ぶっちゃけコロナ不況で採用を渋る会社は未来がないのでやめたほうがいい

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
コロナウイルスで緊急事態宣言や休業要請などで世の中の経済の動きが止まってしまい、実体経済はかなりがたがたになってきているなと肌で感じます
 
その影響で求人を出していた会社が取りやめたり、内定取り消しを出したりして採用を渋るということが多発していて困ってしまい、就職や転職がしたくても現状から身動きが取れないと感じている人は多いと思います
 
 
しかしはっきり言ってコロナの関係で求人を渋る職場って、ぶっちゃけ未来がないような会社が多いですし、そんなもんで求人を渋る職場には最初から入らないほうがいいです
 
むしろ今だからこそ求人を出している会社に目を向けるべきですし、大多数が足踏みして動けないからこそチャンスが大きいとすら感じます
 
 
今回はコロナの影響で求人を渋る会社は将来性のない就職する価値がない会社だということを記事にしていこうかと!

リーマンショック時に採用を渋った会社は中堅層がごっそりいない

まず企業が採用を大きく渋った時期として容易に思い出せる時期といえば、リーマンショックを想像できる人は多いと思いますし、この時期は本当に企業も採用を渋っていました
 
そしてその時に採用を渋って人件費を浮かせることで何とかその場をしのいだという会社は数多く存在しました
 
 
しかしそのあとの企業がどうなったかというと、その時期に入社していれば今頃中堅層として会社の中核を担う存在になっていたはずの層がごっそりと抜け落ちており、現在は人手不足になってしまって企業が弱体化しているということに多くの企業がなっています
 
しかも単純な人手不足ではなく、戦力の核となる人材を確保となると経験や育成が必要になるので一朝一夕では出来ず、ただ後から人を入れればいいということはできません
 
 
そして逆にリーマンという辛い時期にこそ積極的に採用を行った会社は、今になって戦力がちゃんと確保できて人材には困らず、技術や経験の継承もできて安定的に運営ができています
 
更にその時に就職難であふれた人材の中から飛び切り優秀な人を選別し、さらにはそういった人も不況時に手厚く保護されたという恩義から頑張るという日本独自の好循環ができている会社が多いのです
 
 
つらいときに採用を渋るというのは、ある意味では寿命の前借であり、そういったことをする会社は目先を耐えたとしても後からそのツケを払うことになり、ある意味では死亡するためのカウントダウンが確実に進んだといっても過言じゃありません
 
そういった意味で採用を渋る会社には将来性がないということを言えるのです

 

コロナで仕事がなくなる会社が外部影響に弱すぎる

そしてコロナの影響で仕事がなくなった会社については、様々な外部要因に弱すぎて内部要因以外で巻き込まれて倒産する可能性が高いということです
 
会社自体はまじめにやっていたとしても、外部要因に依存していたり弱いところは外部の影響一つで簡単に吹き飛ぶということであり、今回のコロナはそれを完全にあぶりだしています
 
 
コロナの影響でも特に変わらずに利益を出していた会社もありますし、そういった外部要因に左右されなかったり、または対応力があるということがないと今後のご時世で振り回されて衰退していくだけです
 
少なくとも外部要因で悪くなる会社は、外部要因だよりなので状況を主導権を持って変えることができないのでじり貧です

ぶっちゃけ採用難易度が上がったというよりは余計なノイズが消えたとみるべき

確かにコロナによる不況というのは求人数が大きく減ったので就職するための席の絶対数は減ったといえます
 
しかし優良企業というのはこういった状況でも相変わらず募集を行って次の時代に備えるか、今現在も安定して仕事があるということです
 
 
大体今回のコロナで仕事がなくなる会社は、遅かれ早かれつぶれそうになっていたブラック企業がギリギリのゾンビになって無理やり生きてただけで、それをちょうどよくとどめを刺した感じなので、そういった入るべき価値のない会社が選別された状況で、ブラック企業に入るという確率が下がったので余計なノイズが消えたとも言っていいのです
 

終わりに・コロナでも求人を出している会社に飛び込むべき!

だからこそ今の状態で転職ができないと足踏みをするどころか、ある意味ではピンチはチャンスといえる状況です
 
間違いなく今求人を出している会社は、今後の不況にも強い会社の可能性が高く、正社員としての安定を求めるのなら今が好機とみるべきです
 
 
しかしこういった会社も予定していた採用ができれば求人を下げていきますし、今後はそういった会社の求人が減っていくのは明らかです
 
今であれば転職できないと足踏みして動かない人間が動いておらず、ある意味ではライバルが少ない状態ですが、これが時間経過で強制的に解雇された人間があふれ始めるとそういった人間も動かないといけなくなるので競争が激化します
 
 
だからこそ今この瞬間こそがある意味では短期的な最大で最後のチャンスといえるので、こういった状況でも求人を出している会社へ飛び込むべきだと言えますね
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
こういったサービスは家の中でも転職活動が行えるものであり、時間と手間を大幅に節約して転職先を探すことが可能です
 
今いる会社に危機感を持ちつつも安全に動きたいということであればこういったサービスを駆使し、優良企業を目指すというためにもぜひどうぞ! 
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・就職Shop

企業はすべて100%取材を行って事前に下調べを行っており、職場の状況や待遇なんかも情報が豊富!
業種や対応地域も幅広く7000社もあり選択肢が豊富です
社会人未経験でも利用でき、4人に3人は正社員未経験の方の相談実績あり!
現在は電話対応にて活動ができるので遠隔地でも問題なく対応してます

コロナで就職や転職難になった人向け!
不景気だからこそ転職保証があるプログラミングスクールを利用すべき!
未経験からでも受講してIT技術を身に着けた上で転職保障で就職先を確保したい人向け  

30歳以上でも大丈夫!年齢制限が高い転職エージェントを集めてみた! 
年齢制限が多いエージェントの中から比較的年齢制限が緩くて利用できるものを特集しました  
おすすめの記事