断れないっておかしいことなんだよなぁ・・・

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
私自身がかつてブラック企業にいて作業をしていた時に、定時前になって帰って用事があったのでしようと思ったときに、急に上司から
 
 
「今日は全員残業な!」
 
 
と、一方的に告げられてしまい、用事があることを伝えても
 
 
「あっそう、残念だけど用事は別のことにして。残業は絶対だから」
 
 
という感じで泣く泣く残らされたという経験があります
 
世の中を見てもこうして残業が断れないという状況で嘆いている人はかなり多いですね
 
 
結論を言うと残業を断れない会社というのは例外なく今すぐやめるべきクソブラック企業であり、はっきり言って働く価値がない会社が多いです
 
残業を断れないことよりも、断れない背景がおかしいという会社が多いんですよね
 
 
今回は残業が断れない会社はどうしてクソかということについて記事を書いていこうかと! 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

そもそも残業はする・しないではなく、無いことが当たり前

まず残業に関して断るとか断れないとかで悩むことがおかしく、そもそも残業というのは常にないことが当たり前であり、前提条件が狂ってるんですよ
 
例えるなら「生きたゴキブリかゴミ捨て場の生ごみのどっち食べる?」って聞かれてるようなもんですし、どっちを食べるかとかではなくどっちも断れって話です
 
 
これを書いてしまうと後のことはすべて蛇足になってしまいますが、こうして断れないとか悩んでいること自体がおかしいことであるんですよね

 

残業は突発的なモノ以外は断ってもいい

残業というのは確かに状況的にどうしても突発的なトラブルであれば対応しないといけませんし、そういうイレギュラーなものは仕方がないといえます
 
しかし大体の人が悩む残業が断れないというのは、常日頃からずーっとある残業のことであり、完全に定時が機能してない状況のことを指しています
 
 
そのような状況というのは労働者の責任ではなく、会社が適切な人員配置や業務の調整を行ってないからこそ発生することであり、労働者のせいではありません
 
定時を過ぎればあとは自由な時間であり、そのあとの行動を制限なんかする権限なんかないといえますし、そうやって会社が労働者に甘えているから会社がいつまでたっても改善することがないんですよね
  

残業を断ることで評価が下がったり嫌がらせを受ける会社はむしろクビになったほうがいい

しかしそれができない環境というのは、職場と労働者の力関係があまりにも会社が強く、おかしいことをごり押しできるパワハラ環境であったり、残業を断ることで評価を下げられたり村八分にしたりという陰湿的で不利益を押し付けることでやむ負えずしないといけないといけない状況に追い込まれてしまっているというのが実情です
 
中には残業を断って会社を解雇されるというケースも珍しくないんですよね
 
 
けれどもこういう会社って結局は不当なことをやって不利益を押し付けてくるのであって、そこで我慢し続けていても不利益を押し付けられ続けるだけで自分自身には何も得がないのです
 
だったらいっそのことそんなことをする会社はスパッと切って見捨てたほうがいいですし、なんならクビになって会社都合で失業保険を早くもらったほうが得だったりするのです
 
私自身もそういう理由で解雇された経験がありますが、そんな会社を解雇になったことは一度も後悔なかったですし、なんならもっと早くやめればよかったと思うくらいです
 
 
そういった恐怖政治を行う会社って、魅力で人を動かすことができず、マイナス方向で脅すことでしか人を動かせません
 
それがパワハラだったり評価を不当に下げたりといった感じですね 

なのでかかわっていても自分に利益があるどころか、マイナスしかないのでとっとと損切りをする必要があるということです

終わりに・こんなことに悩まなくて済む会社へ行くべきだ!

そういうわけで残業が断れない会社というのは、残業が断れないこと以上に問題がある会社の特徴であり、それが氷山の一角として存在しているといっても過言ではないのです
 
 
残業は頑張った証ではなく、仕事が遅い無能の証拠であり、この場合は適切に人を使えない会社が無能であると断言できます
 
そんな無能の尻拭いを押し付けられ、それを断ったから逆切れされているようなもんですし、はっきり言って働く価値なんか一切ない職場だと断言できるのです
 
 
もう一度言いますが、残業というのはないことが当たり前であり、断る・断れないということで悩むことが本来はおかしいことであり、根本的に間違っている会社はどこか問題あるブラック企業であると断言できるので、そんな環境は逃げるという意識ではなく、こっちから切り捨てて見捨てるというくらいの気持ちで環境を変えるべきであると断言できます
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
残業がない会社を探すのであればこういったブラック企業を排除してホワイト企業を集めている求人から探すのが一番です
 
世の中には残業が多い会社がまだまだありますが、徐々に効率が悪いものと認識されており、そういったことを理解している時代の流れがわかる会社で働くべきという二重の意味でも残業が断れない会社なんか捨ててまともな職場へ移るべきです
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事