ほんと3000円以下って人をなめすぎですよね
 
 
 

どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
最近うちのブログに「昇給3000円」とかのキーワードでたどり着く人が多く、過去記事で昇給に関して

昇給が年5000円以下はブラック企業の証!続ける価値は全くない!

毎年の昇給が1万円未満の会社は就職する価値なしブラック企業だ!
 

こういう記事を書いているのですが下には下があるな・・・と
 
 
私自身も年の昇給が3000円程度の職場にいたことがあるので分かるのですが、本当にもう今すぐ辞めるべき底辺のごみで働く価値なんかミジンコのクソほどもないブラック企業なんですよ

今回はこの昇給3000円以下ということに絞ってとっとと辞めるべきだということを記事で書いていこうかと!
 
 

利益がないか人件費を極端に絞っているかのどっちか

昇給が年3000円以下の会社は会社の利益がないのでたったそれっぽっちの昇給しかできないか、もしくは人件費を極端に落として経費を削減しようとするクズのどっちかであることが多いです
 
体感では半々くらいの可能性ですが、どっちにしても長く務める会社ではないということだけはよくわかります

更にそこから半分くらいがこれらが複合していることが多かったです
 
 
前者の場合は赤字を垂れ流していて、国からの処遇改善手当を

 
こうやって赤字補填に使われたりして結局手元に来ることはなくむしり取られたということがありました

後者は理由をつけて人件費をけちる会社にありがちで好景気の時は「不景気に備えて」とか言って不景気になったら「今は不景気だから」とか言って内部留保を外に出そうとしないんですよね

初任給がある程度あっても年数が経てば他と差が大きくなる

昇給額が小さいと初任給がそこそこあったとしても年数が経過するにしたがって他の会社との差が大きく開いていくことになります

年3000円昇給と5000円昇給と1万円昇給で仮に40年務めたとしてもらえる額は
 

・3000円昇給で2952万
 
・5000円昇給で4920万
 
・1万円昇給で9840万
 
 
という感じで昇給額だけでもとても大きな数字となって開いてしまうのです
 
こんな大金であれば宝くじで当てるかスーパー投資家くらいしか稼げない額で昇給が少なくてもいいやとかいって我慢している場合じゃなく、今すぐにでも行動しないとこの差が縮まるどころか悪化して開く一方なんです
 

大体は労働者のことを利益を生むATMくらいにしか思われてない

こういう年の昇給が3000円の会社というのは基本的に労働者を相当舐めてかかってないとしないようなクソ待遇だと断言できます
 
なのでかなりの確率でないがしろにされる可能性が高く、労基法違反とかも平気で行うブラック企業であることが多いです

そういう悪条件に文句を言えば嫌ならやめろの精神で排除されてしまい、残るのはそんなクズ環境でもほかに行けないカス人材しか残りません
 
そうして仕事の質が下がって利益も減って、それでも利益を出すために労働者から絞って・・・というループに陥りやすいのです
 

はっきり言って労働者という人ではなく、利益を生み出すための使い捨てのATMくらいにしか思われてない証拠なんですよね
 

税金の上がり方のほうが遥かに速いので手取りが減っていく

それと今の日本というのは政治家のバカがお金をどんどん無駄遣いして垂れ流すので税金は上がっていく一方です
 
その税金の上昇に3000円程度では追い付かなくなって、長く働いて仕事に熟練しているはずなのに手取りが減るということになってしまいます

他にも赤字を垂れ流す企業であればそれを理由に賃金カットを正当化してきますし、人を舐め切った会社であればこれまたいきなり嫌ならやめろという姿勢で賃金をいきなり削ってきます
 
本来であればこういう賃金カットは労基法違反行為なんですがブラック企業にはそんなものはお構いなしです

 
なのでそういう会社に居たとしてもどんどん手取りが減るので綿で首を絞められるようなもので、最初はきついなー程度でも気が付いたら死ぬくらいまで食い込まされてしまうのです
 
だからこそ最初の余裕のある段階でとっとと逃げるべきなクソブラック企業だと断言ができるのです
 

終わりに・昇給3000円以下は人をナメ腐ったクズ企業だ!

そういうわけで昇給が3000円以下というのは人を舐めすぎなんです
 
5000円以下でもブラックだと言えますが、はっきり言ってそれを上回るゴミクズっぷりを発揮しているので長く居ても損するだけなんで損を減らすためにも今すぐにでも動くべきです
 
 
もう3000円以下とか全く普通じゃないし、高校生のお小遣いのほうがまだ増え方がすごいくらいですからね
 
はっきり言って子ども以下の扱いだと断言していいですし、そんな会社は今すぐにでも辞めてもっといい環境を目指すべきでしょう

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
昇給が3000円以下の会社ははっきり言って人として扱われてないのでブラック企業の中でも特にブラック企業だと断言ができます
 
間違いなくそんな会社に居ても大損するだけで一秒でも早く辞めないと得られるはずの利益がどんどんなくなっていくので、もっとちゃんとしたまっとうな会社へ環境を移るべきだと断言します

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事