こちらの記事もどうぞ!


ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!


ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
【AI投資】トライオートFXで自動運用の利益をまたもや更新しました!
  
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

 

 

そんな職場はマジで働く価値なんかないですね


どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!

ブラック企業という底辺を転々としていると職場環境や待遇の悪さからゴミのような人間しか残らず極端にストレスが溜まったりガチンコの殴り合いの喧嘩に発展することというのは決して珍しくありません
 
私自身も過去に何度かそういう現場を目撃したこともありますし、実際に当事者になったことというのもあります

結論から言ってしまうと殴り合いにまで発展するような会社というのは本当に就職する価値がないゴミでしかなく、とっとと脱出するべき底辺であると断言できます
 
普通は殴り合いにまで発展しないことが当たり前ですが、そこまで発展しそうだったりしてしまうような職場というのはかなり異常な環境です

そんな職場に長居しても全くメリットはないということを記事にしていこうかと!

ストレスが過度に溜まる職場は労働環境も待遇も人も全部悪い

私の経験上では殴り合いの喧嘩に発展するような職場というのは労働環境や待遇が非常に悪く、まともな人間はすぐにやめてしまうので残るのは他の職場に移れないようなゴミカスみたいな人間が多いです
 
その結果としてそういうゴミは周囲に当たり散らすことで周囲のストレスを貯め、一触即発な爆弾をあちこちに抱えているので些細なことが引き金となって今まで貯めたストレスが洪水のようにあふれかえるので殴り合いになったときに本当にどちらかが大けがをして戦闘不能になるまで止まりません

ひどいときになると現場仕事だと工具なんかを持ち出してそれらを凶器にして本当にお互いを殺しかねないくらいの勢いでやりあったりしますからね

また殴り合いのきっかけを作るような問題ある人間を解雇できないほど人材に困っており、労働力がないからこそ稼げないという状況に陥っている底辺であるということもあわせて言えます

本来であればいい大人がそのような殴り合いなんてする状況ははっきり言って異常なことなんですが、その異常なことが起こってしまうという事実がおかしいのです
 

殴り合いになったときに大体は立場が下の人間が悪くなる

これは私自身が過去に何度か経験したことなんですが、殴り合いになった時というのは先にきっかけを作った側でもなく先に殴り掛かった側でもなく大体は立場が下の者が無条件で悪者にされます
 
 
よくあるきっかけとしては普段から上司がパワハラなんかでいびっていたとしても「我慢しないほうが悪い」とか言われたり
 
上から先に殴りかかって攻撃して来た時は「愛のムチだ!」ということで正当化されたりされるくせに下から殴れば「暴力を振るうことは常識がないやつ」とレッテルを張られたり
 
 
このようにして上が喧嘩のきっかけを作ったにも関わらず耐えないほうが悪いということになってしまうことが非常に多いです
 
まるで泥棒に入られたのはカギをかけてないやつが悪いという理論と同じですが、これってよく考えたら盗むやつがいなければカギなんか掛けなくていいわけで盗む側が全面的に悪いのです
 
けれども上のパワハラは正当化されるということは非常に多く、喧嘩両成敗なんてことは少なく下に理不尽を押し付けられる傾向が強いです
 
 
そういう臭いものはすべて下に押し付けるという姿勢の職場環境だからこそ極端にストレスが溜まって殴り合いに発展するということも言えます
 
はっきり言って下の立場で長居しててもいいことは全くありません

殴り合いをすることで職場の風紀を乱したという理由で解雇になる

これは私自身が受けたことではなく殴り合っている人間が来なくなり、その理由をほかの人から聞くと
 
 
「職場の風紀を乱した」
 
 
という理由で解雇されたと後から聞きました

実際理由なんか後付けでどうとでもなるんでしょうけど、こういう解雇されるようなきっかけを作るというのは間違いないんですよね

本当の理由は会社の業績悪化とかだとしてもそれっぽい理由を作ってしまうということはいくらでもできますし

そのような理由から殴り合いをすると解雇されたり処分される確率がかなり高くなります

私個人の意見を言えば殴り合いになるような底辺環境は殴り合ってスッキリしたらとっとと解雇されて会社都合で辞めても全く問題ないのですが・・・

傷害罪で捕まったり最悪の場合は殺人になる可能性も・・・

あとは殴り合いというのはケガをさせてしまえば傷害罪でつかまったり、当たり所が悪かったり勢いあまってしまって殺してしまうことで殺人にまで発展するということは十分にあり得ます
 
傷害罪であれば初犯で執行猶予がつくならともかく、会社に居るようなゴミを殺して刑務所に入るのって本当に割に合わないんです

突然の事故とかで加害者が危害を加えてきたみたいな避けれないものであれば最悪殺し合いになっても戦うべきかもしれませんが、職場のクズなんてのは職を変わってしまえばほぼ二度とかかわることがない人間ですからね

人が怪我したり死ぬときなんてのはどんなことが起こるかわかりませんし、たまたま打った軽いパンチが連鎖して後頭部を強打してお亡くなりなんてことも十分にあり得ることなんで一番のリスク回避方法は喧嘩をそもそもしないということなんです
 
そしてそんなことをやらないためにも、そもそもが喧嘩のきっかけすら起こらない環境に移るということが大事なんです

終わりに・大事になる前にゴミクズ底辺の人間は切り捨てるべき!

はっきり言って喧嘩なんのはしないのであればしないに越したことはありません
 
確かにやれば一時はすっとするかもしれませんが、そもそもマイナス感情を受けてたものがゼロに戻るかもしれないってだけでタバコを吸っている連中がヤニ切れてイライラしてタバコ吸いなおすのと同じでプラスではないのです
 
 
となるとそもそもストレスをためずに喧嘩のきっかけすらない環境が当たり前であり目指すべき環境であると断言できます
 
職場環境や待遇、人間関係などまったくもって褒めるところがない会社とか就職する価値もないのでやめて当然なんです 

   
ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!  

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
何度も言いますが普通は殴り合いなんて起こるどころかきっかけすらないことが普通であり当たり前です
 
どんなに小さな火種でも爆発のきっかけにはなりますし、ストレスという爆弾を詰め込んで火がついて取り返しのつかなくなる前にそんな底辺くず環境から抜けて真っ当な環境に移るべきだと断言しますね!

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・キャリアスタート


ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!

 
 

・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

 
実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
無料で登録出来て大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!



こちらの記事もどうぞ!


ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!
 
【AI投資】トライオートFXで自動運用の利益をまたもや更新しました!


 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事