危険作業やらせるのに安全に配慮できないクズ企業は人を雇う資格がないよね
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!

ここ最近大阪はマンションなどの建設や修繕が多いみたいでその作業を見てたんですが、全員高所なのに安全ベルトつけずに作業しているのを見て危ないなって感じたんですよね
 
 
私自身は高所作業ではないのですが危険作業を仕事でやっていたことがあったのですが、その時に安全に全く配慮させてもらえずに仕事をしていて

板金加工業は危険!!新卒で入って殺されかけた話! 

新卒で入った会社で先輩がプレス機で指挟んで潰しちゃったり、溶接で面をつけさせてもらえずに顔がただれたりと最悪なことになりました
 
 
はっきり言って危険作業をやらせるのに安全に考慮をできてない会社ってのは人を雇う資格がないクズでブラック企業以下だと断言していいんですよね
 
今回は私がそういう危険作業をしていた時に安全に考慮してない会社はどうしてクズなのかということを記事にしていこうかと!
 
 

安全を無視してやっても得られる時間効率は僅かでデメリットのほうが大きい

安全に配慮する時間というのは本当に小さいことで、例えば
 
 
・ヘルメットを着ける
 
・安全靴に履き替える
 
・安全ベルトを着ける
 
・動いてる機械を止めてから作業する
 

というものばかりで、一つ一つってそんなに時間のかかるものではなくわずか数秒で済むものばかりなんです
 
 
しかしそれらの行動を怠ったことで発生する重大事故はそれ以上のロスを生むことになるので、デメリットから見て得られる時間の節約は本当にわずかなものなんですよ
 
例えるならおなかをすかせた猛獣の群れの檻の中で100円玉が落ちてるからそれを拾おうとするようなもんで、どう考えてもデメリットに対してメリットや報酬があってません
 

なので損得勘定もできないバカが上司や管理者として存在しているという証拠なんですよね

 

大きな事故が起きても会社は責任を取らないし取ることも出来ない

安全への配慮を行って大きなけがをしたり体の一部がなくなったり最悪の場合は死ぬなんてこともあり得ます
 
しかしそんなことになっても会社なんてのは責任を取らないですし、または責任を取ることもできないんですよ
 
 
まず重大事故が起きたとして多少まともな会社であれば労災を使おうとしてくれますが、安全に配慮してないようなクソブラック企業はその事実がばれると営業停止になるので事故があった事実を隠そうとします
 
責任を取るどころか泣き寝入りさせるということを平気でやってきますからね
 
そして仮に体の一部がなくなったり取り返しのつかないことになったとしても割に合わないお金を受け取っておしまいにするというケースが大半で、そのあとは働けなくなったという理由でわずかなお金と雇用保険のために会社都合でポイされて終わりです
 
 
ドラクエみたいに傷が治ったり死んでも生き返らせてくれるというのであればある意味では完璧に責任を取ることができるといっても過言じゃありませんが、この国ではなんでも被害者になったほうが損する仕組みなんで、慰謝料とかもらっても全然割に合わないんです
 

僅かなメリットは取られすべてのデメリットを労働者が受けることになる

上記に書いた安全に配慮しないことで得られる数秒の短縮した時間はすべて会社に取られてしまい、そして怠ったデメリットで心身に大きなダメージを受けることになるのは労働者なんです
 
なので会社から見れば限界まで労働者から搾り取ろうとする何よりの姿勢ですし、こういう会社ほど効率よく時間を圧縮して仕事をしてもどんどん詰められるだけでメリットがありませんし、徹底搾取の意思表示だといってもいいのです
 
 
当然そういう会社は人件費も抑える傾向にあり、労働時間も不当に長かったり、休日なんかも企業に都合のいい独自ルールを作っていたり・・・と数々のデメリットを押し付けられる会社の傾向だといってもいいのです

 
 

終わりに・安全に配慮しない会社はブラック企業を通り越して運営する資格がないクズだ!

なので安全に配慮しないような会社というのはブラック企業ですらなく、人を雇う資格もないクズ集団だと断言していいですね

安全なんてのは労働者が拒否しても会社側が厳命するくらいのものですが、中には労働者が自衛しようとしても阻止してくるような会社も存在します
 
はっきり言って会社が安全に配慮しないことでそのダメージを受けるのは労働者自身なんでブラック企業であれば隠ぺいしてしまえば終わりという考え方なんでデメリットらしいデメリットを感じてないので抑止力がないのと同じなんです
 
 
安全に配慮しない職場にいることで常に神経をとがらせることで精神が疲弊し、疲れで緩んだ瞬間に重大事故につながるので長居すれば長居するほど危険です
 
私自身が過去に数々の危険作業を行ってきましたが、危険作業を行う仕事なんて例外なく底辺のやる仕事でほかにやることがなくて最後に追い込まれた人間が捨て値で自分の命を投げる場なんで経営者もそんな感じで投げやりなお金しか出さないので待遇も悪いことが多いのです
 
 
危険作業で安全に配慮してない会社への一番の対策は、そもそも危険作業を行わない仕事に就職するというのが絶対に安全で有効な対策なんで、薄給激務で搾取されるだけの職場環境からは逃げるべきだと断言します
 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

 
というわけで転職に使えるサービスを紹介します
 
少なくとも安全に配慮できない会社は人を雇う資格がありませんし、また労働者もそんなところで働いてはいけないんです
 
何かあったときにダメージを受けるのは自分ですし、クソブラック企業のために自分が一生残るダメージを負うなんて状況はバカバカしいですしさっさと環境変えて逃げるべきなんですよね
 

無料で使えてブラック企業を完全排除!ホワイト企業のみ厳選したサービス「ウズキャリ」

ブラック企業を入念な取材や調査で排除し、ホワイト企業の求人ばかり集めたエージェント!
 
入社一年後の定着率は94.7%と業界トップレベルで一人20時間近くのみっちりサポート!
 
スカイプや電話などで遠隔地でもオンラインで家の中から就職・転職活動が可能!
 
退職支援も行っており、すべて無料で使えます
 
こちらで取材した内容を公開していますので詳細はこちら!


 

ブラック企業から今すぐ逃げたい人におススメ!

・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!

・第二新卒エージェントneo

一人当たり10時間のサポートで幅広い求人を紹介し、当然ブラック企業を除外して優良企業を紹介!
関西・関東どちらでも利用でき、ブラック企業を除外したことを公言している会社の中では最大規模なので選択の幅が大きいです!
正社員を希望する方なら経験や学歴不問で利用出来て、完全サポートをしてもらえます!

・DODA

上記二つとの違いは30歳以上でも問題なく使用できて年齢制限がないことです!
対応地域も全国各地にあり、各地主要都市以外での就職先も豊富!
求人数が公開、非公開合わせて10万件以上あり、選択肢がエージェントでは最多クラス!
現在はWebやオンラインで面接出来る企業も充実しています

おすすめの記事