同情の余地なし!とっととくたばれ!

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
最近、未払いの時効延長で2年から5年になるという話で
 
 

 政府は残業代などの未払い賃金の規制を強化する法案を今国会に提出し、2020年4月に施行される見通しとなった。具体的には労働基準法を改正し、労働者の賃金請求権の時効の消滅期間を現行の2年から原則5年間、当面は3年間に延長するものだ。

 例えば会社が残業代を支払っていないとして労働基準監督署の是正指導を受けた場合、支払われる割増賃金はこれまでは過去2年分に限定されていた。今回の法改正で未払い残業代があれば過去3年前にさかのぼって支払う必要がある。
 
(中略)
 

 08年以降の10年間では毎年100億~200億円の支払いで推移している。突出しているのが17年度の446億4000万円だ。実はこの年にヤマト運輸のセールスドライバーのサービス残業問題が発覚。ヤマトホールディングスが未払い残業代約230億円を支払い、総額を押し上げている。

 もちろんこの数字は過去2年分の未払い額だ。4月から消滅時効期間が3年に延長されると、仮に18年度の1企業の平均支払額は704万円から1056万円、5年延長だと1760万円に跳ね上がる可能性がある。労働者1人あたりでは3年で15万円、5年で25万円になる。加えて、裁判所に訴えられると倍額の付加金と年利6%の遅延損害金も請求される。

 実は未払い残業代では19年12月10日、セブン-イレブン・ジャパンの「残業代隠し」とも呼ぶべき悪質な事案も明らかになっている。

 セブンで働くアルバイトやパートの従業員の残業代を含む給与の計算と支払いは本部が代行している。ところが残業代に加味されるはずだった「精勤手当」と「職責手当」の計算方法を誤り、長らく支給されていなかった。労基法では割増賃金を計算する際、家族手当や通勤手当、住宅手当などは除外できるが、精勤手当や職責手当などは除外できる手当に入っていない。

 当初セブンは精勤手当と職責手当を除外して割増賃金を支払っていたものの、01年6月に労基署から支払うように是正勧告を受け、それ以降、手当も含めることになった。ところが残業代1時間あたりの割増率の法定最低限は1.25倍以上であるのに、本部は0.25倍で計算し、支給するというミスを続けていた。

 悪質なのは01年に労基署から是正勧告を受けても、それ以前の一部の残業手当も支払わなかった上に、割増率を低く抑えたまま今日まで放置していたことだ。しかも未払いは1970年代の創業時から続いていたという。

 セブンは記録が保存されている12年3月以降の約3万人について、遅延損害金1.1億円を含めて計4.9億円の未払い額を支払うことにしている。12年以前の未払い額についても元アルバイトやパートの申告があれば受け付けると言っている。

 セブンは現行の時効消滅期間の2年をさかのぼって支払うことにしているが、自らのミスである以上、当然だろう。しかし、そのこと以上に残業代の計算式をよく知らない従業員に長年支払わなくても済んでいたという事実である。こうした経緯を考えると、やはり現行の時効消滅期間の2年というのは労働者にとって不公平というしかない。

未払い残業代の「時効延長」で悲鳴上げる経営者たち――セブン問題の再発防げるか
 
 
とまぁこんな感じで今まで不正やってたクソブラック企業が悲鳴を上げるという話ですが、正直同情なんか一切しませんし、むしろ「苦しめバカ!」としか思わないんですよね
 
特に記事の中にあるセブンイレブンでは実際に働いて未払いの残業代や早出強要を受けたことがあるので本当にいい気味でしかありません
 
 
今回はこの未払い残業代の時効延長について記事を書いていこうかと!

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

今まで払うべきものを払ってなかったので当然の報い

この未払い残業代の時効延長で悲鳴を上げるという被害者ぶったことですが、実際にはちゃんと正当に報酬を払っていなかったのが悪いわけで、ぶっちゃけ何も同情する要素がありません
 
むしろ払うべきものを支払わずに経済を止めてたって時点で害悪でしかないので、とっととくたばれって話ですし、当然の報いです
 
 
私自身もこういった未払い残業代の問題の当事者になったことがあるのでわかるのですが、これって実際にはただ単に払ってなかったというだけでなく、賃金が未払いでも働かなければいけないようにパワハラなどで仕向けられていたということが大きな問題です
 
今でこそそういった企業はとっととやめればいいという価値観が徐々に根付いてきていますが、一昔前はバブル期のころの旨味がなくなってきているというのに辞めることは悪、続けることが正義という状況だったので、不利益を押し付けられているといってもなかなか辞めれず、そこに漬け込む極悪な害悪企業でしたからね

 

むしろ時効5年でも短いくらい

むしろ残業代請求に関して時効が5年でも短いなって思うくらいですし、むしろ無期限にするべき事案じゃないかなと感じています
 
今回は素直に時効が伸びたことを喜ぶべきですが、それでもまだまだ途上だなと言えます
 
 
本来であれば労基法なんてのは労働者が身に着ける状況ってのは大体は会社と争う状況であり、本来であれば労基法なんか気にせずに働けるように会社がすべて整えるべきなんです
 
しかも労基法ってのは覚えようとするとなかなか覚えることが数多く存在し、後から知ったとしても請求できる権利が消滅しているというのは労働者から見て滅茶苦茶不利だと断言できます
 
 
私自身もかつてブラック企業と争うために労基法を勉強した時期がありましたが、あれは普通に働いている人間では勉強できるものではないですし、学校と先生みたいに教えてくれる人がいない状況では猶更なんです
 
 
そういった意味では今までの時効が短すぎると感じますし、伸びたとしてもまだまだ少ないなと感じるんですよ

終わりに・不正をやってる企業にはぜひくたばってもらいたいもんです

そういうわけで今回の未払い残業代の時効延長で苦しんで悲鳴を上げる経営者にはぜひとも惨たらしくくたばってほしいなというのが私の意見です
 
そもそもちゃんと最初から払うものを払っていたら悲鳴なんか上げる状況にならなかったわけですし、それで不当に利益を奪ってぶくぶく肥え太った豚になってたんだから串刺しにでもされて丸焼きにでもなれって話なんです
 
 
ただそういった労働問題が解決されるのはまだまだ先の時代でしょうし、リアルタイムでそういった問題に直面しているのであれば、そのような職場はとっとと見捨てて切り捨てて労働力を与えないというのが対策です
 
そういう風にして自分はちゃんとしたところで働くことでブラック企業の弱体化と自分自身の利益とちゃんとした会社への強化という一石三鳥な社会貢献になりますし、メリットしかないのです
 

 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
そういったまともなホワイト企業を探すのであれば上記のようなホワイト企業を集めた求人エージェントを活用するのが一番手っ取り早いです
 
ブラック企業で我慢するのは美徳でもなんでもなく搾取されてるバカな上に社会的害悪に貢献する犯罪者みたいなものなので、そういった状況から抜け出すためにもまともな会社へ行くべきです
 

ホワイト企業へ転職あっせん付き・ウズウズカレッジCCNAコース

未経験でも最短1か月から最長3か月でCCNAの資格取得が可能で、受講後はホワイト企業への転職斡旋付きの全国どこでも利用できるオンラインスクールです
 
就職・転職をしなくてもフリーランスとしてのスキルを身に着けブラック企業から逃れるための足掛かりに! 

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能(24回で月6875円)
 
 
当ブログよりご利用の方限定で
 
・2週間のコース無料体験実施中
・講師とのMTGは2回受講可能
・体験期間中、学習カリキュラム受け放題
・体験期間中、講師との連絡し放題
・無料体験期間で終了しても就業サポートの無料利用可能
 
と、無料で試せるので、まずは触りだけでも利用してみてはいかがでしょうか?
 

 

おすすめの記事