仕事を多くやるのならその分は給料が上乗せされて当り前よね?

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
 
会社で先輩が辞めた時に引き継ぎというのを受けたという経験がある人は多いんじゃないでしょうか?
  
しかし引継ぎを受けると自分の仕事に上乗せされるだけで労力的な負担が減ることは一切ありません
  
  
それならばせめて2人分の仕事をやるのだから給料を上乗せしてほしいと交渉しても
  
  
「は?お前は図々しいことを言ってるんだ?」
  
  
なんて一蹴されてしまうことって多々ありますね
 
 
結論から言ってしまうと給料上乗せされない引継ぎなら評価が下がったとしても絶対に断るべきですし、そもそもそんな会社はゴミ過ぎるんでとっととやめるべきなんですよね
 
今回はこの件について実体験を元に記事を書いていこうかと!
 

給料据え置きで仕事を押し付けるほうが絶対に図々しい

引き継ぎを受けて仕事量が倍になったときに給料も倍にしてくれと交渉したときに経営者側から図々しいだの厚かましいだの批判されることが多いと思いますが、これは絶対に図々しいのは経営者側なんで一切こちら側は遠慮することはありません
 
極端な例を出すならスーパーでリンゴ一個分の値段しか出してないのに肉も魚も全部持っていこうとして店員に止められてケチとか騒ぐモンスターと一緒ですからね
 
 
確実に仕事量と給料とが釣り合わなくなりますし、その釣り合いをとるために給料を出せってのは至極当然の交渉ですし当然の権利であると断言できますね
  
  
こういうことを言った瞬間にこのようなごみ職場は「嫌ならやめろ」とか言ってくることが多いと思いますがそういう場合は本当にやめちゃったほうがいいです
  
今まで辞めた人間の分の給料も出していたわけなんだから出せないわけがありませんしね
 
 

ここで頑張ると人が足りてると判断されて人員が増えない

そして仮にここで頑張って2人分の仕事をこなしてしまうと上から「この人数でも回せるなら追加補充や仕事の調整はいらないな」と判断されてしまいます
 
人員が増えなかったり仕事量が減らないことで負担だけそのままそっくりそのまま上乗せされてしまうのです
  
  
本来組織であれば誰かに何かあっても問題なく仕事が回るように余分に人員配置をしておくべきなんですが、経営者ってのは利益のために節約するのが理想だと思っており、人件費という一番削っちゃいけないところを削ろうとしてきます
  
  
なので余分な人員配置も本来必要なことなのに人が足りていると思われるとどんどん削られてしまうのです
  
  
私が見てきた経営者ってのは大体バカばっかりで問題が起きる前に対処するというよりは問題が起きてから慌てて対策するってことしかしないので、ここでは人が足りてないという問題を現実として直視させるために引き継ぎの仕事は受けないというのが大正解です
 
断ることで一時的に評価は下がってしまいますが、ぶっちゃけそんな一時的なダメージよりも継続的な長期ダメージのほうがはるかに大きいですし、そもそもそんな自分のせいじゃないイベントでどう転んでもダメージを受けるだけってならそんな環境がゴミなんです
 

管理職が全然管理をしてない粗大ごみ以下の置物

そして引き継ぎ時に仕事を丸投げして対策も何もしないというのはその環境の上司が全く管理をしてない置物以下のゴミだということです
  
本来上司は何かあったときに無理なく回るように調整するからこそ管理職なのに全然管理をしてないんですよね
 
 
上にも書きましたが何かあった時のために人員配置を適切に行うのは職場や上司の義務ですし、それが無理なら仕事を減らして調節するということも特にする様子もなく、ただ丸投げすればいいって姿勢はほんとゴミですし、さらにそれをこなせないほうが悪いって責任を押し付けてくるのもクソゴミポイントです
 
更に更に丸投げして威圧するってことは普段からパワハラやモラハラによる恐怖政治を行っている証拠でもあるので居ないほうがマシな存在といってもいいでしょう
 
 
そのようなゴミクズとはかかわってるだけで自分の人生を破壊してくるクラッシャーなんでとっとと縁を切るべきですし、出来ないことは出来ないとはっきり伝えて線引きするべきなんです
 

終わりに・労働力に相応しい給料を出す気がないブラック環境から逃げるべき!

そしてこういう職場は例外なく労働力に見合った給料が出ない職場で、労働力に対して報酬を出すという観点がものすごく薄いのです
 
だからこそ働く量を減らして給料はできるだけ労働効率を高く保つ必要があります
 
 
そのように沢山働いているはずなのに給料は据え置きで労働から見た資金効率が下がっていくというのは本来はおかしいことであると断言できますし、そういう労働にふさわしい給料を出すということをしない会社はいずれ労働力不足でつぶれるのは時間の問題です
 
短期的に見れば仕事を過剰に押し付けられる、中期的に見れば頑張っても給料が増えない、長期的に見ればどうせ辞めることになったり人がいなくなって潰れるというどの視点で見ても損しかしない職場の特徴なんで損切りは早めにするべきですし、今は転職もやりやすい時代になりましたので労力を使うならそっち方面に使うべきです
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
  
まともじゃないブラック企業は我慢しても改善することなんか絶対にありませんし、自分はさっさと抜けるというのが一番いい対処法なんです
  
今はこのようにブラック企業を排除した求人を集めているサービスがある時代なんでそういうところを利用してクソゴミ環境から抜けるべきでしょう
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事