最大の配慮は産休ですよね

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!
 
ツイッターを見ていると
 


こんなのを見て、これが妊婦に優しいとか言われていたのですが
 

なんというかズレてるなとしか思わないんですよね
 
妊婦に仕事をさせている時点で、かなりそういう職場って危ないんですよ
 
 
配慮しているとか言いながら、働かせている時点でおかしいなと
 
 
私自身が数々のブラック企業を見てきたときに、こうやって妊婦を働かせている職場ってのはブラック企業しかなく、ぶっちゃけ底辺職であることが大半です
 
今回は妊婦を働かせているような会社を真っ向から批判していこうかと!

複数利用推奨!ブラック企業を排除した転職エージェント!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!

詳細はコチラにて!取材してきました!


就職支援のJAIC(ジェイック)
 ・ジェイック
34才までとエージェントの中では年齢制限が高め!

就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!

正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです


 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%! 
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能! 
月収25万以下であれば収入増加も可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

最大の配慮は産休である

間違いなく言えることですが、妊婦に対して最大の配慮というのは産休であり、仕事をさせているという時点でかなりアウトです
 

たまに「妊婦にも配慮しています」なんてことを言ったりしている職場を見てきましたが、それって風邪ひいた奥さんに対して「自分は外で食うからいいよ」みたいなもんで王様のやさしさなんですよ
 
ぶっちゃけそういう現場見たら「いやお前が作れよ」って思いますよね?

 
それと同じで妊婦に配慮をするということであれば、そもそも働かせるなって話ですし、産休を用意して休んでいる間に5~7割くらいの手当てを出せばいいだけの話です
 
会社も国に申請すれば出してもらえるものなので、それをそっくりそのまま渡すだけでいいのです
 
 
もし知らないとすれば労基法などにも無知な会社であると言えますし、知っててやってるなら人材確保に困るようなブラック企業であると断言ができますね 

そもそも妊娠中も働かないといけないくらいの経済状況の会社が危ない

そして妊娠中でも働くというのは十中八九が経済的にキツイという理由で働く人がほとんどです
 
誰だって好き好んで安静にしてないといけない時期に働くなんてバカな真似はしたくないはずですし、やっているという時点で働かざる負えない理由があるのです
 
 
本人が相当だらしない場合を除いて、産休など予測できるイベントに合わせて貯蓄が行えないほど給料が低い会社であるような経済的にかなり危険水域になっている場合がかなりあります
 
 
それに伴い人材の流出や、新たな確保が難しい状況で、そんな妊婦でも働かせないといけないようなほど人手に困っている会社だということです
 

仕事が原因で流産しても会社は責任を取らない件

私が介護をやっていた時に、妊婦の人が人手不足だということで働かされていました
 
その結果として、流産か死産かはよく分からなかったのですが、お腹の赤ちゃんがダメだったという事になるという事が起きました
 
 
しかしそうなったとしても会社は「自己責任」という言葉を押し付けるだけで、責任を取ることは一切ありませんし、だれも責任を取ることは出来ません
 
自分の身を守るのは自分自身という説はわからなくもないですが、これを危害を加える側が押し付けてくることが多く、はっきり言ってそれは間違ってると断言しても過言ではありません
 
 
このように妊婦を働かせるような底辺クソ環境では何かあったとしても自己責任として片付けられてしまうので、自分の身を守るという意味でもとっとと離れなければなりません
 

終わりに・妊娠しても働かされるような会社は間違いなくやめるべき底辺

そういうわけで妊娠しても働かされるような会社は間違いなくやめるべき底辺の労働環境であると断言が出来ます
 
本来であれば産休で休めた上に、手当をもらえて経済的困窮をしないのが普通なので、その当たり前がないという時点でかなり危ないです
 
 
いくら口では働く妊婦にも配慮とか言っていたとしても、その妊婦が働いているという状況がおかしいと断言が出来ます 
 
ベストな対応は産休であり、それを行わない会社は労働者への配慮がないといっても過言ではないのでとっとと辞めて環境を変えるべき会社の特徴です 
 

  
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!
 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介してます
 
何度でも言いますが世の中のホワイト企業と言われているところは休みつつも手当てで収入が途絶えない産休があることが普通であり当たり前です
 
よってその最低限も無いような会社は就職する価値なんか全くない環境なのでとっとと逃げるべきだと断言します!

ホワイト企業への紹介付きオンラインスクール「ウズウズカレッジプログラミングコース」

ブラック企業を排除してホワイト企業への就業斡旋のウズキャリがやってるオンラインスクールです
 
コロナ禍の中で唯一求人が増えているIT関連にどういう事をしたらいいのか分からないという人にオススメ!
 
不況に強く需要の高い技術を習得して プログラミングの基礎を積んで、習得後はホワイト企業への斡旋かフリーランス両方選択出来るのでブラック企業から逃げたい人にはぜひ!
 

全国どこでも利用可能で費用も他のオンラインスクールよりもかなり安めです
 
 

 

ブラック企業を調査して排除した転職エージェント!


・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!
 
  

就職支援のJAIC(ジェイック) ・ジェイック
39才までとエージェントの中では年齢制限が高め!
WEB面談も対応で就業希望地もほぼ全国の主要都市対応!
正社員への就職成功理宇81%以上と入社後91%の定着率が強みです

 
 
・キャリアスタート
36才まで対応のエージェントで入社後定着率が92%!
最近は全国各地対応しつつありで直接行かなくても電話やラインで面談可能!  
月収25万以下であれば収入増加が可能なエージェント!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

おすすめの記事