実体験よりいろいろ語ります
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
今いる会社がブラック企業だけど転職すると年収が下がるという噂を聞いて動けないという人は結構多いんじゃないかなと思います
 
転職した経験から結論から言うとあれはぶっちゃけ半分は嘘だったなと感じています
 
 
私自身は転職を何度も繰り返しましたが基本的にずーっと右肩上がりでしたしね
 
 
確かに昔であればその説も正しかったのかもしれませんが、少なくとも現代では年収が下がるということはそんなにないなと感じました
 
今回はこの件について記事を書いていこうかと!
 
 

元が下がりようのないブラック企業である

まず断言しますが、年収が原因で転職を考えるようなところは元が下がりようのないブラック企業である場合が多いです
 
むしろ労働環境が原因でも労働者を蔑ろにしているからそんなにいい給料じゃないというケースが大半ですね
 
 
私の場合は新卒で入った初任給の手取りが98000円という額でしたが、以後は転職を繰り返してもこれを下回るということはなかったです
 
特に手取りで15万円以下なんてのは底辺中のド底辺なんで悩む必要がそもそもありません
 
ただでさえ低いどんぐりの背比べにやすりをかけて削ってどうするんですかって話なんですよね

間違いなく手取り20万以下の状況であれば、それはもうフルタイムで働く価値がない証拠なんで下がるとか下がらない以前に就職する価値がないということです
 

過去関連記事
 

同じ会社に継続して働いても昇給額と退職金が少ないので無問題

よくある転職すると年収が下がる論の原因となっているのは昇給額の問題で、昔は初任給が少なすぎる代わりに伸び率も半端ないという状況でした
 
私はバブル期に働いたことがないのでその当時に働いていた人間の言葉だけしか知りませんが、少なくとも誰に聞いても半年に1万円以上の昇給が当たり前だったという話ばかり聞きますね
 
 
確かにそれだけの伸び率であれば転職して昇給額がリセットされるようなことであれば当然転職をしないほうが得ということも分かりますが、少なくとも今のご時世でそれほどの昇給を行う会社は私の知る限りではありません
 
むしろ初任給を多くして伸び率が悪くなってるといっても過言じゃありません
 
 
また私の過去の話になるのですが初任給98000円の会社の昇給が年5000円でしたが、次に転職した会社は手取り13万ほどだったので追いつこうと思ったら最低でも5年はかかる計算です
 
そして転職市場なんてのは経験よりも若さのほうが大事なんで、こんなゴミ給料と昇給程度では初任給多いところを目指したほうが数年分と同じ以上の額の上昇になることも少なくありません
 
 
なので年収を下げたくないと感じるなら今の職場よりももらえるところを選択すればいいだけの話です
 
 
更に昔であれば継続して勤務することで退職金などもすごい額になるという時代背景もあったので、辞めずに40年いると5000万とか入る時代だったということも聞きます
 
しかし現実にはそこまで退職金を出す会社もなくなりつつあり、それどころか大企業ですら目先いつ潰れるかわからないという状況です
 
現にエアバックを作っていた某大企業では従業員が倒産する前日まで状況を把握してなかった。ということもありましたからね
 

実質な使えるお金という点で見るべき

もひとつ変わり種の視点の話ですが、総支給額だけで給料を見るのではなく、実際に手元に残るお金という視点で考えるのも悪くないのです
 
 
例えば通勤に車が必要なほど遠方だった場合、これを車が必要ない距離まで就職先を近づけたら車に乗らなくて済みます
 
私は通勤以外は車にほとんど乗らなかったので別にないならなくていいという人間だったので車を手放すことで通勤手当はもらっていても車の整備費用や保険代は別なんでその分が大きく浮きました

ほかにも会社から無駄に社員旅行費を徴収されたり、他にも何か払わないといけないというときには実質な手取りが減りますし
 
経費を一円でも自腹を切る必要がある職場は辞めるべきブラック企業だ!
 
そういう時は過去にブラックだと断言はしておりますが、そういう働いているのにお金を減らす必要があるということをなくせれば実質な手取りが増えるのと同じことなんです
 

終わりに・転職を繰り返しても下げようと思わなければ下がらない

そういうわけで転職を繰り返しても今の職場よりも下の職場に転職しなければ年収なんてのは下がりません
 
下がるという説はもう昔の話ですし、今はむしろ低いところで我慢して年功序列の時代ではなく、よりよい条件のところにどんどん乗り換えていく時代なのです
 
 
これを不義理と思う人もいるかもしれませんが、そもそも先に会社から個人を切りに来ている時代なのでこっちも割り切ったドライな関係でいいのです
 
むしろ生活すら怪しい給料しか出せないカスブラック企業がそういうことを口出しする権利はありませんしね
 
 
私の経験上では年収が下がるから転職するなと脅してくる人間は、基本的に会社側であれば人材を流出させないための脅しで、親族であれば転職を恥だと思って恥さらしな身内を作りたくないというメンツからそういうことを言ってくる人間が多いので無視したほうがいいと断言します
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  


 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
今のご時世は給料が低い会社ほど人をないがしろにするクソ企業なので、収入が悩みにならないような会社への転職を目指すべきです
 
確実にこういうエージェント経由で募集している企業のほうが年収が高くなるので一度利用してみてはどうでしょうか?
  

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事