給料低いって感じるならその会社はとっとと辞めたほうがいい

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事をしていると最低一度は「この仕事って給料低いな」って感じたことがある人がほとんどではないでしょうか?
 
特に友人なんかと給料の話をしたときに、向こうが給料低いとか言いつつも、それよりも遥かに低い額だった・・・ということを経験したことがあるということは珍しくありません
 
 
結論から言ってしまうと給料の低い会社で頑張るのは無駄なことで、とっととそんなゴミ職場は見捨てたほうがいいと断言が出来ます
 
ぶっちゃけそんな待遇のことで悩むなら今の職場で改善することは不可能です
 
 
今回は給料が低い会社はなぜ辞めたほうがいいのかということについて実体験から記事を書いていこうかと! 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

給料が低い会社は人件費を出す気がない

給料が低い理由は単純に会社が人件費を出す気がないので低いのです
 
私がかつて行っていた職場で利益はどんどん出しているのに、逆に給料が下げられるという会社も過去にはあり、ぶっちゃけ会社が稼げているかどうかなんてことはあまり関係がないように感じます
 
その気になれば経営者が借金してでも従業員には還元するという姿勢の会社の存在も知っているので、経営者の心構え一つで決まるといっても過言ではありません
 
 
出す気がない相手に何をやっても無駄で、そういう相手をその気にさせるのは至難の業・・・を通り越して無理だと断言していいです
 
 
そういう経営者ほど自分で「高い給料を出してやってるんだぞ!」とか偉そうに上から目線で言ってきたりするので
 
 
最低賃金を下回る給料で「高い金出してるんだぞ」とか言われたら即逃げろ!
 
参考過去記事

そんなカスを相手にするだけ無駄なんですよね
 

初任給が低い会社は給料が伸びないと断言していい

そしてよくある意見に
 

「給料が低い会社でも長いこと我慢していれば昇給して大きくなるから我慢しなさい」
 
 
という意見を言われたり見たりすることが多いのですが、そんなことは絶対にないと断言しておきます。
 
 
まず最初の段階で人件費をケチるようなカス経営者が、好き好んで昇給を行うということをするはずがありません
 
更に、初任給で数万以上の差がついている会社と比較して、その初任給に追いつくまで何年かかるのかということです
 
 
かなり好条件で見て、昇給が5000円でも数万円の差がついていたら「初任給に」追いつくのにも最悪10年くらいかかる場合があります
 
 
しかもその一方で初任給が高いところってそれだけ給料によるモチベーションアップの重要性を理解しているので、その昇給額も上げ幅は給料が低い職場以上にあるので絶対に追いつくことはありません
 
だったら短期的に見ても長期的に見ても初任給は多いところに入るべきだと断言ができますね

 
このような職場ほど「頑張れば給料を上げてやる」ということを言ってくるケースは多いですが
 
「頑張りとやる気次第で給料を上げる」はブラック企業の詐欺手口だ!
 
この過去記事のように、上がるための条件が曖昧で上げるつもりがなかったり、むしろ下げる口実に使われたりすることが多いです

低いと感じるのは仕事内容と待遇が合ってない証拠

最大の問題は給料が低いと感じる会社の仕事は、貰えるものとやることが自分の中でまったく釣り合ってない証拠です
 
早い話がやり続ければ続けるほど損が拡大していくのと同じことなんです
 
 
たとえ話ですが、お茶碗の中の米粒を数えきったら1000万貰えるとかあったら誰でもやると思いますし、それで不平不満を垂らす人間はほとんどいないはずです
 
しかしその茶碗が100や1000、または1万とかになってきたら文句がかなり出たりリタイアする人間も増えるでしょうし、割に合わないと感じて辞める人がほとんどです
 
 
極端な話ですが、給料が低いと感じている時点で、自分の中で天秤が損をしていると判断できている証拠であり、上記に書いた人件費をケチる癖に仕事を押し付けるような連中の下で仕事をしていればそう感じるのも無理はありません

労働者に対して不利益を押し付けている可能性が高い

給料が低いと感じる会社の特徴には
 

・早朝手当や残業代といった長時間労働の手当てを支払わなかったり
 
・備品など業務遂行に必要なモノも自腹で購入させたり
 
・様々な理由を作って不当に天引きしたり
 
 
ということを行っているブラック企業である可能性も非常に高いです
 
ここまで行くとどれも悪質ですが、単純に低いのではなく、こういう不利益を押し付けて払うものを払わないことで利益を作る会社が数多く存在します
 
 
しかもブラック企業というのはこういう不当を押し付けるための理由は、それっぽく正論に聞こえるようなことを言っているので、当事者で疲れ切っていると押し切られてしまって従ってしまうということもあり得るのです
 
そんなもんは根本から間違っているので全く相手にしなくていい!・・・と言いたいところですが、当事者だとなかなか難しいですからね
 
 
上記に書いた人件費を回す回さないどころの話ではなく、むしろ逆に不当に奪いに来ているといっても全く過言じゃなく、むしろ今すぐにでも逃げたほうがいいと断言ができるのです 

終わりに・給料の低い会社はゴミなのでとっとと辞めるべき!

そういうわけで給料の低いゴミ会社で頑張ったとしても、決して給料は増えることはなく、むしろ損し続けるといっても過言ではありません
 
給料を出す気がない相手には何をしても無駄ですし、それならちゃんと人件費を払って人材を確保したいと思っている所に環境を変えたほうがいいのです
 
 
給料が低い会社というのは労働者をなめ腐っているといっても過言ではなく、だからこそ我慢していても事態が好転するどころか、タダでさえ低い状況なのに逆に下げられることも珍しくありません
 
いじめなんかでも行動しなければ相手がどんどん調子乗って過激化するのと同じです
 
 
不利益を押し付ける職場では働く価値なんか一切なく、低いと思ったらとっととそんなゴミカスブラック企業は辞めて転職したほうがいいと断言できます
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
そもそも給料が低いって感じている時点で大体の会社はただのブラック企業であることが大半です
 
普通に難なく生活出来る給料を出していない会社は人を雇う資格がないカス底辺なので、とっとと逃げるべきであると断言できますね
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事