土日祝休みはホワイト企業としての最低条件だと断言していい

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
大体世の中の人って土曜日曜祝日の3つと後は正月と盆に大型連休があるという人が普通じゃないでしょうか?
 
その中でも私自身が土日祝が休みじゃない会社に就職していた時期がありましたが、はっきり言って土日祝が休みじゃない会社ってのはとっとと辞めたほうがいいブラック企業だと感じました
 
 
冒頭にも書いた通り、土日祝というのは決して贅沢なものではなく、むしろホワイト企業の最低条件だと断言しても過言ではありません
 
今回は土日祝が休みじゃない会社はどうして辞めるべきかということを実際に私自身が経験して感じたことを記事にしていこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

平均よりも休みが少なく、デメリットもかなり多い

まず断言できることは土日祝が休みじゃない仕事というのは平均の休みよりも低くなる傾向にあります
 
土日祝が休みで年間休日が120日ですが、この数値に届かないことが数多く存在し、大体は105日~110日という仕事が多いです
 
 

年間休日が120日以下の仕事は入社価値なしのブラック企業だ!
 
年間休日105日は想像以上にキツイ!ブラック企業であると断言する!
 
月8日休みは少ないしキツイ!ブラック企業と言っても過言じゃない!

関連過去記事
 
 
今まで休日のことは散々書いてきましたが、人手が確保できないような商売だからこそ土日祝日休めないということになっています
 
 
よく「平日休めるから便利」とか意見を聞きますが、ぶっちゃけ休日の数そのものが減っていると考えると絶対に喜べません
 
それに平日が休みが取りやすいという言葉を裏返せば土日祝日に休めないということであり、年に1~2回しかないようなイベントの参加もなかなかできなかったり、連休が取りづらいので遠出もしにくいといったデメリットが存在します
 
 
さらに人材確保ができていなくて休みが少ないということは、有給休暇をとるときに妨害されたり拒否されたりすることが多く、そういう意味でも休みの数に大きな差が生まれます
 
土日祝の休みであれば有給休暇を普通に必要な時に使えば平日普通に休むことだってできますからね 
 

個人的に平日休めるから便利と感じる10倍くらいはデメリットのほうが大きいと感じましたね
 
 

世間が休日の時に働くほうが負担が大きい

また「平日は空いている」ということは裏を返せば「休日は混んでいる」ということになり、そういう混んでいるときに働く立場になっているとそれだけ負担が大きいです
 
これがまだ賃金が割り増しとかがあればマシなほうですが、ぶっちゃけ20%も上がればかなり良いほうですし、その20%は果たして割に合うかどうかという点なんですよね
 
あればましとは言っていますが、大体の職場はそういうものがないことのほうが多いです
 
 
むしろ平日よりも忙しいのに給料は平日と同じとなれば、休日に働くというのは労働者視点で見ると大損といっても過言ではありません
 
 
また世間が休日なのに働いていると「世間は休みなのに・・・」という劣等感が強く出てくるので、心理的負担も大きなものになるのです 

給料面の待遇が悪い

これは10社以上の会社を転々として感じたことですが、土日祝休みじゃない会社というのは給料面もかなり悪いことが多いです
 
本来であれば普通の人よりも多く働いているのだから多くの給料をもらえるはずって思う人が多いでしょうけど実際は逆です
 
 
シフト勤務の仕事は就職を避けるべき底辺であると断言する!
 
関連過去記事 
 
 
まず休みが少ないという時点で利益率が悪いので、その分を労働時間でカバーしなければならないということになっています
 
更に利益率が少なくて労働時間が多いことで給料の少なさから人が辞めていくので余計に一人当たりの負担が多くなり、人が減ることで余計に稼げなくなり・・・という悪循環に陥っているのです
 
 
それに土日祝の休みの職場のほうが労働者を大事にするという観点があり、ボーナスなんかも比較的出るところが多いですが、そうでない会社でボーナスなんてのはまず無いと思ったほうがいいです
 
 
休日が少ないだけでなく、待遇面でも悪いとなると土日祝が休みじゃない会社というのは選択肢に入れるべきではないと断言します 

終わりに・土日祝休みの仕事は贅沢ではなく当たり前の最低基準だ!

というわけで土日祝が休みじゃない会社というのはデメリットが大きく、就職するべきではない会社の特徴です
 
 
土日祝休みというのは決して贅沢でもなんでもなく、ごくごく当たり前で最低基準のものなので、むしろそれ以下であればかなりの底辺層にいるといっても過言ではありません
 
だからこそ土日祝に休めないのならとっとと転職をしたほうがいいと断言できますし、労働者を蔑ろにする傾向が強いブラック企業からはさっさと抜け出すべきであると断言できるのです
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
ホワイト企業の求人を見れば大体の会社が土日祝休みが当然であり、平日休むのにも有給休暇が当たり前のように取れるのです
 
平均よりも休みが少なくて賃金も割に合わないブラック企業なんかとっとと切り捨てて真っ当な労働環境を目指すべきだと断言できます!
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事