むしろ不景気だからこそそういった活動をするべきだと感じますね

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
最近はコロナの影響であちこち不景気の連鎖が来てしまい、今いる会社が何となく危ないなと思いつつも現状から動く勇気がないという声をたくさん聞きます
 
確かに不景気だと次の職にありつけるかわからないので不安が勝るという気持ちはよくわかりますし、次がすぐに見つかるとは限らないです
 
 
しかしそれでも余裕があるときに現状に不満があるなら遊んでいる余力を転職活動を行うくらいには回したほうがいいと断言できますし、別に今いる会社を辞めなくてもそれくらいのことはできるはずです
 
今回は不景気だからこそ転職活動を続けるべきだということを記事にしていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

どんなに不景気でも求人は決してゼロになることはない

まず第一に言えることですが、どんなに不況が襲ってきたとしても求人がゼロになる状況というのは決してありません
 
今回のコロナもそうですがリーマンやオイルショックの時だってそうでしたし、絶対に求人が全部なくなるということはないのです
 
 
むしろ不景気でも景気がいい業界ってのは必ずどこかにありますし、景気ってのはぶっちゃけ流れみたいなもので、どこかが悪くなればどこかが良くなり、その流れがどんどん大きくなるだけなんです
 
 
もしこれが本当に募集している会社が世の中から一社のこらず消え去ってしまうという状況であれば転職活動を行っても無駄だと言えますが、そうではない以上はやってみる価値はあるんです
 
どんな時でも動かなければ結果は出せないということだけは確定していますからね

 

良い求人は椅子取りゲームなので常に情報を集めてる人間が有利

そして世の中の求人が止まらないということは、当然その中にはとても環境や待遇がいいお宝みたいなものも混じっているのです
 
しかしそういった会社というのは人気が強く人が殺到し、本当に椅子取りゲームのようになってしまいますので入るのもなかなか大変であることには違いありません
 
 
それでも人よりも早く行動して情報を集めることで、良い求人という椅子取りゲームを制するチャンスが増えるわけですし、ぶっちゃけ内定なんてのはその時の運さえあれば前歴がどうであっても入れるものです
 
そして内定を取るための運を上げる方法が試行回数を増やしてチャンスを多く作ることであり、良い会社へ入るのは打率ではなく打数なんです
 
 
確かに100回面接して1回受かるだけなら打率という意味では最悪ですが、一回は一回には違いありませんし、その一回を早く多く取るためにも常に情報にはアンテナを張るべきですし、そのためにも早くから行動をするべきであると断言が出来るのです
 

意外と回りも同じことを考えていて動いていない

そしてこれはたくさんの人間を観察して気が付いたことですが、不景気時に意外と転職活動を行う人ってのは少ないです
 
現状でブラック企業でも職を持っている人はゴミみたいな内容でも「手放すのが惜しい」ということで動かない人が多いのです
 
 
逆に好景気の時って「すぐに就職できる」という軽いフットワークから動く人も多いですし、そういう風に考えるとあまり割合というのは変わらないのです
 
 
確かにいい求人には人が殺到しますが、それは好景気だろうが不景気だろうが変わりませんし、ある意味ではいつ動いても同じということです
 
であれば少しでも早く動いたほうが有利だということが断言できますね
 

現状の危機を感じる会社よりも求人を出してる会社のほうが安全だということ

そして私自身が過去にリーマンショックの時に転職活動をしていたのでわかるのですが、不景気でも求人を出している会社というのは、少なくとも現状の危機感を感じるごみのような会社よりも遥かに安定していて安全が高いということです
 
 
私はリーマン時に別の理由で転職をしましたが、転職をしてから数か月後に元同僚に出会って会社が壊滅状態にあることを知りましたし、やはり現状で働く人間が会社の将来に危機感を感じる職場というのはそれだけ潰れる可能性は非常に高いです
 
そういった会社よりも不景気でも求人を出している会社というのは、少なくとも仕事がちゃんとあるという証拠ですし、不景気に採用を渋った会社は今は人手不足に悩んでいたりするので現状ではなく未来への危機感を持っている会社であるといえます
 
 
そのような会社って割とどんな状況でもいつでも何とかしてしまうことが多いですし、経営者ではなく労働者のメリットは好きに働く場を選べるということです
 
だからこそいつでも勝ち馬に乗ったりすることができますし、条件が良ければそれを変えるだけなんですよね

 

終わりに・今のご時世は家の中からでも転職活動が行える!

そういうわけで不景気でも現状に不満があるなら転職活動は行ったほうがいいと断言できます
 
 
一昔前ならあっちこっちに出向いたりして丸一日つぶれるということも珍しくなかったですが、今のご時世はネットの発達もあって家の中から転職活動ができる時代です
 
そんな大きく手間が省ける時代からこそ、現状に不満を感じて遊びで時間をつぶすくらいなら、その手間をちょっとでもそういうことに回したほうがいいですし、無事転職ができてからでも遊ぶことは可能なんですよね
 
 
それに転職活動というのは一番大変なのは開始する最初の一歩であり、逆に言えば最初の一歩さえやってしまえばあとは自然と流れでできてしまうものです
 
やる気を出す方法にその物事を始めるというのがありますが転職活動も例外ではないのです
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
最近はほかのところもネットでの転職活動ができるように仕組みが変わってきていますので、他のところも併用してみて比較するというのも大事な点です
 
やはりエージェントや担当によって相性の良し悪しあるので自分に合ったところを利用するのが一番かなと感じます
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事