ブラック企業ってやたらと始末書書かせるの大好きですよね
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!
 
 
以前
 
仕事のミスで反省文を書かせる職場はブラック企業だと断言する!
 
 
こんな記事を書いたのですが反省文と同様に始末書をやたらと書かせようとする企業もブラック企業であると断言ができます
 
私自身が反省文と同様に始末書をたくさん書かされた経験があるんですが、本当にあれってパワハラなどの嫌がらせとしてしか機能しておらず、書くことで労働者への不利が滅茶苦茶大きいです

 
今回は私の実体験を元に始末書を書かせようとする会社はなぜブラック企業なのかということについて記事を書いていこうかと!
 
 
 

ブラック企業を徹底排除した就業支援ウズキャリ関連いろいろ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ) 
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
 
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
 
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・ウズキャリIT 
こちらはブラック企業を排除しているウズキャリの中でもIT関連に特化し、 IT関連未経験でも専門的な就業サポートがあるので利用可能です
 
一般的な就業よりもSEやプログラマーやインフラエンジニア方面を目指すのであればこちら!
 
IT関連は今後も需要があり続け、在宅・リモートの多い仕事なので将来性で言えばこちらかなと!
 
・ウズウズカレッジCCNAコース
こちらはITコースをより特化・専門家した内容で転職斡旋付きの全国でも使えるオンラインスクールで、通信インフラ技術認定資格の「CCNA」を最短1か月~最長3か月のサポートで取得可能です
 
ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能、就職だけでなく技術をつけてフリーランスも視野に入れてるなら是非こちら!
詳細はこちらにて!取材をしてきました!

やめさせるときに不祥事があった証拠として残る

やたらと始末書を書かせようとする会社というのは、何か不祥事があったときに解雇するための口実として書類で証拠を残すことが大好きです
 
本人の直筆で資料が残っているとそれが有力な証拠となり、それを口実にやむ負えなく解雇したってことが通用してしまうのです

はっきり言って長く雇う気がないということの裏返しでもありますし、そういう会社に長居するメリットはないということでもあるんです

ブラック企業だからこういう人をないがしろにするための方法であれば用意周到に行うクズであるということなんですよね
 

本当のことを書いても自分自身が悪いという風に提出しないと再提出を促される

これは私自身も何度もあったことなんですが始末書というのは本来であれば何か問題が起きた時にその起きた原因と問題点を浮き彫りにするためのものです
 
しかし実際には問題点を書いたとしても

 

このように自分が悪かったですという感じで書かないと再提出を促されるということが多く、その理由としては上記の辞めさせる口実に使うというのと合致するんです
 
これがもし職場が悪いって書き方をしてもいざ辞めさせるときに会社都合になってしまいますからね

始末書ってのは不祥事を個人の責任として押し付けて証拠を残させる以外何もありません
 

事実上の嫌がらせとしてしか機能していない

そして始末書というのは確実に書かせることで嫌がらせとしてしか機能しておらず、職場が改善することというのは全くありません
 
 
ひどい会社になると命令をしたのにもかかわらず始末書は自分のミスで生産性がない行動だと言って拘束したのにも関わらず残業代が出ないということもあります
 
そういう時にあまりにもバカバカしくなったので給料出ないならやりませんってことで放棄して帰るようにしたら翌日すごい剣幕で詰め寄られたりしました

上記に書いたやめさせるための証拠はもちろんのこと、上司が気に入らない部下へのみ強要していやらがせを行うパワハラとしてやってることが多いです
 
実際にどんな不祥事でも笑ってすまされる人と些細なミスでも親の仇のごとく怒られる人が居て後者の人は毎日始末書を書かされてましたしね

そういう嫌がらせを受けたとしても業務が改善するどころか、職場への恨みやストレスが溜まって仕事への意欲がなくなって効率も落ちるだけなんです
 
それでもやらせるということはただの嫌がらせなんです
 

そもそも始末書を強制的に書かせることはしてはならない

そしてこれは仕事を辞めてから知ったことなんですが、始末書というのは強制的に書かせてはいけないというものなんですよね
 
私が仕事をしていた時にはやたらと上司から「自分で書くって言ったんだろ?」みたいなことを言われて薄々おかしいなとは思っていましたが・・・
 
 
理由としては反省や謝罪ということを強要することは憲法違反であると考えられるため、そして賃金をやりとして労働力を提供するという対等な立場であるため一方が屈服させるという行動を強要することはできないという考えなんです

なので本人が出す気がないのであれば退職時の不利な証拠を残すことになるので拒否をするべきと言えるのです
 

ただこれについては就業規則に書かせるような記載があれば拒否すると懲戒処分になるという裁判の判例が昭和42年の東京地裁にあるのですが、そもそも強要してはならないことを強要する会社がまともじゃないので解雇になるならそれはそれで会社都合になってブラック企業から逃げれるということと雇用保険がすぐにもらえるという2重の意味でおいしいです
 

終わりに・始末書を書かせようとする会社は辞めるべきブラック企業の特徴だ!

そういうわけで始末書を書かせようとする会社はまともじゃないのでとっととやめるべきブラック企業の特徴です
 
あれを書かせることで労働者にはデメリットがなく、一方的にデメリットを押し付けてくる会社に居てもいいことなんかありません
 
 
ブラック企業ほど非効率で無意味なことが大好きですし、更には労働者に嫌がらせをして自己満足するクズが多いというのも特徴ですし、その典型的な例が始末書を書かせるという行動で、本来であれば普通の会社はこんなことをやらせる暇があるなら仕事をするという考えを持っているところが多いです
 

 

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
職場で始末書を書かされるような会社はいやがらせ大好きの肥溜めの中身のゲロみたいなクソ環境なのでとっととやめて環境を変えるべきだと断言できますね!

世の中にはもっとまともな企業が多いですしわざわざそんなド底辺にいる必要はないと言えます
 

ホワイト企業へ転職あっせん付き・ウズウズカレッジCCNAコース

未経験でも最短1か月から最長3か月でCCNAの資格取得が可能で、受講後はホワイト企業への転職斡旋付きの全国どこでも利用できるオンラインスクールです
 
就職・転職をしなくてもフリーランスとしてのスキルを身に着けブラック企業から逃れるための足掛かりに! 

ウズキャリのサービスの中では唯一料金が22万と掛かりますが他オンラインスクールよりもかなり安めで分割払い可能(24回で月6875円)
 
 
当ブログよりご利用の方限定で
 
・2週間のコース無料体験実施中
・講師とのMTGは2回受講可能
・体験期間中、学習カリキュラム受け放題
・体験期間中、講師との連絡し放題
・無料体験期間で終了しても就業サポートの無料利用可能
 
と、無料で試せるので、まずは触りだけでも利用してみてはいかがでしょうか?
 

 

おすすめの記事