むしろ正直に言ったほうがいい

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!

職場を退職する理由って今の職場で実現できないことというネガティブな理由で環境を変えることが多く、世間では面接時にネガティブな理由を言うのはNGという風潮がありますよね
 
そういう後ろ向きなことを言うとやる気がない人みたいに捉えられるという説があり、面接で内定を取れる可能性がぐっと落ちるとかなんとか
 
特に人間関係とか待遇といった話題を正直に言うのは悪いことって言われています
 

早い話が前職はブラック企業だったってことを伝えるかどうかを悩むってことですね

 
しかし私の経験上ではそういうネガティブな話題も正直に言ってしまった方がいいと断言できますし、思ってたほどそういう理由で落とされることも少ないです
 
むしろ正直に言っておかないと後から後悔することのほうが多いので本音をぶちまけても問題ないということを記事にしようかと! 

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

退職理由が自社に当てはまるかどうかの確認をしているだけ

まず大体の会社が退職理由を聞いてくる理由ってのは辞めたことを責めるのではなく、会社を辞めた理由が自分のところにもあるかどうかということを確認しているんですよ
 
会社の人事となれば大体の人間関係とかも把握しておりますし、人間関係で辞めたとかでも耐えれそうにないかとか判断する材料が欲しいんです
 
 
会社を転職して入る理由と出ていく理由ってのは同じ理由で、求めていたものがそこになかったと判断されるから辞められるので、それなら最初から正直に言ってしまった方がいいのですよ

会社の不満とか人間関係か労働環境か待遇かのどれかですし、それが満たせてないから辞められるって判断するような職場はこっちからお断りですからね

もし退職理由を分かりにくくいったり隠すことでその会社にも似たような地雷があった場合、すぐに退職することになるのでお互いにとって時間と金の無駄で不幸なことなんでそれなら時間短縮のためにも言ってしまったほうがいいですね

正直に伝えることで内定率は確かに下がりますが、どちらかというとちゃんと働ける場の精度を上げるって感じですね

 

思ってたよりも正直に言うことはマイナスにならない

私自身が過去の職場がどれも劣悪で労基法なんか存在してないような奴隷環境で働いていまして、それを面接で伝えたときにには大体どの企業からも「うわぁ・・・そんな会社あるの・・・?」って感じでドン引きされました
 
特に労働環境など自分ではなく会社に非があるものは伝えたところで労働者のマイナスポイントになることは殆どないですし「それなら仕方ない」って思われますからね
 
 
真っ当にやっている会社ほどブラック企業勤めで辞めたということに理解がありますし、今のご時世で経営者なのにブラック企業の状況とか知らないのはそれはそれでどうかと言えます

たまに「なぜその状況を変えなかったのか?」って聞いてくるバカがいる

もう一つ前職の状況を正直に言うべき理由として、たまに面接官に
 
 
「なぜその状況を変えようと思わなかったのか?」
 
 
とかアホなことを聞いてくる会社ってのが存在するんですよね
 
トップの方針変更だとか部署内のいざこざだとか自分の力ではどうしようもないことでも我慢して残って変えるべきみたいなことを言ってくるバカ会社ってのは意外と多く、私も今までそういう会社をいくつも見てきました
 


ツイッター上でも時々こういうことを見かけますし、私自身も過去に何度も遭遇してきたのでたぶん世の中にかなりの確実で点在しているんでしょうね
 
 
圧迫面接目的でやっているのかただのバカなのかどっちかわかりませんが、前者であればストレスの要因になるような人間関係が待ち受けていることが間違いありませんし、後者であればそんなバカを会社の顔にしているという点でやっぱり会社がバカですしどっちに転んでもろくでもないことだけは確かなんですよね
 
 
正直に伝えるということはこちらも相手の会社を試すという意味で、それによって変な出方をする会社への入社は避けるべきですし、会社が地雷かどうかを判別するのにするべきだということです

 

終わりに・正直に言って落とされるような会社であれば落としてもらったほうがいい

確かにネガティブなことを伝えると若干面接官の顔がムッとしたり暗くなる会社というのは存在します
 
しかしそういう会社ってのは自社にも思い当たる節があるからこそ図星を突かれているようなもんですし、そういう会社に入っても同じ理由で退職することになります
 
 
であれば最初から正直に伝えて落とされるような会社であれば落としてもらったほうがいいですし、正直に話してもマイナスにならないような職場を探したほうがいいと断言できます
 
前職の退職理由を正直に言って落とすところなんて大体は自分のところにも思い当たる節があるブラック企業ばかりですし、そういうのをこっちから選んでやるという意気込みでちょうどいいです

逆を言えばブラック企業でなければ正直に言っても問題ないということですし、そういう問題がない会社を探すようにするべきだと断言できますね
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
そういう意味ではこれらのエージェントはホワイト企業ばかり扱っていますので、正直に言うことがマイナスになりにくい求人ばかりです
 
もし直接正直に伝えるのが不安だと思うのであればそういう伝え方も教えてもらえるのでそういう意味でも積極的に利用するべきだと断言できますね!
 

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事