最低賃金で募集をかける会社はすべて例外なくブラック企業だ!

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
求人を見ているとよく都道府県で定められた最低賃金で募集を行っている職場を見かけます
 
本当に人を舐め腐ってるような職場しかなく、こういう職場というのは例外なくブラック企業しかありません
 
 
私自身も過去にセブンイレブンというクソブラックなゴミカス底辺でバイトをしていた時に最低賃金で働いた経験がありますが、はっきり言ってゴミです 

 
今回は最低賃金で募集を行う職場はどうして働く価値がない肥溜めなのかということについて記事を書いていこうかと!

人件費を極限まで削らないと利益が出せないビジネスモデル

まず最低賃金で募集を行っている企業というのは例外なく人件費を極限まで削らないと利益が出せないような仕事しかありません
 
仮に高収益な仕事であればどんどん人を雇い入れて回したほうがガンガン稼げるので募集が多くなっても賃金が増える傾向にあるのですが、最低賃金というのは人は来てほしいけどお金は出したくないという身勝手すぎる考え方なのです
 
 
このような利益が少ない会社は人が少ないから一人当たりの負担が大きくなり、そのせいで稼ぐ方向に能力を回せず、いつまでたっても仕事はしんどいままで利益が上がらず給料が低いままということになるのです
 
さらに付け加えるとそういった負の循環から職場を維持するのがギリギリ困難といった状況まで追い詰められており、そのためにブラック企業というゾンビになって無理に維持している職場が多いんです
 
 
こういう職場に近寄るとミイラ取りがミイラになるようなもんで、自分自身がきつい労働で見返りは少ないということになるのです
 
 
このような職場にいて勘違いしやすいことですが、きつくて過酷な環境で頑張ってるからいつか報われるって思ってる人が多いですが、きつくて過酷と感じるのはどこか無理していたり非効率なことをやっている証拠なので、厳密にはきつくて過酷な環境で働くから報われないという風に言い直したほうが正しいのです

 

補助金目当てで募集を行っている

それとよくあるのが、最初から人を入れてまともに稼ごうとするのではなく、求人を出すことによって補助金目当てである会社ってのはかなり多いです
 
 
トライアル雇用は要注意!ブラック企業を回避したいなら絶対に受けるな!
 
過去関連記事
 
 
これは上記の稼げてないビジネスモデルという延長線にあるものであり、こんな補助金にでも頼らないと会社が維持できないほど利益がないという証拠でもあるのです
 
会社が雇い入れたときか求人を掲載している時かはタイミグはわからないのですが、確実に言えるのは人さえ入れてしまえば補助金が入るということです 
 
 
なので実際は「特に人は来てほしくないけど舐め腐った待遇で来る奴がいたら儲けもの」って考えてる職場が本当に多いんですよね
 
上に書いていることと若干矛盾しそうですが、共通して言えることは大金を出してまでは人を雇うことを考えていないという点です 

実際はサビ残や無償労働があるので最低賃金を下回る

私自身が最低賃金で募集を行っていた職場で働いていた時に感じたことですが、最低賃金の職場というのはほかの職場に比べて極端にサビ残や無償労働が多くあります
 
上記に書いたようにぎりぎりで生き残ってるゾンビなので、実際は必要最小限を下回ることになりやすいです
 
 
というか実際は最低賃金ってのは高校生のお小遣い程度であり、はっきり言って労働者の給料じゃないんで、この時点で最低を下回ってるといっても過言ではありません
 
一度下に触れている時点で雇用する側も開き直ってる感があり、こういった無償労働をやらせようとしてくるのです
 

「夢」とか「成長」とかそういったやりがい搾取のために経営者がイカレているキチガイ

最低賃金で働く場というのはそれだけでは労働者が普通に逃げてしまう底辺環境であることは間違いありません
 
そういった環境でも逃さないために経営者は「夢」とか「成長」とか「努力」って言葉を並べてやりがい搾取を行おうとしてきます
 
 
早い話が最低賃金の過酷な環境で働かせて「それらに必要なことだから」といった感じで正当化して全然改善しようとしないのです
 
 
こういうやりがい搾取を行おうとしてまともな人間は逃げてしまいますが、一部のバカや気の弱い人は抜け出せず利用されてしまうということになりかねません
 
 
人を最低限未満の環境でこき使っておいて夢とかいうのってちゃんちゃらおかしいですし、何なら夢は寝て食って遊ぶ生活がしたいだけなんで全くの真逆なんです
 

終わりに・最低賃金で募集を行う底辺には絶対に近寄るな!

そういうわけで最低賃金で募集を行う職場というのはすべてブラック企業のクソ底辺であり、絶対に近寄ってはいけません
 
ただのブラック企業であるならまだましですが、大体は経営者がキチガイじみていることが多く、多くの場合は常識や法といったものが通用しません
 
 
そんな中で戦っても苦労するだけで見返りはなく、最初から近寄らないことが第一であり、もしそういう場にいるならとっとと逃げるというのが次善策なんです
 
はっきり言って最低賃金で募集をかけている時点でかなり労働者をなめ腐っている証拠であり、世の中にはもっと高給で楽な仕事って存在するのです
 
最低賃金ってのは給料は低いし仕事はきついという何のメリットもないカスだと断言します
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
そもそもホワイト企業であれば最低賃金で募集をかけるというふざけたことは行いませんし、そういった中から職を探すべきです
 
はっきり言って給料の低さとブラック度合いは完全に比例するので、そういったゴミカス環境にはいかないようにするべきです
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・就職Shop

企業はすべて100%取材を行って事前に下調べを行っており、職場の状況や待遇なんかも情報が豊富!
業種や対応地域も幅広く7000社もあり選択肢が豊富です
社会人未経験でも利用でき、4人に3人は正社員未経験の方の相談実績あり!
現在は電話対応にて活動ができるので遠隔地でも問題なく対応してます

コロナで就職や転職難になった人向け!
不景気だからこそ転職保証があるプログラミングスクールを利用すべき!
未経験からでも受講してIT技術を身に着けた上で転職保障で就職先を確保したい人向け  

30歳以上でも大丈夫!年齢制限が高い転職エージェントを集めてみた! 
年齢制限が多いエージェントの中から比較的年齢制限が緩くて利用できるものを特集しました  
おすすめの記事