穏便なものから強硬手段まで!

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
ブラック企業を辞めたいと思いつつも、会社が怖くてなかなか行動に踏み出せないという人は世の中に多いんじゃないでしょうか?
 
私自身もかつてそういうところに居たのでわかるのですが、ブラック企業ってのは人が本当にいないんで人を逃がさないためにあれこれ脅迫まがいのことや暴行を加えてくるということはしょっちゅうあります
 
 
確かに普段から危害を加えられる行為に慣れていないと、いざ害されたときに怖くて動けなくなってしまうものなんですが、やはりそういう異常な状況から抜け出すためにはどこかで勇気を出して行動をする必要があります
 
しかしいざ勇気を持ったとしても意外と退職するという行動に慣れていないとどういう風に行ったらいいかわからないという人は多いでしょう
 
 
今回はやめさせてくれないブラック企業を辞めるために過去に私がやったいろいろな方法を書いていこうかと!

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

退職願いではなく退職「届」を出す

まず一つ目は一番穏便な方法として退職願ではなく退職届を提出するということです
 
意外と世の中の人はこれを同じようなものだと思っている人が多いみたいですが、実際には中身は全くの別物です
 
 
退職願は「退職させてください」と会社にお願いするものであり、ここで会社も拒否権を持っているのです
 
一方、退職届は「退職します」という意思表示であり、会社側に拒否権はありません
 
 
よって絶対に退職するという意思があれば出すのは退職届であり、これを提出した後は目の前で破られようが何しようが自由です
 
不安であればボイスレコーダーなどで届け出た状況を録音しておいて証拠にするのもいいですね
 

 

職場に一言電話かメールしてバックレる

穏便な方法が無理そうな場合には職場から強引に逃走するというのも一つの手です
 
相手がブラック企業であればいきなり無断で逃げるのもアリっちゃありですが、ここで一言だけでも言っておくことで後に身を守ることができるので可能であれば電話でもメールでもなんでもいいので一方的にでも通知はしておくとかなりいいですね
 
 
ブラック企業であれば大体は有給休暇を使わせてもらえずにたまっていることも多く、またやめるのは法律上では2週間前に通知すればいいということなんでやめる宣言すると同時に有給消化も宣言してしまえば即日会社に行かなくてよくなります
 
こういうときにブラック企業は「有給なんか認めない」と言ってごちゃごちゃ騒いでくることが予想されますが、有給休暇の取得を妨害する権利は会社にはありませんし、それが退職前の消化となれば猶更です 
 
 
また、ブラック企業ほどやめる時に「お前が辞めたことで損害賠償を請求するぞ!」と言って脅しをかけてくることがありますが、先ほど言ったように一言入れることで無断にはなりませんし、何があっても備えておくのは会社の義務であり賠償なんかする必要はありません
 
これが完全に無断だとちょっとだけ具合が悪くなりますが、ブラック企業は労働者に対してやっていた悪事を公にできないことと、訴訟を起こしても費用倒れになる可能性から本当に賠償を請求されるケースはまずありません
 
仮にしてきたら脅迫でこちらから返り討ちにできるのである意味では訴えてきたほうが楽しみといっても過言じゃないです
 

引継ぎなどは応じる義務は一切ない

退職届にしろバックレにしろ、引継ぎのことをごちゃごちゃ言ってくるケースがありますが、実際はこれに応じる必要はありません
 
理由としては先ほども述べたように、会社は何があっても問題なく業務が遂行できるように整えておく必要があり、人が抜けたことで滞りができているのが本来であればおかしいことです
 
  
そして会社はもっともらしく命令をしてきますが、本来であれば引き継ぎは従業員にお願いするものであり、完全に立場をわかっていない証拠です
 
そもそもこれからやめようとする人間に対して引き継いでもらえると思っているほうがおかしいんですよね
 
 
よって去り際に何か言われてもすべて無視してしまっても全く問題はありません
 
よくブラック企業ほどこのような行動をすると「社会人として恥ずかしくないのか」とか言って来たりしますが、はっきり言って愛想つかされているようなことをしている会社が悪いと断言できますね

強引にやめたとしても離職票などはハローワークで貰える

よくブラック企業でも円満に退職をしないと離職票などがもらえず雇用保険や次の職場へ行くときの手続きに困るので我慢するという人がいます
 
これは私もブラック企業ともめて当事者になってから知ったことですが、もし会社が何か意地悪して妨害を行ってきたとしても離職票などはハローワークで手続きをすればもらえます
 
 
更にブラック企業の場合は自己都合退職でやめたと思われるものでも意外と会社都合になるケースが多く、離職票を渡さないような会社であればその該当する項目に当てはまることを証明しやすくなります
 
 
会社都合と同等の権限を持つ特定受給資格者に該当するケースを書く!
 

 
 
結構知らない人が多く、私も後から知ったので、自己都合よりも会社都合のほうがメリットが多いので切り替えられるなら切り替えたほうがいいです
 
 
よって辞めた後の妨害なんかも特に気にする必要はなく、ブラック企業相手には強引にでもやめるというのが一番の対策なんですよね 

終わりに・退職が危険だったり面倒な場合は退職代行に頼むのも手

上記に書いた方法はブラック企業でも割とおとなしいほうの会社への対策であり、ブラック企業によってはやめるときに想像を超える妨害をしてくるということもあります
 
よくある底辺の妨害としてはやめるときに暴行してくるとか監禁してくるといった心身にダメージを与えるような、もはや働く場ではなくただの犯罪といってもいいようなことをされる場合があります
 
 
そうなると上記の方法では危険が伴いますし、そういう面倒で危険な場合には退職代行のサービスを使って安全かつ迅速に離れるというのも一つの手です
   

【退職代行】祝い金で無料どころか実質プラス!男性&女性の退職代行サービスを紹介!

 
お値段は少々かかりますが背に腹は代えられないような状況であれば多少の費用を払ってでも利用する価値はあると思います
 
 
そして次は辞めることが困難なブラック企業を避けて転職するべきでしょう

   

 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
特にウズキャリさんは退職に関してもサポートが受けれますし、ここを使って転職を行うのであれば退職サポートも無料で受けれます
 
そのあとはブラック企業から逃げるためにもまともな求人を探して環境を変えるべきですし、まともな環境を探すためにもぜひ上記をご活用くださいませ!

ホワイト企業へ転職あっせん付き・ウズウズカレッジCCNAコース

未経験でも最短1か月から最長3か月でCCNAの資格取得が可能で、受講後はホワイト企業への転職斡旋付きの全国どこでも利用できるオンラインスクールです
 
就職・転職をしなくてもフリーランスとしてのスキルを身に着けブラック企業から逃れるための足掛かりに! 

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能(24回で月6875円)
 
 
当ブログよりご利用の方限定で
 
・2週間のコース無料体験実施中
・講師とのMTGは2回受講可能
・体験期間中、学習カリキュラム受け放題
・体験期間中、講師との連絡し放題
・無料体験期間で終了しても就業サポートの無料利用可能
 
と、無料で試せるので、まずは触りだけでも利用してみてはいかがでしょうか?
 

 

おすすめの記事