法律上は一応問題なくても・・・

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
管理職になったら残業代を支払わなくていいという話は有名で、一応労基法にも払わなくていいという表記はあります
 
しかし今まで色々な会社を見てきて管理職に残業代を出さない会社って例外なくブラック企業ばかりで、ぶっちゃけ就職する価値はないなと感じています
 
 
もし今いる会社の管理職に残業代が出ていない場合は今すぐそんなゴミ会社は辞めるべきだということを記事にしていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

別に「管理職に残業代を出してはいけない」ではない

まず多くの人が勘違いしているかもしれませんが、管理職に残業代が出ないというのは「管理職に残業代を出してはいけない」ということではないのです
 
なので管理職に残業代が出てももちろん良いわけであり、真っ当なホワイト企業であればやる気を向上・維持のために管理職にも残業代を支給しているところは多いです
 
 
意外と多くの人が管理職はもらえないと初めから思い込んでいますが、別に支給するのは全く問題がないどころかむしろ積極的にやるべきといってもいいでしょう
 
 
確かに法律上では管理職に残業代を出さないことは問題がないことかもしれませんが、日本の法律って裁判例なんか見ていてもおかしいなって思うことが多々あり、法律にあるから正しいと言えるか?と言われたら微妙なんですよ
 
自分自身の立場に置き換えたときに、管理職になって残業ばかりやらされたら間違いなくやる気は下がって嫌気が差しますし、それを法律だからと納得できる人ってあんまりいないです

 

管理職に上げられてサビ残を多くやらされる

管理職になると残業代が出ない会社の数多くが、この上記に書いた法律の部分を悪用し、管理職に挙げて無償労働をやらせることが多いのです
 
 
昔であれば現場の仕事から管理の仕事という感じで仕事内容そのものが全部変わるということもあったみたいですが、少なくとも私が働いていたときはどこも現場の仕事と管理の仕事という風に単純に上乗せされるだけです
 
しかも今まで出ていた残業代を考慮すると出世したのに逆に手取りは減るということに多々なっていたので、責任と仕事を押し付けられて給料は減るというとんでもないことになってしまうのです
  
 
一応残業代を出さなくていい条件として「管理職にふさわしい給料を出していること」というのが条件に入っていますが、これには明確な定義がありません
 
しかし管理職に残業代を出さない会社のほぼすべてが、この管理職にふさわしい待遇ということはまずありえないのです 

退職金で後から回収することは困難

私がかつて居た会社で管理職になって人一倍働いて残業をしているという人がいました
 
その人に残業代のことで不平不満がないのかを聞いたことがあるのですが、その人曰く
 
 
「管理職になれば定年まで勤めて退職金が上乗せされる」
 
 
という回答をもらいましたが、ぶっちゃけ退職金で後から回収というのはかなりリスクが高いです
 
 
まず一つ目は会社がそんな未来まで健全に運営できているかという疑問であり、今のご時世は大企業でも簡単につぶれる時代であり、エアバックを作っていた某企業では倒産する寸前まで従業員が知らなかったということもありました
 
退職金をもらおうとしても会社がなくなっていたらどうしようもないですからね
 
 
二つ目は退職金というのは究極の後出しジャンケンみたいなもので、あとからいくらでも下げれるということです
 
上記のように倒産や経営悪化で、「やっぱり退職金なしね」って言われてしまえばそれまでですし、退職金をもらうまで何十年もいて最後にどんでん返しを食らえばどうすることもできません
 
基本給と違って退職金って簡単に下げられますし、あるかどうかわからない未来の報酬をあてにするというのは滅茶苦茶危険です
 
 
  
最後は今と未来は同じ紙幣価値ではないということです
 
これは終戦直後と今の1円を比較してもらうとわかりやすいんですが、同じ1円でも価値が全く違うのでできることが全然違います
 
昔の一円であればちょっとした金持ちみたいな扱いでしたが、今の一円なんてほぼ何もできないといっても過言でありません
 
 
もし後の時代で多くの大金をもらったとしても、今の万札くらいしか価値がないということは十分考えられることであり、札束をバンバン発行している現状を見ると紙幣価値が下がるのは間違いないです
 
それだったら目先でお金をもらっていたほうが価値的には効果が高いので、そういう意味でも退職金という何十年もの先の紙幣なんかには期待が出来ないのです

会社全体の意欲が下がる

そしてこういうことをしていると確実に職場全体の意欲が下がります
 
頑張って出世しても見返りがあるどころか責任と仕事量が増えて給料が減るなら誰だって頑張ろうとは思いません
 
 
そのようになってくると確実に組織って腐敗した空気でどんどん腐ってくるので、確実に業績が伸びずに落ちる一方になると断言しても過言ではないのです
 
 
行きつく先は業績悪化からの賃金カットから倒産まで進むことになるので、長居する価値はないということが断言できます

終わりに・管理職に残業代を出さない会社は今すぐ辞めるべき!

過剰に仕事があるのにも関わらず、人件費を上げたり人員を増やそうとせず、あらゆる手段でサビ残をやらせて人件費を削ろうとする姿勢の会社では、真っ先に削られるのが人件費であり、労働者に還元するということがない会社ではいくら頑張っても無駄だと断言できます
 
人件費を出す気がない連中の下ではどうやっても上がることはありません
 
 
管理職にだって残業代は出したほうがいいし、労働時間や貢献具合を見ればそれで出ないというほうがおかしいです
 
法律でOKだからという理由ではなく、自分に置き換えて嫌かどうかというのを考えるべきであり、間違っているなら合法でも選択肢から外すということが大事です 
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
上記にも書きましたが、管理職でも残業代を出すという会社は世の中に存在しています
 
そういった労働者を労うという姿勢のホワイト企業に転職してクソブラックの養分になることから逃げるべきだと断言しますね!
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事