ウチのブログのオススメ記事まとめ!


ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する!


ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!

脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた! 
 
【AI投資】トライオートに為替運用させたら71万が93万になりました!
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ!
 

同じ業界にいると似たような会社ばっかりに行くことになります
 
 
 
どうも!数々のブラック企業を転々としてきた経験を持つAtusiです!

 
今いる会社がブラック企業でやめたくても、転職先もブラック企業だった・・・という経験をしたことがある人はかなりいるんじゃないでしょうか?
 
そしてそういう話を聞いて「転職をしても無駄だ・・・」とあきらめて今いるブラック企業で我慢し続けるということをしている人も居るかと予想します

転職して一番怖いのは苦労して動いたのに次ぎもまた同じような結果になるということでどうせやっても無駄という諦めになってしまうのが一番ありがちなパターンです
 
 
しかし転職して次もブラック企業だった人を見ると経験があるからと言って同じ業界に進む人が多いんですよ
 
今回はブラック企業から脱出したければ業界ごと変えるべきだということについて今回は実体験より記事を書いていこうかと!

同じ業界だと似たような待遇になりがち

私も同業種による転職をしたことがあるので断言ができるのですが、同じ仕事内容の業界というのは職場によって多少の差はあっても大体どこも同じような待遇であることが多いです
 
中には頭一つ抜けているところもたまーにあったりしますが、そういう職場は他の同業種にはない強みとかが明確に存在して利益を上げれるんですよね

これは業界内でパイを奪い合っても均一化すると大体同じようになってしまうので、ブラックな待遇の業界というのはそれだけ得られる利益が少ないんですよ
 
例えるなら魚がいっぱいの豊かな海で漁をするのと、魚がいないその辺の水たまりで漁をするようなイメージで、ブラック業界は魚そのものがいないと見ていいですね

なので同業種で転職を行ったとしても大体似たようなことになってしまいますし、今いる職場がブラック企業で低待遇であれば同業種の会社も似たようなことになってしまいます

ブラック業界の具体例としては飲食や介護といった薄利多売なくせに高コストをかけないと運営できないものや、工場で命の危険に晒されつつも同僚がDQNばかりで様々な危害を加えられたり、長時間労働の割には薄給激務で知られる上にトラブルがあったら自費でどうにかしないといけないタクシー運転手などですね

たまにそういう業界でも待遇がいいところはありますが大体はどれも生活保護以下の待遇だったりするのでそういう環境で同業種の転職をしても再びブラック企業に入るという可能性は大きいです

 

ブラック企業の経験とか金にならないゴミスキルだから捨てるべき

よく「今まで経験を積んだのだからもったいない」という理由で同業種の会社に転職する人がいますが、ぶっちゃけブラック企業で得たゴミスキルなんてのは利益にならないのであってもなくても一緒なんですよ
 
それどころか下手すれば経験があるというプライドや先入観のせいで新しい仕事が覚えられないということもあり得るので逆に足手まといになるということもあり得ます
 
 
利益を作れないゴミスキルだからこそ会社全体が利益を出せずに薄給激務で働く羽目になるのです 

 
上記にも書いたように頭一つ抜けている職場があるとしたらほかの企業にはない明確な強みが存在していて、それが何なのかは入ってからじゃないとわからないので入ってから学べばいいんですよね
 
 
それだったらゴミスキルを習得している暇があるんだったらさっさと別業界を目指して転職してから必要なことを仕入れればいいのです
 
これは経験上断言できますがブラック企業で得たスキルなんてのは役に立たないのでないほうがマシです 

 

終わりに・ブラック業界はとっとと捨ててまっとうな業界を目指すべきだ!

そういうわけで今いる職場がブラック企業であればそれはもう業界全体でブラック業界だという可能性が非常に高いです
 
真っ当な業界であればそれだけ正当な待遇と労働環境を用意しなければ人がどんどんいいところに集中してしまってブラック企業は淘汰されてしまいますし、ブラック企業でも生き残っているということはそれだけ業界内の利益が少なくて奪い合いになってもそれぞれが生活というよりは生存するギリギリ未満まで報酬が落ちてしまうのです
 
 
だからこそせっかくブラック企業から脱出したのに転職した次の会社もブラック企業だったという状況を防ごうと思うのであればブラックな業界から抜け出すべきですし、今までの経験なんかもすべて捨てるつもりで動くべきなんです
 
その仕事が本当に好きならブラック業界でも居る必要性があるかもしれませんが、大体の人は生活のために仕事をするのであって金さえ稼げればいいという人が大半でしょう
 
であればなおさら利益が少ないところにとどまり続ける必要性はないと断言が出来ますので、ホワイト企業を目指すのであれば異業種を探すべきだと断言できますね!
 

 
ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 

ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  
 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介してます
 
今は慢性的な人手不足もあり未経験者でも異業種に転職しやすい時代に突入しつつあります
 
まともなところは未経験者でも新人教育を行っているので、そういう真っ当な就職先を探すべきなので、そのためにもぜひご活用くださいませ!

 
後はブラックを避けるためにも
 
ブラック企業からホワイト企業へ転職するには?必要な事書いてみるよ! 
 
過去の私の失敗談からわかったことを記事にしてますので反面教師としてぜひお役立てくださいませ

 

ブラック企業から今すぐ逃げたい20代にオススメ!


 
・ウズキャリ(別名・UZUZ)
 
離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!
内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!
遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!
無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
詳細はコチラにて!取材してきました!


・10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

実際に会社で働いた3700万人の現役社員・元社員の口コミが沢山掲載されているサイトです!
大手16社の求人情報や20万件近い情報を一括検索出来ます!
都合の良いことばかりじゃ無い、当事者だからこそ分かる情報を見て転職先をブラックかどうか調べよう!
転職エージェントと組み合わせて効果倍増!利用してブラック企業に当たる確率を下げるべき!


・キャリアスタート

ブラック企業を省いて安心して転職してもらえるように取材を行い求人がある会社の設立経緯や成り立ち・業界特性から社風や労働スタイルを予測、ブラックな環境や社風が予測される場合には紹介を見合わせるユニークな取り組みをしておられます
ブラック企業と噂された会社に提言を行い完全週休二日制のホワイト企業へ変えた実績あり!
関東方面メインですが全国に求人があり、直接面談以外にもラインや電話などで遠方からでも利用可能です!
詳細はこちらにて!取材を行いました!


・第二新卒エージェントneo

ブラック企業を排除したことを明言するエージェントの中では最大手!
1万近くの求人があり、全国規模で求人を掲載されています!
面談場所のアクセスも主要都市の駅から近いので利用のためのアクセスも便利です!
就職のための面接練習などの選考対策のサポートもあり!


・JAIC(ジェイック)説明会申込

100%すべて取材をした求人を取り扱い全国各地で説明会を開催!
契約企業は5万社を超え就職の幅も広いですが離職率の高いブラック業界は除外!
すべて正社員の求人で就職成功率が80.3%に就職後の定着率は94.3%とかなり高く労働者にとって優良企業ばかり!
書類選考もなく入社後の教育する優良企業ばかりなので既卒、第二新卒、大学中退、フリーターかかわらず20代なら就職支援も無償で行ってます!

ウチのブログの人気記事まとめ!
 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!
 
ブラック企業を排除して求人を出してるエージェント集めてみた!  

ブラック企業を無くす取り組みをしてるエージェント「キャリアスタート」を紹介する! 


脱社畜を目指せ!家の中からネットで稼ぐ不労働所得の方法集めてみた!

【AI投資】トライオートに為替運用させたら71万が93万になりました!

 

 

ブラック企業を完全排除したエージェント!ウズキャリ利用がメリット絶大!

離職率や労働時間や雇用形態などを独自の調査をしてブラック企業を排除した求人を揃えている転職エージェント!

内定率83%な上に入社後の定着率も92%と高く、就職前にも10時間サポート付き!

遠方だったり時間の調整が難しくてもスカイプ面談や電話面談もOK!

無償で退職支援のアドバイスも受けれますので辞められないブラック企業から逃げる場合もぜひ!
 
詳細はコチラにて!取材してきました!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事