椅子を用意するだけでもかなり対費用効果高いんですけどね
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
近所のスーパーに買い物に行くと、レジで椅子が用意されているのを見て「あれなら働きやすそうだな」とか思いながら見ていました
 
そして今まで自分の居た会社のことを思うと座り作業でもできそうなことなのに椅子を設置せずに立って作業することを強要されてたことって多かったなと感じています
 
 
今までのことを振り返ると座ってできる作業は座ってやったほうがいいですし、椅子を設置しない会社というのは従業員への姿勢や経営者のバカっぷりを表してるブラック企業かどうかを見極めるポイントとして有効だと感じました
 
 
今回は座り作業でもよさそうな仕事で椅子を設置しないような会社のことをディスる記事を書いていこうかと!
 
 

座り作業は継続性で見れば対費用効果がかなり高い

私自身がたまーーーーーに座り作業で仕事をしていたことがあったのですが、座り作業というのは立ち仕事に比べて疲れないんで継続作業力がかなり上がります
 
ほかにも体への負担が少ないので立ち仕事よりも体を痛めることも少なかったですし、椅子なんてせいぜい3000円もあればそこそこいいものが買えるので、たったそれだけで体力の温存や人体への負荷という点からみて椅子に座って作業するというのはかなり有用なんです

従業員が疲れずに作業が出来たり、体を壊さなくてすむから病院代などが浮いたりといいことばかりなので座って出来るようなことって間違いなく座ってやったほうがいいです
 
別に仕事なんてのは修行やトレーニングと違うので楽できるところはわずかな隙を見つけてでも楽していくべきなんですよね
 

わずかな投資をケチって人から搾りつくすブラックな姿勢だということ

そして椅子を設置しない会社にありがちな話として
 

・椅子を設置する費用がもったいない
 
・立ち仕事のほうが効率が上がる
 
 
という大体はこの二点であることが多かったですね
 
 
前者は私がかつていた会社で

「設備費用を極力落として利益を上げているんだ」

とかバカ経営者にどや顔で言われた経験がありますが、従業員への負担を減らす投資を惜しむのは作業効率を下げることにつながりますし、従業員そのものを替えの利く金を生み出すATMくらいにしか思ってない証拠で、そういう会社は人への投資を惜しむので上げた利益とやらを自分の懐に入れるだけの肥え太った豚が多かったです

後者の意見としては確かに瞬発的には作業効率は上がるかもしれませんが、せいぜい立ち100%の座り90%くらいの効率になるくらいだなって感じました
 
しかし体力温存の継続性という面を見れば体感で3倍は軽く見積もっても変わりましたし長期的に見れば絶対に座ったほうがいいです
 
 
このようなところは時間当たりの作業量をとにかく負担を考えずに詰めて利益をむしり取ろうとする傾向が強く、フルマラソンを体力の配分を考えずにただひたすらに全力で短距離走のペースで走れって言われてるのと何も変わらないのです

確かに最初はいいかもしれませんが、絶対に長く続ければ続けるほど作業効率も落ちてきます

前者は金銭面、後者は体力面と両方共の姿勢から従業員から徹底的にむしり取って絞りつくそうとする姿勢の会社ということの証明だと断言ができます
 
そういう会社の仕事は徹底的に働かせようとするので体力面でしんどいくせに長期的な視点で効率悪い働き方で利益がないうえにケチなデブ豚が経営だという理由で給料が割に合わないことが多いと断言ができますね
 

精神論が大好きな頭が蛆虫にでもやられたバカ上司がいる証拠

もう一つ言えることは椅子を設置しない会社というのはとにかく無意味を通り越して害しかない精神論が大好きなウジ虫に頭をやられたバカがいる可能性が非常に高いです

上記のように立ってやるって行動は労働者目線で害のほうが大きく、それを推奨するということであれば何か根拠がないとって思うんですよね
 
 
しかし実際こういう職場から言われることって
 

「座りたいとか甘えたことを抜かすな!」
 
「しんどい思いをしてこそ仕事は一人前だ!」
 
「そんなことを言ってる暇があるなら手を動かせ!」
 
 
とまぁ上記の回答は実際に私が言われたことある回答ばかりで中身が何もないんですよ
 
もしこれがちゃんとした根拠があって反論があるなら聞く余地もありますが、今まで言われて何一つとして根拠はありません
 
 
座って仕事を否定するという理由が明確になく、返ってくるのがだいたい精神論しかないという点で在席しても無駄な苦労をするだけだという証拠です

 

終わりに・椅子の有無はブラックかどうかを見極めるのにかなり有用だ!

そういうわけで座って作業できそうなことで椅子に座ってやれるかどうかというのはブラック企業かどうかを見極めるのにかなり重要です
 
椅子があるというだけでも従業員を労り大事にする姿勢があるという証拠ですし、逆であれば蔑ろにしている証拠です
 
 
校舎であれば蔑ろにして利益を絞りつくすのか椅子すらも設備投資できないくらい職場が弱ってるのか・・・どっちにしても自分が働く価値がないことだけは確かであると断言ができますね
 
 
もし座り仕事でもよさそうな作業でも椅子を用意してない会社であればそんな会社はとっとと見切りをつけて新しい環境を目指すべきだと断言できます!
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  


 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
人を雑に扱って利益を出そうとする会社で働いてもしんどいうえに自分への実入りは全くありません
 
椅子すらも置けない会社ははっきり言ってゴミだと断言ができるのでそういう環境から抜け出すためにもぜひどうぞ!
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

 
 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事