こちらの記事もどうぞ!


ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!


ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
【AI投資】トライオートFXで自動運用の利益をまたもや更新しました!
  
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

 

 

あんなもん労働者をなめ腐ったカス職場ですよ

どうも!数々のブラック企業を転々としてきたAtusiです!

最近ツイッターのトレンドに手取り15万というのが入っていて中身を見ると最低の暮らしをするための金額とかでそれらに対するコメントにあふれていました
 
中には15万ももらえるなんて贅沢な!みたいなクソリプも数多くありましたけどね

手取り15万と言えば総支給でいえばおおよそ17~18万くらいでしょう
  
  
私自身は手取り15万もらう仕事って過去に2回くらいしか経験はありませんが、ぶっちゃけ月の手取り15万なんて職場は絶対にやめるべき労働者をなめ腐ったゴミ捨て場です
 
はっきり言って「手取り15万ももらえるなんて贅沢な!」とかクソマウントとってる場合じゃないです
 
 
今回はこの月の手取り15万について記事を書いていこうかと!

 

手取り15万は働いて食って寝る以外を許さない金額

手取り15万というのは確かに生きることだけを見れば可能な額です
 
しかしそれって食って寝る以外のことはほぼできませんし、衣食住の衣の部分まで回す余裕ってのはないと思ったほうがいいんですよね
 
それどころか働くために必要な交通費とか経費とか差っ引かれるとなると悲惨なことに・・・
 
 
まだ衣食住を保証してもらえるだけ奴隷のほうがいいと断言できますし、はっきり言って15万とか奴隷以下なんです
 
健康的で文化的じゃなくて本当に超がつくくらいの最低限の生活です
 
 
下手すれば自由があるだけホームレスのほうがましなんじゃないの?って言えるレベルです
 
 
実家暮らしであれば確かに問題なく生活は出来ますでしょうけど一人暮らしであればかなり不自由な生活をすることになりますね
 

病気とか怪我したら積む

手取り15万でぎりぎりの生活ができるというのはあくまで健康で何もない状態の時の話で、ここから病気とか怪我で治療が必要になって入院とかする羽目になったら即積みなんですよね
 
治療費がかかることもそうですが、その間働けないとなると蓄えを切り崩すことになりますが、その貯えがゼロってことですからね
 
 
本当に余裕がないギリギリの状態ってのは一度歯車が狂うとリカバリ不可能になってしまうという綱渡り状態で生きてるようなもんだと断言できます
 
 
そうして病気やけがなどをすれば治療も受けられず、最悪人生がどうしようもなくなるという最悪の事態になってしまうのです
 
 
重量物などを扱うときに実際に本当に耐えられる数値よりもやや低めに設定し、安全係数というのを確保するのですが、手取り15万というのはその安全係数が全くないと言ってるようなもんなんです

それなら生活保護のほうがかなりマシ

手取り15万の生活ってのは本当に生活保護のほうが絶対に良いって断言できるくらいで、生活保護が健康で文化的な最低限度の保証ってことですからそれを下回るってのはかなり危ないんですよ
 
実際生活保護になると月に12万前後の金額が貰えますが、仕事をするための通勤費やスーツなどの必要なお金はいらなくなりますし、医療費もタダになるということを考えれば手取り15万程度の生活なんて簡単に上回るんですよ
 
 
こういうことを書くと「生活保護はもらいすぎだ!」って声が上がりますが、基準を下に下げるのではなく「手取り15万とかゴミ過ぎ!!」って方向にもっていって全体的な水準を上げるべきなんです

こういう会社ほど「高い給料を出してやってる」と偉そうにほざく

そして私自身が手取り15万もないような会社に居た時によく言われていたのがこういう会社ほど
 
 
「お前には高い給料を払ってやってるんだ!」
 
 
ということを声高々に主張してきます
 
全く高くない金額で上から目線で行ってくる姿勢には正直頭に来ましたね

生活保護よりも下の生活しか送れない金額しか出さないって時点ではっきり言って働く人間を馬鹿にしてるとしか思えません
 
仮に会社そのものが稼げなくて手取り15万を捻出するのもつらいって状況ならそれは事業として成り立ってない経営者が無能なカスなんで一秒でも早く会社を畳めって話です

手取り15万ということは月収18万程度ですがフルタイム残業なしで働いたとして時給1071円という計算になりますが、こんなもんを出せない会社は人を雇う資格なんかありません

時給1000円は安い!仕事とは言えず利用されてるだけと断言する!
 
過去記事

稼げない職場だからこそ薄利多売の効率の悪い仕事しかしておらず働く人間からすればしんどいだけで実入りがないんです
 
苦労は美徳って考えているバカほどそういう商売を好みますし、稼げてないのは苦労が足りないという思考になって余計にどんどん仕事がしんどくなりますからね
 
そういう意味でもとっとと辞めたほうがいい底辺であると断言できます

 

終わりに・手取り15万とか最低未満のゴミクズ職場であると断言する

そういうわけで手取り15万ってのははっきり言って最低未満のクズ職場であると断言できますし、そういう職場を見て「俺もっと低いわw」とか言ってる場合じゃないんですよ
 
こういうことを親世代に話すと
 
 
「世の中のみんなはもっと辛い状態で働いていて一生懸命にやっているのに甘えるな!」
 
 
って言われることが多いですが、はっきり言ってそれはバカの意見なんでゴミ箱にでもぶち込んだほうがいいですし、今はそういう苦労に見合うリターンなんか絶対にないです

そんなクッソ下らない底辺争いしている暇があったらもっとマシな職場に行くべきであると断言できます
 
 
収入に関しては

何度も言いますが月収15万ってのは生活保護未満の最低以下の底辺を通り越して地中ですし、そんな地面に埋まってるような職場はとっとと逃げるべき肥溜めでしかありません

もし今それだけ貰えてないのであれば下を見て安心するのではなくすでにもう自分の両足が腐りかけているようなもんですから腐りきって逃げれなくなる前に絶対に環境を変えるべきであると断言します
 
   
ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!  

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
早い話が手取り15万も出せないような会社は奴隷未満の扱いを行っているブラック企業であるということが断言できます
 
そういう会社ほど人を絞るようなことをしないと利益を出せないので、クズ野郎どもの養分になる前に底辺環境からとっとと逃げるべきです

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

 

・キャリアスタート


ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!

  
 

・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ  

 
実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
無料で登録出来て大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!



こちらの記事もどうぞ!


ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!
 
【AI投資】トライオートFXで自動運用の利益をまたもや更新しました!


 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。