そんな会社はとっとと辞めたほうがいい会社の特徴です

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
仕事をしていると管理職になることを推奨されますが、実際は管理職になると手取りが減るという職場は珍しくありません
 
そのせいで出世を嫌がる人が増えるという現象が起きていますが、はっきり言って当然の結果ですね
 
 
そして出世すると手取りが減るという会社は、出世がどうこう言う前に絶対にやめるべきブラック企業の特徴であると断言できます
 
今回は管理職になったら給料が下がる会社は辞めるべきという記事を書いていこうかと! 

仕事量や責任が増えて給料が減るのは純粋におかしい

まず出世することで仕事量や責任というのはかなり増えます
 
今までであれば現場から管理ということで仕事の質が変わるということが多かったですが、最近の仕事は今までの仕事に追加して管理の仕事も増えるということが多いです
 
 
本来であれば仕事や責任が追加されるのであれば、それに比例して給料が増えるのは当たり前であり、むしろ増えたことで給料が下がるというのがどう考えてもおかしい話です
 
自分から労働単価を下げるということは愚行ですし、だれも好き好んでやろうとは思いませんよね

 
たまに「管理職になることで退職金が増えるからそれでチャラ」って意見を聞きましたが、電卓はじいても残業代がもらえるほうがお得でしたし、そもそも退職金なんて後から「やっぱりなしにするわwごめんねw」とか言われたらどうしようもありません
 
それに絶対に今の一円と未来の一円なら今のほうが紙幣価値が高く、そういう意味でも目先のお金のほうが有用なのに
  

「将来のもらえるかどうかもわからない紙屑に期待する」
 
 
ってのは、どう考えてもバカの考え方です 

出世して手取りが減るのは残業前提の人員不足な会社であるということ

そして出世をすることで手取りが減るということは、十中八九管理職になることで残業代がつかなくなるという要因が多いです
 
もう残業代がつかなくなるという時点でツッコミどころ満載なんですが、その前に残業前提で働いているという時点で既におかしいのです
 
 
ということは、常に人員不足か仕事が過剰にあるということで、適切な人員配置や仕事の調整を放棄している会社だという証拠であると断言ができます
 
意外と盲点かもしれませんが、常に残業があるという状態がそもそもおかしいのであって、出世することで手取りが下がるとか以前の問題だと言えます
 
 
やはりそうなる背景には出世することで仕事量や責任が増えても給料が増えないことを嫌がって、出世させられる前に退職者が続出しているということです
 
そうなると会社の核となる中堅がごっそりいなくなり、その結果として長期で見れば会社の経営も怪しくなるということが挙げられます
 
実際に私が見てきた会社ではそのようにして常に人員不足になって仕事が回ってない会社をいくつも見てきました
 

人件費を抑えるために知恵を使う会社で頑張っても無駄

実際は管理職にすると残業代がつかなくなるというのは法的にはかなりグレーゾーンで、実際の管理職はつけなくてもいいけど部下も何もいなくて何を管理するのかわからないのはアウトみたいな基準がありました
 
しかし法的に云々はこの際置いておいていいんですよ
 
 
問題は人件費を抑えようとする会社はどういう状況でも賃金を抑えようとしてくるので、そういう会社では頑張るだけ無駄だということです
 
実際に人件費を出す会社は管理職でも残業代を当たり前に出しますからね
 
 
私の経験上では、管理職に残業代を出そうとしない会社は、ほかの部分でも徹底的に賃金を抑制するので、仕事量に見合った給料をもらえることはまずありません
 
しかもそれを改革だとか言ってもてはやされているのが現状で、はっきり言ってそんな会社は労働者視点では働く価値はないと断言できますね

終わりに・人件費を抑制しようとする会社はブラック企業だ!

人員配置を削って残業前提で回している事実も、管理職になって残業代がつかなくなって手取りが減るのも、すべて会社が人件費を抑制している結果です
 
はっきり言って賃金をまともに払う気がない会社だと言ってるようなもんで、そんな会社では働くだけ損するブラック企業だと断言していいんですよね
 
 
仕事量や責任が増えて手取りが減るというのは、どう考えてもおかしいことで、こんなことが曲がり通りような会社では働く価値なんか一ミリもありません
 
よって管理職が「ヒラの時のほうが貰えた」とか愚痴っていたら絶対に逃げるべき会社の特徴であると断言できます
 
長期的に見ても中堅が抜ける会社の危なさはかなりのものなんで、そういうのに巻き込まれる前にも環境を変えるべきです
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
はっきり言って賃金を抑制しようとする会社はすべてブラック企業で、労働者を労わらず搾取しようとする時点でクソゴミです
 
ほかにもっとマシな企業はたくさんあるので、そういう会社を探すためにもぜひ上記をご活用くださいませ!
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事