新卒至上主義の会社って滅茶苦茶やばいところしかないなと・・・

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
会社というのは事業規模を大きくしたりするためには採用を行う必要があります
 
その採用についてなんですが、新卒しか採用しない「新卒至上主義」の会社がいくつか存在し、中途は入れないという会社があるんです
 
 
結論を言ってしまえばそういう会社は入社しないほうがいいゴミみたいな会社なんで中途で避けてくれるのであればむしろ逆に喜べるんですが、問題は新卒の場合です
 
私自身もいろいろと会社を見てきたのでわかるんですが、新卒至上主義の会社ははっきり言って今の時代ではろくでもない会社ばかりです
 
 
ある意味ではこれもバブル期の負の遺産の一つですし、今でもそのままの会社ってどこも危ないんですよね
 
今回は新卒至上主義の会社はどうして入社を避けるべきブラック企業なのかということを記事にしていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

中途採用だと騙せないような劣悪なブラック環境であること

まず間違いなくこれなんですが、中途採用みたいなほかの会社の経験があると自社と簡単に比較されてしまい、あまりにも劣悪な環境であることがばれてしまうのですぐ逃げられます
 
新卒ってほかの環境を知らないことが多く、多少環境がひどくても、「おかしいのは自分なの?」と思ってしまい逃げるのが遅いという特徴があります
 
 
よく仕事を辞めることで辞め癖や逃げ癖がつくということを言われる事がありますが、あれって実際はたくさん経験をすることで判断材料を多く獲得することで、より逃げるべきかどうかという判断が容易になっただけなんです
 
むしろあれって人を騙せなくなったブラック企業が逆恨みで発した言葉なんで気にしなくていいなというのが個人的な感想です
 
 
新卒至上主義の会社を出してる会社のリストを見ていると、過去に労働で過労死をはじめとした様々な問題を起こしているところばかり目につきますし、何も知らない純粋な子をだまそうとする傾向がものすごく強いのです

新卒を育てて投資するという概念がなく、最初から徹底的に絞りに来る

これは「え?逆じゃない?」って思う人が多いかもしれませんが、新卒至上主義の会社は最初から新卒を育てて投資するという概念がなく、徹底的に搾り取るということをしてきます
 
 
新卒というのは学生上がりで、学生から社会という評価されるものが180度違うといっても過言ではない状況になるのに、いちいち育てないと利益を生み出す存在にはならないのでコスパは悪いです
 
しかしそれを理由に新卒というのは年功序列制度の悪い部分だけを受け継いだ現代の状況では賃金を安く雇うことができ、特に覚えることもない単純作業をやらせるのであれば利益を生み出しやすい存在なんです
 
 
更には何も知らないということをいいことに、様々な雑用をやらせて「お前らにはその程度の仕事しかできない」という感じで人格否定攻撃をすれば何をやっても逃げる気力がないサンドバックが出来上がるのです
 
 
そういう会社に限って
 
「入社初日からお給料が発生するんだから何を甘えたことを言ってるの?」
 
「お金をもらって仕事を教えてもらうとか甘えたこと言ってんじゃないぞ」
 
なーんてことを言ってくるんですよ

本来の新卒至上主義はバブル期の人材確保の難しさの青田買い

そもそもの新卒至上主義というのは、人材確保が異常に難しかったバブル期の青田買いのことで、経験豊富で戦力になる中途採用が確保できないからどうしようか?からの新卒を採用して育てればいいという考え方の一つなんですよね
 
ちょっと考えればわかることなんですが企業としても何にも知らない役立たずの利益を出せない存在よりも、何かしらの経験がある中途のほうが利益にしやすいって思うはずですしね
 
 
それがいつの間にか時代が流れ、本来の意味とは全くかけ離れたものとなり、いつしか「中途はくそ、新卒最高」という風になってしまったのです
 
 
そういった意味でも新卒至上主義を唱える会社というのは、自分の頭で考えずにただ単に他人から聞いたことをそのまま受けているという人を使う立場の会社としては致命的な欠陥があるといっても過言じゃないのです
 
他人の言葉を疑わなかったり考えたりしないというのはかなりの致命傷ですし、そのうえ物事の本質を見極められないバカって自分でアピールしているようなものです
 
 
特に会社が何十年も先どころか翌月にはつぶれるかもしれないような会社であれば、以前のように悠長に人を育てている余裕がないというのもわからない話ではありませんが、人を育てることを拒否して使いつぶすことを前提にしている会社が新卒を採用するのは矛盾とかそういうレベルじゃなくて滅茶苦茶だといっていいんですよね

 

終わりに・新卒至上主義はバカ会社の証拠!入社を避けるべきブラック企業と断言する!

そういうわけで今のご時世で新卒至上主義を唱える会社はバカの証拠であり、そのバカさ具合から様々な問題が発生しています
 
一番あるのは物事を考えられないから利益を効率よく出す仕組みが構築できず、結果としてブラック企業に成り果てているということが非常に多いです
 
 
そういった点から新卒至上主義の会社は避けるべき環境の特徴であると強く断言できますし、落とされるならむしろ落とされたほうがいいです
 
むしろ世間的にまともと言われている会社ほど新卒以外も積極的に採用する傾向があるとみていて感じますね

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
こういうサービスであれば新卒以外にも第二新卒や中途でもホワイト企業を目指せる仕組みになっています
 
上記に書いた新卒至上主義だとブラック確率が高いという点からも一切の矛盾はなく、そういった意味でもこれらのサービスを利用してまともな会社を目指してみてはどうでしょうか?
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事