだけでしかありません
 
 
もし仮に新人にそんな今まで変わらないようなことを劇的に変える能力があれば一人で会社を興したほうが手っ取り早いですし、今まで何年も悪い意味で変わらなかったものが昨日今日来た人間に変えれるわけがないですし、そもそもそんなことをしてやる義理も義務もないのです
 
 
結局は口先だけ「新しい風が欲しい」とか言って、シャッターを締め切って風を通さないようにしているバカ企業が本当に多いのです
 

終わりに・はっきり言って自分の会社は地雷ですってアピールしてるようなものだ!

そういうわけで「新しい風」とか言ってる時点で、会社が自分は無能なバカの地雷ですってアピールしているようなものであり、そんな会社は就職する価値なんか一切ありません
 
 
はっきり言ってブラック企業がゾンビになって無理やり生きてるような会社ばかりであり、もし仮に新しい風を取り入れるのならば経営陣を一掃しないといけないような会社が本当に多いのです
 
そもそも元から風通しがよく、新人でも平等に発言権が与えられている職場であれば、わざわざ新しい風なんかわざとらしく求めなくても常に風通しがいい会社になっています
 
 
風通しがよくなく空気が濁ってカビが生えたような会社には就職する価値はないので、そういったブラック企業は避けて入社をするべきだと断言します
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
ホワイト企業というのは新しい人間の意見にも言われなくても耳を傾け新しいことを取り入れているからこそ利益率が高い会社が多いです
 
改善の見込みがないような落ちていくだけの会社は避けて、こういった将来性のある会社を目指すためにもぜひ上記をご活用くださいませ!
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・就職Shop

企業はすべて100%取材を行って事前に下調べを行っており、職場の状況や待遇なんかも情報が豊富!
業種や対応地域も幅広く7000社もあり選択肢が豊富です
社会人未経験でも利用でき、4人に3人は正社員未経験の方の相談実績あり!
現在は電話対応にて活動ができるので遠隔地でも問題なく対応してます

コロナで就職や転職難になった人向け!
不景気だからこそ転職保証があるプログラミングスクールを利用すべき!
未経験からでも受講してIT技術を身に着けた上で転職保障で就職先を確保したい人向け  

30歳以上でも大丈夫!年齢制限が高い転職エージェントを集めてみた! 
年齢制限が多いエージェントの中から比較的年齢制限が緩くて利用できるものを特集しました  
おすすめの記事