こういう利用者目線で見ていいと感じるところは・・・


どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!

就職先を探そうと思ったときに自分がその店やサービスを利用してみて「ここよかったな」と思って就職先を決めるということをやる人って少しではありますが確実に存在するはずです
 
これは株とか買うならその会社のことを調べるという意味ではいい方法なんですが、これが労働者になるとなると話は別で、むしろ自分が利用してみてよかったと思うような物やサービスを提供するところに就職すると大体しんどいです
 
 
こういう極端に安くていいサービスを提供しているところというのは大体何かを犠牲にしていることが多く、その多くが従業員の人である可能性がかなり高いです
 
 
今回は就職先を探すときに安かったりサービスが良かったりするようなところには就職すべきではないということを記事にしようかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

安く薄利多売をしている店は裏で従業員が悲鳴を上げている

まず最初に薄利多売で商売をしていてサービスや物が安いなと感じるようなお店では裏では従業員が悲鳴を上げているケースが多いです
 
 
薄利多売ということはそれだけ利益を削っているのでたくさん売る必要があり、また少ない利益を伸ばすために従業員の配置が少ないことが多いです
 
例を出せば深夜のファーストフード店なんかがよくやってるワンオペとか人件費削減のやっちゃいけないところまでやってる例ですね

ワンオペはブラック企業の証!働く価値のない職場と断言する!

関連記事

更にそれだけ人件費を抑えられている上に利益も少ないので確実に労働者への手元へ行くお金が少なくなる傾向があり下手すれば最低賃金付近だったりサビ残などを考慮すると余裕で下回ってしまうということもあり得ます

これはコンビニやスーパーなど小売業界で起こる傾向で、ああいう職場は大変な割に給料が本当に出ませんからね・・・
 
 
滋賀で有名な鳩のマークのスーパーとか地元では知らない人がいないくらいのブラックで人が1か月持たないことがザラですし・・・

サービスがいいところは働く側になると堅苦しい

自分が利用してサービスがいいなと感じるところで働くと逆にマナーガチガチで教育されるんで堅苦しいんですよね
 
そういうことが自然体でできる人なら悪くはないんでしょうけど、ちょっとでもガサツだったりするとストレスが半端なくたまります

本当に重箱の隅をつつくように一挙一挙の動作まで怒られることになるのでやっているとストレスのはけ口に当たられているのかと思えるくらいですからね
 
実際上もそれ以上により上の人に言われているんで確実にストレス発散は行っているでしょうけど・・・

あとは24時間営業の店なんかも利用する側としてはいつでも利用できて便利と思うかもしれませんが、労働者目線で見れば寝るような時間でも働かされるとかたまったもんじゃないですし、わずかな手当てをもらったとしても健康被害的には全然割に合いません
 
便利だなって思うことには何かしらの犠牲があり、その犠牲が大体は働く人なんです

物がいい会社は神経が磨り減るくらいにチェックが厳しい

工業製品などでモノがいいなと思う会社で品質管理をしっかりしていますということは、労働者になれば神経をすり減らして確認しているのです
 
私自身が某大企業で派遣をしていた時には品質管理は徹底していましたが、そのための講習なんかも仕事が終わってからふらふらになりながら参加させられるとかありましたし、場合によっては休みを犠牲にしてまでそういうことをやっていたケースも存在します

日本では過剰品質を求められることがあるので必要以上の確認をすることで余計な手間で神経をすり減らしてしまっているのです

やはりそういう過度な良品を求める姿勢が労働者にかなりのしわ寄せがきてしまっているケースがかなり多いといえますね

終わりに・利用者目線と労働者目線は真逆だと思ったほうがいい

はっきり言って利用者と労働者というのは目線が逆なんで利用者目線でいいなと思うモノやサービスを安く提供しているところはそれだけ労働者にしわ寄せがいっているのです
 
安くてサービスが良くて物がいいというわがまま放題の消費者に合わせることで働く側としては割に合わないことをこなされていると思ったほうがいいです
 
 
確かに株を買うのであれば現地でサービスやモノなどの確認していいなと思うものを買うのはいい方法ですが、少なくとも働く場所を探すのであれば自分がいいなと思ったものやサービスを提供するお店は働いてもしんどいだけで状況によってはブラック企業化しているということも決して珍しくありません

労働者目線で考えると利用者には多少は粗や雑さがあって少々高いなと感じるところのほうが働いていて楽なんでそういうところを探すべきですね
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
あまりにも従業員を搾り取る姿勢の会社はそれだけ人が辞めていく傾向があるので短期で見れば悪くないですが長期で見ると傾く傾向にあります
 
やはり労働者視点で見て働きやすい会社というのは時間がかかっても伸びる傾向にあるのでそういう意味でも働きやすい職場を探したほうが長期的にはいいので、そういう職場を探すためにもぜひ!

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事