こういう悩みを持ってる人って多いですよね

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
世の中にはホワイト企業に居ても職場に不満を感じてやめたいという悩みを持ってる人が数多くいます
 
ブラック企業勤めからするとかなり贅沢な悩みに見えなくもないですが、こういう人は実際にはかなり居ます
 
 
結論を先に出してしまうと、ホワイト企業でも不満があって悶々としているくらいならとっととやめて次の職場を探したほうがいいということを断言します
 
よくあるのが「ブラック企業はやめるべき」という意見は言われてますが、その反対を「ホワイト企業はやめてはいけない」って思う人がいるんじゃないかなと
 
 
今回はホワイト企業でも不満があるならとっととやめるべきだということについて記事を書いていこうかと!

同じ会社では不満が解消される可能性は少ない

まずこれはブラック企業だろうがホワイト企業だろうが、会社で感じた不満というのは会社を変えないと解消されることはありません
 
 
給料面や休暇といった条件は入る前に契約しており変動することがなく、私の経験上ではそこから悪くなることはあってもよくなることはまずないです
 
最初は満足していたとしてもそれが当然になり、少しでも下がると不満として出てくるのはある意味では当然なんですよね
 
 
人間関係でも会社が同じであれば嫌な人間と常に顔を合わせることになりますし、会社の社風が一緒であればどこの部署でも似たような同じ人種の嫌な奴が残りやすいので解消されにくいです
 
会社が同じであれば部署が違っても似たタイプの嫌な人間とどこに行っても当たるというのは、不満を感じた会社に順応できないまともな人間からやめていくので、似たような資質を持つ奴が結果として残りやすいのです
 
 
会社に対して不満を感じることといえば、この待遇面と人間関係と労働環境でしょうけど、ぶっちゃけ変わるような要素がある会社であれば最初から不満を抱かない可能性のほうが高いのです 

ホワイト企業は最低限の法律を守ってるだけで贅沢でもなんでもない

先ほど上記にも書きましたが、ブラック企業は辞めるべきの反対としてホワイト企業はやめるべきではないが当てはまらないのは、ホワイト企業というのは法律を遵守しているだけであって贅沢でもなんでもありません
 
むしろやるべきことの必要最小限を満たしているだけに過ぎなく、はっきり言って誇れることでもなんでもありませんし、当たり前のことをやっているだけです
 
 
そこらへんにいる人間に例えたらわかりやすいかもしれませんが、法律違反したような犯罪者は近寄ると危険な存在ですが、かといってまだ犯罪をやってないような人でも危険だったり嫌悪感がある人っていると思いますし、犯罪者じゃなければ仲良くすべきか?と言われたらそうでもないのです
 
 
言葉の関係で黒の反対は白だ!という風に思いがちですが、そこは反転するものではなく必要最小限を満たしているかどうかという形で選別すればいいのです
 
 
面接に例えたら最小限の能力がない奴は落ちて、最低基準があったら2次面接に進むようなもので、最低限の能力があっても最終面接ではじかれることってあります
 
それと同じように考えれば別にホワイトだからやめてはいけないと思い込むことはないでしょう

実はそもそもホワイト企業でもなんでもなかったりする

そして本当によくあるパターンなんですが、実際は自分がホワイトだと思っていても全然ホワイトじゃないというケースがめちゃくちゃ多いです
 
確かに漆黒から見ればかなりマシだけど、実はおかしいみたいなことがある人って多いです
 
 
例えば残業代なんかでも「しっかり出すけど15分の切り捨てでしか出ない」というのも一見すると残業代を出さない会社よりははるかにいいように思いますが、実際に出さないといけないのは1分単位であり、15分切り捨てなんてのは違法だったりします
 
これも30分切り捨ての会社から見ればマシには見えますが、五十歩百歩でクソであることは変わりません
 
 
こういった完璧にだれが見てもブラックというところよりはマシだけど、完全に法を守っているわけではない会社を相対的に見てホワイトに見えてしまう人って多いのです
 
 
グレー企業は辞めるべき!ホワイトじゃ無くブラックと同じだ! 

過去関連記事
 
 
そういった企業をグレー企業というたとえがありますが、労基法ってのは努力目標ではなく絶対に下回ってはいけない水準であり、それを本当に少しでも下回った要素があればグレーではなくブラック企業です
 
はっきり言ってホワイトじゃなければ全部ブラック企業なんですよね
 
 
例えるなら刃物で相手をめった刺しにして殺すのは殺人になりますが、死なない程度に軽く刺したとしても傷害になるだけで逮捕される要因になるというのと同じことです

 

終わりに・不満があったらとっとと環境を変えるのが一番の対策だ!

そういうわけでホワイト企業だからやめてはいけないということは一切なく、不満を感じたら我慢せずに環境を変えるというのが一番の最善の手です
 
それに自分が耐えられることと他人が耐えられることって全然違いますし、自分が不満を感じていても他の人が不満と思っているかもわかりませんし、そういう意味でも他人の意見よりも自分の声に耳を傾けるべきです
 
 
別に世の中には働く場所なんて星の数ほどありますし、一生かかっても全ての職場を見ることなんかできません
 
どんな会社も上を見てもきりはありませんし、下を見てもきりはありません
 
 
であれば、一つの環境にぐちぐち不満を垂れ流しているくらいなら、とっとと別の会社を見たほうがいいということを断言できます
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
ホワイト企業を探す方法はこのようにホワイト企業の求人を集めたエージェントを利用するのが手っ取り早いです
 
仕事なんて所詮は自分が生きるためのお金を稼ぐ手段でしかないので、そのためにも自分が納得できる環境で働いたほうがいいので、よりよい環境を探すためにもぜひ上記をご活用くださいませ!
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事